クラウンローチは混泳可能?寿命や大きさ、水槽環境や餌は?

クラウンローチはドジョウの1種で東南アジアで生息しています。黄色と黒の縞模様が目を引く熱帯魚ですよ。

そんなクラウンローチは他の熱帯魚と混泳は可能なのでしょうか。この記事ではクラウンローチを飼育するにあたっての混泳事情や寿命、大きさ、水槽環境、餌など基本情報をまとめています。

 

クラウンローチは混泳できない?

クラウンローチ

基本的にクラウンローチは、自分よりも小さいサイズの熱帯魚との混泳は向きません。クラウンローチは攻撃性が高く「生き餌」が好きなので、小さな魚は捕食の対象となってしまいます。

同じくらいのサイズや大きな熱帯魚でも。「大人しい性格」の熱帯魚だと標的にされてしまいます。混泳は控えたほうがいいですね。

どうしても混泳させたい場合には、隔離可能な水槽を用意するか、水槽内に熱帯魚の隠れ家をたくさん設置してあげてくださいね。

クラウンローチ同士を5匹ほど混泳させると元気に泳ぎ回ってくれますよ。

熱帯魚の死体まで食べてしまうほど肉食性の強い性質なので、混泳させる際には十分に考えてみてくださいね。

 

クラウンローチの寿命や大きさは?

クラウンローチ

寿命

  • 15年

大きさ

  • 10cm

クラウンローチは30年以上生きる個体もいるとされていますが、平均的には15年ほどです。

大きさは10cmほどが成魚の平均です。自然下では30㎝を超えるクラウンローチも珍しくありませんよ。水槽で飼育する場合には自然界よりも運動量が制限されるため、10㎝ほどで成長が止まる場合が多いようです。

 

クラウンローチの飼育、適切な水温や餌は?

クラウンローチ

水槽環境

  • 水温:25~30℃
  • pH:5.0~8.0
  • 水質:軟水

クラウンローチを飼育する上で適切な水温は25~30℃と少し高めです。もともと東南アジアに生息していたのがその理由です。

pHは5.0~8.0ほどの中性付近であれば問わず、軟水がベストとされます。

ドジョウの仲間なので遊泳層は水槽の底付近です。水槽の汚れは底にたまるので、常に清潔な環境を保っていないと「白点病」などの病期にかかることもあります。

水槽の底の掃除は定期的に行うようにしてくださいね。

 

適切な餌

餌は雑食なので、様々なものを食べますが、一般に市販されている「熱帯魚用の餌」がおすすめですよ。「アナカリス」「アマゾンソード」などの水草も食べます。

「アヌビアス・ナナ」「ミクロソリウム」などの葉の硬い水草や、「ウィローモス」「マツモ」などの葉の柔らかい水草は食べにくいようです。

 

さまざまな環境にも適応できるクラウンローチ

クラウンローチ

クラウンローチは、単独で飼育すると臆病な性格から姿を見せることは少ないですが、何匹かを混泳させると元気な姿をみせてくれますよ。ただ、異種の熱帯魚との混泳には気を使ってあげてください。

水槽の環境にはあまりうるさくありませんし雑食なので餌にも悩むことは少ないです。比較的飼いやすい熱帯魚といえますね。ただ、水底の掃除には気を使ってあげてくださいね。

特集記事