ジャックラッセルテリアの子犬の選び方は?性格と何をみる?

ジャックラッセルテリアは、そのかわいらしい見た目から人気がある犬種ですが、猟犬のグループに属するジャックラッセルテリアは見た目とは裏腹にしっかりとした運動量が必要です。

好奇心旺盛で活発なので飼い主さんが上手に感情や行動をコントロールできる必要がありますよ。この記事ではジャックラッセルテリアの子犬の選び方と性格の見分け方について紹介します。

 

ジャックラッセルテリアの子犬、外見での選び方は?

ジャックラッセルテリア

 

健康的な外見の特徴

  • 体つき
  • 被毛

 

体つき

ジャックラッセルテリアは筋肉がしっかりとついていて骨格も骨太でしっかりとしています。全体的にがっしりとした体形をしていますよ。

小型犬で足が短く胴が長い「胴長短足」とよばれる体型をしています。他の犬種に比べると少し変な体型ですが、決して奇形なわけではありませんよ。

耳は基本的に垂れ耳です。極端に短い場合は理由を店員さんに理由を聞いてみてくださいね。

しっぽは断尾されているケースがほとんどなので短いです。断尾を行わない個体もいますが基本的に生後2日~10日程で断尾が行われます。


 

被毛

毛質は3種類でスムース(数mm~1cm)、ブロークン(長い毛と短い毛が混ざる)、ラフ(長毛)のどれかです。抜け毛の量や外見に影響するので、好みの子を選んであげてください。

毛色は「ホワイト&タン」「トライ」「ホワイト&ブラック」「ホワイト」が公認されています。それ以外はミスカラーと呼ばれペットショップに並ぶことは少ないですが安価で販売されています。

顔の柄には両目の間から鼻先までの中央を通る白い線「ブレーズ」があることが多いですが、ない個体もいます。

子犬から成犬に成長すると共に、タン色の濃さが薄くなったり、顔の柄が広がったりとした変化がありますよ。


 

ジャックラッセルテリア、なつきにくい子犬の特徴は?

犬_ジャックラッセルテリア

性格の見分け方

  • 兄弟や親と仲良く出来ているか
  • ブリーダーと仲良くできているか
  • 噛み癖・吠え癖はあるか
  • 膝の上で優しく仰向けにひっくり返す

ジャックラッセルテリアはもともと狐の狩猟に作る出された犬種でハンターとしての本能は愛玩犬である今も消えていません。中には家庭では飼いにくい性格のジャックラッセルテリアもいて「ジャックラッセルテロリスト」と表現されるほどです。

犬舎で購入を考えている場合、「兄弟や親と仲良く出来ているか」「ブリーダーと仲良くできているか」「噛み癖・吠え癖はあるか」などを注目して観察してください。

抱き上げる祭に膝の上で優しく仰向けにひっくり返して反応をみるのも効果的です。やたら怖がって暴れたり緊張していたりする子よりも、リラックスしてしっぽを降る子のほうが飼いやすいといえますね。

気の短い性格で、初めて会う犬や人に対しても攻撃的になってしまう事もあります。頑固な一面もあり、しつけは簡単にはいかず根気が必要です。


 

飼育には根気が必要

ジャックラッセルテリア 

プロでも飼うのをためらうジャックラッセルテリアですが、飼い方さえ間違えなければとても可愛らしい愛犬となります。

飼うことが難しい性格のジャックラッセルテリアは家の柱や家具等を歯型だらけにすることもありますので、子犬選びはとても重要ですよ。

利発で活発なジャックラッセルテリアの魅力は素晴らしいですが、なかなか簡単にはしつけられない犬種です。