パグの販売価格やおすすめドッグフード、餌代などお金まとめ

つぶれたような鼻と大きな目を持つパグはユニークで愛嬌たっぷりですね。その可愛さからペットとして人気を誇っています。ここではパグと暮らすときに掛かる様々な費用についてまとめました。

 

パグの販売価格は?

パグ 甘える

子犬の販売価格

  • 子犬価格:10万円

パグの子犬は平均的にみると10万円前後です。「血統」や「顔つき」「サイズ」などによっても値段は変わり、5万円と比較的安価な子もいれば、30万円以上する子もいます。また、メスの方が若干高くなる傾向がありますよ。

 

パグにおすすめのドッグフード、年間の餌代は?

パグ

パグのドッグフード選びに重要なポイントは、「犬の苦手な原材料が使われていないか」を見極めることです。パグは皮膚炎になりやすい犬種といわれますが、それには日頃与えているドッグフードが起因している場合がありますよ。

多くの安価なドッグフードは、主原料に全粒米や大麦などの「穀物」を使用しています。穀物を使用することで価格を低く抑えることができるのですが、そもそも犬は肉食動物のため、穀物などに含まれる「植物性タンパク質」をうまく消化することができません。それでも与え続けるとどんどん体に蓄積され、皮膚の炎症などを引き起こす原因となってしまうのです。

パグにおすすめの「カナガンドッグフード」は、犬の苦手な穀物を一切使用していなグレインフリーのドッグフードです。人間が食べられるほど高品質なものだけで作られており、化学的に合成された人工添加物も不使用なのでアレルギーの心配もほとんどありませんよ。良質なチキン生肉を50%以上も使用しているので、犬が最も必要とする「動物性タンパク質」を効率的に摂取することができます。

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

年間の餌代

年間の餌代

  • 約72,000円

小型犬に該当するパグの1日の給餌量は約100g、1ヶ月では約3kgです。カナガンドッグフード(税抜3,960円/2kg)を与えると想定した場合、1ヶ月の餌代は約6,000円、年間では約72,000円の計算になります。

しつけに使うおやつ代などを考慮すると、1ヶ月あたり3,000円ほどプラスして見積る必要がありますよ。

 

パグの飼育、環境にかかる費用は?

パグ まとめ

必要な飼育グッズ

  • ケージ
  • 食器類
  • トイレ
  • リード
  • ケア用品
  • おもちゃ

パグの子犬を迎える際に必要なものは「ケージ」「食器類」「トイレ」「リード」「ケア用品」「おもちゃ」です。

ケージは8000円ほどで購入できます。食器は少々噛んでも壊れないステンレス製がおすすめですよ。ステンレスは陶器のように落として割ってしまうこともなく軽いので扱いやすいのです。短頭種なので口の広いものがいいですよ。1000円前後で購入できます。

給水器も900円ほどで売られています。フードボウルと同様のウォーターボウルでもいいのですが、慣れれば給水器の方がひっくり返すこともなくパグにとっても飲みやすいようです。

「トイレ」はメッシュカバーがついたものがおすすめですよ。パグはなんでも噛んでしまう習性があるので、トイレシートを噛み散らかすことを防げます。子犬ならレギュラーサイズでも問題ありませんが、ワイドサイズを購入しておけば買い替えなくて済みますね。値段は3000円前後です。

リードは散歩やおでかけに必要ですよね。サイズや適正体重などを確認してぴったり合うものを選んでください。1500円程度で販売されていますよ。

ケア用品にはブラッシング用のブラシやシャンプーが必須といえます。ブラシとシャンプーはどちらも1000円前後で購入可能です。なんでも噛みたがるパグには噛んでもOKな「おもちゃ」も用意して置くと便利ですよ。お好みのおもちゃを選んであげてください。

 

パグの飼育グッズ、無くてもよいが便利なものは?

パグ 選び方

「クレート」はお出かけや病院に通院するときに便利ですよ。入り口を開けてマットなどを入れれば寝る場所にもなり、普段から使うことでクレートトレーニングになります。価格相場は5000円前後です。

また、首の短いパグには「リード」が負担になりすぎることがあります。散歩中の引っ張りで体へ負担が掛からないように「ハーネス」も用意しておくと便利です。3000円程で購入できます。

パグを含む短頭種はパンティングで体温を下げることが苦手ですよ。夏はクールマットやクールバンダナなどの冷却グッズも用意してあげると安心ですね。

 

パグの飼育はどのくらいお金がかかる?

パグ

生涯費用

  • 150~250万円

パグは子犬価格と餌代を合わせて約53~64万円、飼育グッズで計3万円ほどかかります。加えて「医療費」や「飼育準備費」としては「畜犬登録3000円」「不妊手術2.5万円」「ワクチン年間8000円」「狂犬病予防接種3000円」「フィラリア予防8,000円」「ノミダニ予防1.2万円」「健康診断年間2000円」などがかかります。

生涯費用は約150~250万円ほどになります。この他にペットホテルを利用したり、病気になった時はさらに医療費がかかったりします。飼育費用を抑えるために事前にペット保険に加入しておくのも手ですよ。

 

費用に余裕を持って飼育プランを

パグ

ドッグフードや犬用グッズは価格の幅が広いのであくまで参考です。パグを飼いたいと思ったら、まずは生涯どれくらい掛かるのかを知って自分が負担できることを確認してから迎えてあげてくださいね。

パグのブリーダーさんをお探しの方へ

パグ

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のパグのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のパグの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。パグは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在パグの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。