コーンスネークの飼育・飼い方まとめ。寿命や性格、値段は?

最近では、女性でも爬虫類を飼う人が増えるほど、爬虫類のペットに注目が集まっています。中でもヘビのコーンスネークはその代表格ともいえますよ。

女性でも飼いやすい種類の蛇で初心者におすすめのコーンスネークは危なくないのでしょうか。この記事ではコーンスネークの飼い方や寿命、性格、値段についてまとめました。

 

コーンスネークの飼い方、飼育環境は?

コーンスネーク アイ

飼育におすすめのグッズ

  • 爬虫類ケージ
  • 水入れ
  • 保温器具
  • 床材

コーンスネークは成長すると体長が120~150cmにもなることがあります。 とぐろを巻くので大きく感じないかもしれませんが実際体の長さはそれなりにありますよ。

まず、ケージはプラスチックケースやアクリルケースよりも「爬虫類ケージ」がおすすめです。よくペットショップなどでスターターセットで売られているアクリルケージなどでは、すぐにサイズが小さくなってしまうからです。あらかじめサイズの大きい爬虫類ケージを購入しておくと便利ですよ。

とぐろを巻いた状態の3~5倍の大きさがあれば問題ありません。大体2000~2500c㎥のサイズがあれば十分です。

コーンスネークは水も多く飲みますよ。直接飲むこともあれば水に使って体温調整をすることもあります。常にコーンスネークの全身が浸かるくらいの大きさで、深すぎないサイズの水入れに、新鮮な水を入れてあげてくださいね。

また、パネルヒーターや暖突などの「保温器具」や「床材」なども必要ですよ。室温を図る「温度計」もあれば最適です。部屋の室温は25~30℃に保つのが最適です。冬場はパネルヒーターでは保ちきれないので、暖突も利用します。

コーンスネークは温度の低い環境でも生活ができますが、餌への食付きが悪くなったり消化不良を起こしたりと体長に支障をきたします。

 

コーンスネークの寿命や性格、値段は?

コーンスネーク アイ

コーンスネークについて

  • 寿命:18年
  • 性格:人懐っこい
  • 値段:1~3万円

コーンスネークの平均寿命は18年だといわれています。比較的長寿なペットで、世界には32年も生きたコーンスネークもいますよ。

性格は基本的に穏やかで、人懐っこい一面があります。ハンドリングのしやすさはペットスネークの中でトップクラスで初心者でも飼いやすいです。ただし中にはハンドリンが嫌な個体もいますので、購入時に確認してくださいね。値段は大体が1万円前後です。高くても3万円ほどですよ。

 

忙しい毎日に癒やしを

コーンスネーク_pepy

コーンスネークは、臆病な生き物ですので、人が攻撃しなければ咬まれることもありません。カラーバリエーションも豊富で、慣れればハンドリングもできるコーンスネークはまさにペットスネークの王者といえます。

そんなコーンスネークの飼育では給餌と飲み水の交換、ケージ内の掃除が大切です。忙しい方でも飼うことができので、毎日に癒しが欲しい方にはおすすめのペットですよ。