ドッグフードを保存する時に気をつけたいこと!便利グッズまとめ

愛犬家の皆さんはどのようにしてドッグフードを保存していますか。

キャットフードに比べると脂肪分は少ないですが、間違った保存方法をしていると愛犬の健康を損ねることにもなりますよ。

この記事ではドッグフードが劣化する原因、おすすめの保存方法、収納場所、フードディスペンサーについてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ドッグフード、劣化する原因は?

素材

劣化の原因

  • 酸化

酸化は、フードに含まれる脂肪分が長時間空気にさらされることで起こります。

高温多湿の場所を避けて保存しているものの、フードの開封口が完全に閉め切れていない場合などに多いです。小袋であれば消費に時間はかからないので問題ないですが、大袋の場合は保管に注意が必要ですよ。

酸化したフードを食べ続けると「アレルギー」「動脈硬化」「心筋梗塞」「がん」などの原因になることもあるので、保存には細心の注意を払ってあげてくださいね。

 

ドッグフードの保存・保管の3つのポイント

ドッグフード

ポイント

  • 封をしっかりする
  • 直射日光に当てない
  • 高温多湿を避ける

実際にドッグフードの品質が劣化していたとしても、見た目ではなかなか判別しにくいですよね。

特に高温多湿である夏場はより厳重に管理しなければなりません。夏バテかと思いきやフードが腐っていたせいで体調を崩してしまった、なんてこともよくあります。愛犬の健康のためにも、フードの品質管理をしっかりと行っていきたいですね。

 

開封したら袋の封をしっかりする

ドッグフードも他の食べ物と同じように、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まってしまいます。そのままにしておくとどんどん品質が低下し、害虫がわく原因にもなります。

開封後は、フードコンテナなど密閉性の高い容器に袋ごと入れて保管してください。除湿剤やシリカゲルなどの脱酸素剤も一緒に入れておくとなお良いですよ。

おすすめは、1食分ずつに小分けして密閉チャック付き袋に保存しておくことです。小分けにしておけばフードが空気に触れる回数を減らすことができますし、餌の用意も楽になりますよ。

小分けにする際、誤飲の原因にもなりますので同梱の除湿剤は必ず取り除いてくださいね。

 

直射日光に当てない

直射日光が当たってしまうと、フードの酸化が加速してしまいます。品質の劣化につながりますので、直射日光の当たらない涼しい所で保管してくださいね。

屋外で飼っている場合も、なるべく日陰に食器を置いてごはんをあげてください。食べ残しがあればそのままにせず、すぐに処分してください。

 

温度や湿度が低い場所で管理

水分をほとんど含まないドライフードにとって、高温多湿は最大の敵です。賞味期限よりも早く腐ってしまうこともあるため、湿気や熱がこもる場所はなるべく避けて保管してくださいね。

食品なので、冷蔵庫に保管するのが良いのでは?と思いがちですが、出し入れする際の温度差によりかえって劣化が進んでしまう可能性があります。フードに冷蔵庫保存の指示がある場合を除いて、冷蔵庫での保管はおすすめしません。

 

ドッグフードの種類別!保存方法は?

ドッグフード 素材

ドライタイプのドッグフードの場合

ドライタイプのドッグフードは開封後すぐに専用のフードストッカーに保存して、外気から密封することがおすすめです。

プレミアムドッグフードは特に、開封後から徐々に風味や本来の栄養素が失われてしまうからです。

ドライタイプのドッグフードは水分量が少ないので保存期間が長いですが、ドッグフードの酸化は袋をあけてからすぐに始まってしまいます。

 

ウェットタイプのドッグフードの場合

開封後のウェットタイプのドッグフードは基本的に開封後保存しておくことはおすすめしません。水分量が多く、すぐに細菌やカビが繁殖してしまうからです。保存は「2日後」までにしてくださいね。

開封前であれば保存期間がかなり長いことも特徴的です。基本は缶詰のまま保存し、与えるタイミングで開封して、2日以内にすべて食べさせることが大切です。

 

ドッグフードの保存方法、不向きな場所は?

ドッグフード
ドッグフードに含まれる脂分の酸化や夏場の高温多湿による劣化を気にして冷蔵庫に保管している人も多いですが、ドッグフード(ドライフード)の保存に冷蔵庫は適していません。

フードを出し入れをする時に起こる温度変化によってフードに結露が付くと、カビが発生することがありますよ。

 

おすすめのドッグフードの保存方法、収納場所は?

ドッグフード 

ドライフードの保存方法

  • ジップロック
  • フードストッカー

ウェットフードの保存方法

  • 冷蔵庫

ドライフードの劣化は、袋を開封した瞬間から始まります。

ジップロックなどの密閉しやすい容器に小分けにして入れてから、出来るだけ空気を抜いてください。フードストッカーは脱酸素剤を底に入れて出来る限り空気を抜いておけば常温でも1ヶ月程度の保存が利くので、小分けにするのが面倒な時におすすめです。

ウェットフードは開封すると日持ちしないので、保存する場合は必ず冷蔵庫に入れ2~3日のうちに使い切るようにしてください。加熱するという方法もありますが、風味が弱くなったりビタミンなどの栄養素も破壊してしまうのでおすすめできません。

 

おすすめの収納場所

ドッグフードは未開封の状態でも高温多湿になる場所に保管すると品質劣化の原因になります。開封・未開封にかかわらず、「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

 

ドッグフードのフードストッカー、おすすめ2選!

フードストッカーとはドライタイプ ドッグフードの開封後保存に適した容器のことです。

フタの裏にゴムパッキンがついているので外気から完全に密閉することができます。ドッグフードをすくい取るためのスコップもついていますよ。

以下ではAmazonで評価の高い2商品を紹介しています。詳しくは商品ページをご覧くださいね。

 

アイリスオーヤマ 密閉フードストッカー

ドッグフードストッカー

Amazonで商品を確認する

 

伊勢藤 ペットフードカンパニー(L)グリーン

41kzdWEpj-L

Amazonで商品を確認する

 

ドッグフードディスペンサーのおすすめ3選!

おすすめのフードディスペンサー

  • Zevro フードディスペンサー
  • NEWルスモ ペットフード・オートフィーダ
  • ottostyle オートペットフィーダー

Zevro フードディスペンサー WMS100

コーヒーマシンの横に置いても違和感を感じさせないスマートなデザインのディスペンサーです。

ハンドルを回すだけの簡単操作で毎回同じ量が出せますし、フードは上から継ぎ足すのでいつも新鮮な餌を猫に与えることができますよ。

無駄を省いたシンプルな操作性能と衛生管理しやすい点が人気の商品です。

ディスペンサー

Amazonで商品を確認する

 

NEWルスモ ペットフード・オートフィーダ

お留守番をしている愛犬のために、自動でフードが出てくる商品です。

1日の給餌回数(1~3回)や給餌量(5~80g)を細かく設定できるので、1日の総給餌量をしっかり管理したい方におすすめです。

操作ボタンも3つだけなので、小さなお子さんやお年寄りでも操作しやすいと好評ですよ。

ペットフィーダー

Amazonで商品を確認する

 

ottostyle.jp オートペットフィーダー

オートペットフィーダーは、 飼い主さんが不在の時でもセットした時間に自動で給餌してくれる商品です。

音声を録音することも出来るので、セットした時間がきたら録音した飼い主さんの声で給餌してくれますよ。

帰宅が遅い時や、急な出張・短期間の旅行の時におすすめです。

ペットフィーダー

Amazonで商品を確認する

 

 愛犬の健康を守ってあげるのも飼い主の義務!

ドッグフード
犬は与えられたものしか食べることができないので、愛犬の健康は飼い主さんにかかっていると言っても過言ではありません。

愛犬が少しでも健康で長生きできるように、飼い主さんが出来ることから少しずつ始めてみませんか。