ブリティッシュショートヘアの飼い方、太りやすい?肥満対策法まとめ

のんびり穏やかで頭が良いブリティッシュショートヘア。これから猫を迎えたいという方には飼いやすくぴったりですが、太りやすいとされる猫種です。

この記事ではブリティッシュショートヘア体質や肥満対策についてまとめました。

 

ブリティッシュショートヘアは太りやすい?原因は?

Oh my god 素材

太りやすい原因

  • 運動不足
  • ストレス

ブリティッシュショートヘアは大きめの丸い頭に短い首、肩幅が広く筋肉質な体つきで、全体にがっしりと丸みを帯びた体格が特徴的です。密集した「ビロード」のようなふわふわの被毛がよりふくよかな印象を与えますね。

もともとの見た目もふっくらとしていますが、体質的にも太りやすい傾向がありますよ。

まず、物静かであまり活発に動きまわらないブリティッシュショートヘアは「運動不足」になりがちです。運動が十分でないと持ち前の筋肉質なスタイルを保てないばかりか脂肪も付きやすくなります。

特に老猫は運動量が少なくなり基礎代謝も落ちるので太りやすい傾向が強くなるといえます。

また、ブリティッシュショートヘアは甘えん坊な面も持っていますが、頭が良く我慢強いためストレスを貯めこんでしまう傾向にあります。ストレスは暴飲暴食の原因ですよ。ストレスからフードを食べ過ぎて、肥満になるブリティッシュショートヘアも多いですよ。

 

ブリティッシュショートヘアの肥満対策法は?

ブリティッシュショートヘア4

肥満対策

  • おもちゃでの運動
  • ストレスの軽減

太りすぎを防ぐために有効な対策は「しっかりと運動をさせること」と「ストレスを溜め込ませないこと」です。

中でも大切なのはしっかり運動させることですよ。ブリティッシュショートヘアは穏やかですがもともとは「ネズミ狩り」の猫種なので、獲物を追いかける運動はむしろ得意です。

運動には「猫じゃらし」や「動き回るおもちゃ」など夢中で追いかけられるものを積極的に取り入れてあげることをおすすめしますよ。ストレス解消にもつながりますね。

ストレスを根本的に溜め込ませないためには、ブリティッシュショートヘアが嫌がることをしないように飼い主さんが心がけることが大切です。

「あまりじゃれあいすぎない」「大きな音でびっくりさせない」などの小さな気遣いで暴飲暴食の癖がある子の賞状は軽減しやすいです。

また、肥満対策には食事管理も欠かせませんよ。良質なたんぱく質を含む低脂肪・低カロリーなフードがおすすめです。ただ食べ過ぎには注意してくださいね。

 

体質をしっかりと理解してあげる!

ブリティッシュショートヘア3

ブリティッシュショートヘアはもともとがっしり体形なので太って見えやすいところがあります。太りやすい体質ではありますが、全てのブリティッシュショートヘアが必ずしも肥満になるというわけでもありませんよ。

あまり神経質になり過ぎても愛猫の身体に毒ですよ。ブリティッシュショートヘアの体質をしっかりと理解したうえで、肥満になりにくい健康的な生活を提供してあげてくださいね。