アラスカンマラミュートの年齢毎の大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

アラスカンマラミュートはシベリアンハスキーとよく似た見た目をしていますが、そり犬のなかでも一番大きな犬種です。一見怖そうな顔つきですが、穏やかで友好的な性格のアラスカンマラミュートは誰とでも仲良くできる大型犬種として人気です。

この記事ではシベリアンハスキーの年齢ごとの大きさや、餌の内容、おすすめのドッグフード、与えるときの注意点をご紹介します。

 

子犬のアラスカンマラミュートの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

アラスカンマラミュート 

子犬の大きさ

  • 10kg前後

おすすめのドッグフード

  • ニュートロ ナチュラルチョイス

子犬のアラスカンマラミュートは生後2ヶ月で体重10kg前後に成長します。餌は1日4回に分けて、フードに書いてある規定量を与えてください。

子犬期のアラスカンマラミュートにおすすめのフードは「ニュートロ ナチュラルチョイス」です。

丈夫な骨格や筋肉をつくり健康的な体の発育をサポートするため、良質なチキンが主原料として使われています

またしっかりとした骨に必要なカルシウムやリンのバランスにも配慮されています。大きな体を支える関節の健康維持のためグルコサミンやコンドロイチンも豊富に含んでいますよ。

さらに鶏脂やフィッシュオイルなどに含まれる必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がバランス良く含まれており、皮膚・被毛の健康維持もサポートしてくれます。

成長期である子犬期はたっぷりの栄養が必要ですが、食事を与えすぎると肥満になって足腰の負担がかかってしまうため注意が必要です。

与える量は、ウンチの形状を目安に与えるようにしてくださいね。硬ければ餌が不足気味、柔らかければ過剰気味だと判断することができますよ。

ニュートロ ナチュラルチョイス

 

成犬のアラスカンマラミュートの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

アラスカンマラミュート 

成犬の大きさ

  • 体高:55~65cm
  • 体重:30~45kg

おすすめのドッグフード

  • カナガンドッグフード

成犬のアラスカンマラミュートの大きさは体重30~45kg、体高55~65cmほどです。体重35kg程度のシベリアンハスキーであれば、餌は1日2回に分けて400~500gを目安に与えてください。

成犬期は「カナガンドッグフード」がおすすめです。

たくましく成長したアラスカンマラミュートは、その大きな体を支えるために関節に大きな負担がかかりやすくなります

その点、カナガンドッグフードは関節の軟骨成分をサポートする「グルコサミン」「コンドロイチン」が含まれているので、アラスカンマスカラミュートにおすすめですよ。

全原材料のうち50%以上にチキンが配合され、「動物性タンパク質」が豊富に含まれているため、筋肉質な体を維持するのにも理想的な栄養バランスといえます。

また極寒地域出身のアラスカンマラミュートは他の犬種と比べると亜鉛不足になりやすい面があります。特に換毛期などに亜鉛欠乏症になりやすく、被毛の異常や皮膚の潰瘍・皮膚炎などに悩まされる飼い主さんも少なくないです。

ふだんの食事に加え「サプリメント」や「少量のカボチャの種・煮干し」をおやつとして与えるのもおすすめですよ。

 

老犬のアラスカンマラミュートの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

アラスカンマラミュート 

おすすめのドッグフード

  • カナガンドッグフード

筋肉量が減り、関節にも気を使ってあげたい老犬のアラスカンマラミュートには、引き続き「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンは全てのライフステージに対応しているだけでなく、関節サポート成分や1粒あたりの肉の含有量が多いので消化吸収率も高く、老犬の健康的な体づくりに理想的といえます。

体重35kg程度の老犬であれば1日2回に分けて300gが目安ですが、運動量など愛犬の状況に合わせて調整してあげてくださいね。

注意点

大型犬は老犬であっても、フードを食べる時に噛まずに飲み込む傾向があります。胃腸の働きが弱まってきた老犬が、噛まずにフードを飲み込んでしまうと消化をする時に体に余計な負担がかかってしまいます。

 

 

愛犬の健康管理は食事から!

アラスカンマラミュート 

アラスカンマラミュートは超大型犬なので食事面でのケアが欠かせません。生涯を通じて健康的に過ごさせてあげるためにも、ライフステージに合わせた食事と適度な運動を心がけてあげてくださいね。