日本スピッツの販売価格や餌代などお金まとめ

日本スピッツは美しいフサフサとした純白の被毛が特徴的な日本原産の犬です。無駄吠えが多いと敬遠されていた時期もありましたが、飼いやすく改良されたことで近年再び人気が出てきています。

この記事では日本スピッツを飼い始めてからどの程度のお金がかかるかを計算して紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

日本スピッツの販売価格と年間かかる餌代は?

日本スピッツ 

子犬価格

  • 13万円前後

年間の餌代

  • 7~8万円前後

日本原産の犬種である日本スピッツの販売価格は13万円前後です。国内にブリーダーが多いため、ペットショップで購入するよりブリーダーから直接購入するほうが安価で手に入る数少ない犬種の1つですよ。

血統によるばらつきはありますが、ペットショップで購入すると20万円を超えることも珍しくないのでブリーダーからの購入をおすすめします。

 

年間の餌代

餌代は与えるフードによっても変わってきますが月5000~6000円前後、年間で7万円程度かかる計算になります。また、しつけのご褒美におやつを与えたりすることを考えて、1万円程度は余分に見積もっておくことをおすすめします。

 

日本スピッツ、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

日本スピッツ 

準備しておくもの

  • サークル(ケージ)
  • 食器類
  • 首輪類
  • トイレ用品
  • ケア用品

日本スピッツを飼育する場合は「ケージ」「トイレ用品」「食器類」「首輪やハーネス、リード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。合わせて2~3万円ほどで揃えることができますよ。

 

ケージ(サークル)

ケージは犬にとって安心できる場所になるので、必ず用意してあげてくださいね。サイズは一般的な90×60cmで十分ですが、脚力のある犬なので飛び越えられない高さがあることも確認してください。価格は1万円前後で購入できますよ。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも大丈夫ですが、重く安定感があるものがおすすめです。水飲みは、留守番中でも安心して使える給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できます。

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されています。

 

首輪、ハーネス、散歩用リード

日本スピッツは「気管虚脱」になりやすいといわれているので、首輪ではなくハーネスがおすすめです。価格は3000~5000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー、リンス」「歯磨き用の歯ブラシ」なども用意しておくようにしてくださいね。日本スピッツの美しい白い被毛を保つには定期的なブラッシングとシャンプーが欠かせません。

「コーム」は2000円程度、「ファーミネーター」は4000円程度、「白毛専用のシャンプー」が1500円程度、「歯ブラシ」は500円程度で購入できますよ。

 

揃えておくと便利なもの

このほかに揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「滑り止めのマット」です。日本スピッツを病院へ連れて行く時や災害時の避難の際にキャリーバッグは必要になります。価格は3000~5000円ほどで購入できますので用意しておくと安心ですよ。

また、日本スピッツはフローリングなどの床で滑って転倒した際に膝関節脱臼をおこしやすい犬種でもあります。2000円ほどで買えますので用意してあげてくださいね。

 

日本スピッツの飼育はどのくらいお金がかかる?

日本スピッツ

飼育にかかる合計費用

  • 230万円程度

日本スピッツの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせて15万円前後を見積もっておく必要がありますよ。また、1年でかかる費用は「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「トリミング代」「医療費」を合わせて14~15万円程度かかります。

基本的には健康的な犬種ですが、皮膚疾患や膝蓋骨脱臼になりやすいのでペット保険への加入をおすすめします。日本スピッツの寿命は個体によって幅がありますが、14年と考えると生涯費用として230万円前後は見積もっておいてくださいね。

 

資金的余裕は必ず必要!

日本スピッツ

日本スピッツと充実した毎日を過ごすためには、事前見積もりがかかせません。常に最善の選択をしてあげられるように、資金に十分な余裕を持たせてから飼育することが飼い主の義務ですよ。