犬の虫歯、症状や治療法、費用、予防法は?人からうつるの?

犬は虫歯になりにくいといわれていますが、ある調査によると全体の5%程の犬は虫歯になっているといわれています。

今回は、犬の虫歯の症状や治療法、予防法をまとめました。犬の虫歯についての正しい知識を身につけ、愛犬の健康状態を常に気にかけてあげてくださいね。

 

犬の虫歯はどんな状態?種類は?

犬_飼い主_愛

犬の虫歯は人間同様、酸などで歯が削られる状態です。

虫歯の種類は主に3つあり、「歯の表面にある小さなくぼみにできる虫歯」「歯の側面に平らな部分にできる虫歯」「歯の根元にできる虫歯」です。

虫歯は歯垢の中にいる細菌「ミュータンス歯」が歯に残った食べかすを食べて酸を放出します。その酸が歯の表面のエナメル質を壊し、最終的に神経や血管まで達して、痛みを引き起こして虫歯になるのです。

 

犬の虫歯、症状は?

主な症状は「口臭がする」「歯に穴があく」「歯の色が変わる」などです。

犬によっては虫歯の痛みから食事が遅くなったり、食べなくなったりする場合もあります。犬の口臭についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

 

犬の虫歯、治療法は?

犬 寝顔

症状に応じて、主に3つの治療法があります。

1つ目は虫歯を削りとることです。初期段階に多い治療法で、虫歯になった部位を削り取り、つめ物をつめて修復します。

2つ目は、歯の神経である「歯髄(しずい)」の除去です。虫歯が進み神経にまで達している場合は、神経や血管が集まっている歯髄を除去することもあります。

3つ目は、抜歯です。更に虫歯が進んで深刻な場合は、歯を抜かなければならないこともあります。

 

犬の虫歯、治療費用は?

病院や症状によって異なりすが、虫歯治療は30,000円ほどかかることが多いようです。

抜歯は1本5,000〜10,000円程が相場です。神経を除去する手術や、銀歯の製作は50,000円程かかるのが一般的です。

決して安くない費用なので、ペット保険に入っておくと安心ですね。

 

犬の虫歯、予防法は?

子犬_ブサイク

予防に効くのは歯磨きです。口内の細菌を24時間ほど放っておくと歯垢ができるので、理想は1日に1回以上歯磨きをしてあげることです。

歯磨きは虫歯だけでなく、歯周病や歯槽膿漏も予防できるので、習慣にしてあげてくださいね。

 

人から犬に虫歯はうつるの?

犬_歯ブラシ_歯磨き

人間の口内にある虫歯菌は、口移しで食べ物を与えたり、キスしたりするとうつります。

愛情表現としてやられている飼い主さんも多いですが、犬の健康を考えると、できれば口移しやキスを止めるのがおすすめです。

重要なスキンシップとして考えている飼い主さんは無理にやめず、歯磨きの習慣や頻度を高めることでうつらないようにしてあげてください。

 

歯磨きの習慣で口内環境をキレイに

もともと犬の口内環境は虫歯になりにくいといわれていて、虫歯専門の動物病院もほとんどありません。

普段から歯磨きの習慣をつけさせ、愛犬の口内環境をキレイに保ってあげてくださいね。