ペキニーズの食事、年齢ごとの適正量やおすすめドッグフードを紹介!

ペキニーズは中国原産の犬で、かつては王宮だけで飼育されていた高貴な犬として知られています。

獅子のような豊富なタテガミだけでなく、たまにみせるツンデレな一面が多くの飼い主さんを虜にしていますよ。

この記事では、ペキニーズの年齢ごとの食事量や、おすすめドッグフードについてまとめました。

 

子犬のペキニーズの食事量とおすすめドッグフード

ペキニーズ 

子犬のペキニーズは生後4ヶ月で体重3kgほどの大きさに成長します。

食事量は欲しがるだけ食べさせて問題ないので、1日2回に分けて与えるようにしてください。

 

食事の適正量

ペキニーズの子犬に与える食事量が適正かどうかは「便の状態」で判断するといいですよ。

便が緩く下痢気味であれば「与え過ぎ」、固ければ「量が少ない」と判断できるからです。

 

おすすめドッグフード

生後4ヶ月ごろになると歯が生え揃ってくるので、ドライタイプのフードを選ぶといいですよ。噛むことで、顎の成長を促進させる効果も期待できるからです。

 

成犬のペキニーズの食事量とおすすめドッグフード

ペキニーズ

成犬のペキニーズは、体高15~23cm、体重3.2~6.4kgほどの大きさに成長します。

 

食事の適正量

食事量はドッグフードのパッケージ裏に記載されている量を参考にします。

ただ、体重との換算表は、愛犬が「理想体型」であることを前提としているので、太っている子や痩せている子は量の調整が必要となります。

 

おすすめドッグフード

モグワンドッグフード

ペキニーズには、「モグワン」がおすすめです。

モグワンは、運動量の多いにとって最も欠かせない「動物性タンパク質」が全体の50%以上含まれています。香料や着色料も不使用ですよ。

\ キャンペーン実施中! /

最大20%OFF!

詳しくは、「モグワン公式サイト」をご確認ください。

 

 

老犬のペキニーズの食事量とおすすめドッグフード

ペキニーズ

食事の適正量

運動量や基礎代謝も低下するので、今までと同じ食事量だと太ってしまいます。

量を調整して、内臓脂肪が増えないように気をつけてあげてくださいね。

 

おすすめドッグフード

ペキニーズに限ったことではありませんが、老犬になると歯が弱ってくるのに伴って食欲も低下します。

シニア用のドッグフードに切り替えるのもいいですが、成犬時にオールステージ対応のフードをあげていたのであれば無理に変更する必要はありませんよ。

 

まとめ

ペキニーズと長く楽しい時間を過ごすためには、食事面でのケアが一番大切です。

ライフステージに合わせたドッグフードを選びと適度な運動を心がけて、猫のような犬ともいわれるペキニーズとの生活を満喫してくださいね。

 

↓別のペキニーズの記事を読む↓