犬の葬儀費用、内容や服装、持ち物は?場所は大阪、東京?

大事な家族の一員、愛犬が亡くなった際に葬儀をする飼い主さんが増えています。この記事では犬の葬儀費用は内容、服装、持ち物、場所について紹介しています。

 

犬の葬儀費用はどのくらいかかる?内容は?

素材

葬儀の手段

  • 自冶体の引き取り
  • 土葬
  • 火葬

種類と費用

  • 自冶体の引き取り:1万円以内
  • 立会い葬儀:2.5~6万円
  • 個別葬儀:2~5.5万円
  • 合同葬儀:1.5~5万円

犬の葬儀は大きく分けて「地方自治体の引き取り」「土葬」「火葬」の3つの手段があります。自治体の引き取りは1万円以内と安価ですが、「有料ごみ」として焼却処分される悲しい事件も起こっているようです。

「土葬」は自宅の庭に埋めて愛犬を弔う方法です。公園などの公共の施設内に土葬するのは犯罪となるので注意が必要ですよ。「火葬」は民間のペット葬業者に依頼して火葬してもらう方法です。費用は「立会い葬儀」「個別葬儀」「合同葬儀」など種類によって変わります。

立会い葬儀は火葬場でお骨を拾い、骨壷に入れて連れ帰ることができます。費用は2.5~6万円ほどです。個別火葬は火葬場にお任せして火葬してもらう方法です。遺骨は納骨か返骨を選べることが多く、費用は2~5.5万円ほどです。

合同火葬は他のペットと一緒に火葬され、納骨されます。遺骨は受け取ることができない代わりに、費用は1.5~5万円と比較的安価です。

 

犬の葬儀、持ち物はある?

素材 (9)

持ち物

  • 愛犬の写真
  • 花(生花・切り花)
  • おもちゃ
  • 愛用のドッグフード

犬の葬儀は人のように宗教的なものではないので、服装や持ち物など明確な決まりはありません。一般的には「愛犬の写真」「花(生花・切り花)」「おもちゃ」「愛用のドッグフード」などを持参することが多いようですが、業者によって違うので確認するようにしてくださいね。

骨壺に関しては、ペット専門の葬儀会社であればサイズ取り扱いしている所も多いです。自分で用意するのであれば、ペットの頭の大きさを目安に円周サイズを選ぶようにしてくださいね。

 

犬の葬儀、場所は大阪?東京に多い?

素材

葬儀施設の数

  • 大阪:57件
  • 東京:95件

ペットの葬儀を行ってくれる葬儀会社や動物霊園は大阪に57件、東京に95件あります。全国的にみても東京と大阪には霊園の数が多いといえます。飼い主さんが望む葬儀を行ってくれる施設や、参拝がしやすい場所とフィルターを掛けて十分に選ぶことができますね。

また、年間に亡くなっているペット数の統計は出ていませんが、東京や大阪で犬の葬儀を行う人は年間1万人ほどいるそうです。このことから考えると、数多くのペットの飼い主や家族が愛犬のためにの葬儀を行っていることが分かりますね。

 

葬儀社選びは事前の情報収集が大切!

コッカープー

犬の葬儀は酷いペットロス症候群からの立ち直りに効果的とされ、行っている飼い主や家族も多いです。しかし、真心を込めて犬の葬儀を執り行っている業者ばかりでなく、中には亡骸をゴミのように扱う悪徳業者も多く見受けられます。

しっかりと愛犬を成仏供養させられるペット葬儀社を選ぶようにしてくださいね。