ラパーマの価格の相場は?選ぶポイントは?飼うならペットショップ?ブリーダー?里親?

くるくるの巻き毛が特徴のユニークな猫、ラパーマ。この記事では、ラパーマの価格の相場や健康で優れた子猫を選ぶポイント、ペットショップ、ブリーダー、里親制度それぞれでの飼うときの注意点についてご紹介します。

 

ラパーマ、価格の相場は?

お金

ラパーマの価格の相場は25万円前後と純血種の猫の中でも高額な部類に入ります。ブリーダーからラパーマの子猫を購入する場合の価格は15~40万円、ペットショップで購入する場合は中間マージンや人件費が加わるため25~60万円になることもあります。

「親猫がキャットショーのチャンピオン」「珍しい毛の色柄をしている」「ラパーマならではの特徴を色濃く備えている」といった場合に、高値が付く傾向にありますよ。

 

ラパーマを選ぶポイントは?

チェックする人

ラパーマの最大の特徴は、柔らかでくるくるとした巻き毛です。巻き毛や色柄などの特徴は生後1、2ヶ月を過ぎた時点から強く表れてくるため、その時点でカールの強い巻き毛が全身を覆っている子猫を選ぶのがオススメです。

ラパーマの巻き毛は優性遺伝であるためほとんどの子猫が巻き毛を持ちますが、まれに直毛のラパーマが生まれてくることもあります。ラパーマは比較的スリムな猫ですが、四肢に程よく筋肉がついていて、痩せすぎていないかもチェックするようにしてくださいね。

 

ラパーマをペットショップで購入する

shutterstock_41851402

ラパーマは2008年に品種として認められたばかりの歴史の浅い猫で、知名度はまだまだ低く、一般的なペットショップでの入手は難しいことが多いです。

ペットショップで出会えても、高額であるケースが多いようですよ。ペットショップは気軽に来店できるのが大きなメリットですが、適正価格での購入の観点だとブリーダーからの購入がおすすめです。

 

ラパーマをブリーダーから購入する

shutterstock_36623236

ブリーダーから購入することのメリットは、中間業者を介さないため適切な価格で購入できることです。加えて、ラパーマを専門に扱うプロならではの適切なケアを受けた優秀な子猫の中から、飼い主の希望に合わせた個体を直接選べることも嬉しいですよね。

ブリーダーから購入する場合の流れとして、まず飼育環境を見学します。お目当ての子猫がいた場合、ブリーダーが飼い主となる人の飼育経験や知識・飼育環境の有無・希望などを確かめ、条件に合致すれば後日引き渡しになります。

ブリーダーからの直接購入はペットショップに比べて入手の手間はかかりますが、良いブリーダーと巡り合えればその後の飼育において様々なアドバイスを受けられる心強い存在となりますよ。

 

里親制度を利用して里親になる

shutterstock_39791335

里親制度を利用すると。無料でラパーマを引き取り飼い主になることができます。ラパーマを描いたけれど、予算に限りがあるという場合におすすめです。

里親募集がかかる猫は大半が子猫でなく成猫であること、純血種のラパーマは募集がかかりにくいことが特に問題ないのであれば、里親制度の利用も検討してみてくださいね。

里親募集の情報はインターネット上の掲示板、動物病院、地域情報誌などに掲載されていることがあるので、気になる方は定期的にチェックすることをオススメします。

ラパーマにおすすめのキャットフードは?

シンプリーキャットフード
ラパーマには、「シンプリーキャットフード」がおすすめです。

シンプリーキャットフードには、長毛種が患いやすい尿路結石に効果がある「キナ酸」やラパーマの特徴である被毛の維持に効果がある「サーモンオイル」が豊富に含有されています。

主原料にはサーモンやニシンが使用されているので、良質な動物性タンパク質を十分に摂取することができます。3~4年の年月をかけて大人の体つきになるラパーマに最適なフードといえますよ。

ラパーマにおすすめな最高級キャットフードはこちらの記事からも確認できます。