ペキニーズの販売価格や餌代などお金まとめ

もの静かなペキニーズはマンションでも飼いやすく、運動量も少なくて済むので高齢の方でも飼いやすい犬です。

魅力に溢れる犬ですが、飼育数が少ないため得られる情報も少なく購入をためらっている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではペキニーズの年齢ごとの大きさや、餌の内容、おすすめのドッグフード、与えるときの注意点をまとめました。

 

ペキニーズの販売価格と年間かかる餌代は?

ペキニーズ 

子犬価格

  • 25万円程度

年間の餌代

  • 5~6万円

ペキニーズの子犬の販売価格は25万円前後です。価格には開きがあり、両親がチャンピオンタイトルを所持していたり毛量が多く毛艶の良い子だったりすると30万円を超える価格で販売されることもありますよ。

カラーも価格に影響し、白一色の「ホワイト」や白地に1~2色の班が左右対称で体に入る「パーティーカラー」の子犬なども高額で取引されています。餌代はドッグフードの種類にもよりますが、だいたい年間で5~6万円かかります。

また、しつけのご褒美におやつを使う場合は年間1万円ほどの「おやつ代」がプラスされます。ペキニーズの寿命は13年前後なので、餌代は生涯で80~90万円を見積もっておく必要がありますよ。

 

ペキニーズ、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ペキニーズ 

準備しておくもの

  • ケージ
  • トイレ用品
  • 食器類
  • 首輪やハーネス、リード
  • ケア用品

ペキニーズを飼育する場合は「ケージ」「トイレ用品」「食器類」「首輪やハーネス、リード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

合わせて2~3万円ほどで揃えることができますよ。

 

ケージ

ケージは犬が安心できる場所になるので、必ず用意してあげてください。

広すぎるとペキニーズが安心できないので、寝床+トイレスペース程度の広さがある90×60cmサイズがおすすめです。価格は1万円前後で購入できますよ。

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているもので問題ありませんが、口吻の短い犬なので食器は広く底の浅いタイプのお皿がおすすめです。

水飲みは衛生的でひっくり返されたりしない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

首輪やハーネス、リード

ペキニーズは首輪でも問題ありませんが、短頭種で咽頭の病気にもなりやすいのでハーネスもおすすめですよ。価格は3000~5000円程度で購入できます。

 

ケア用品

ペキニーズの飼育には「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー、リンス」「歯磨き用の歯ブラシ」などのケア用品も忘れないでくださいね。

ペキニーズは抜け毛の多い犬種なので、定期的なブラッシングが欠かせません。

ピンブラシ・コーム・獣毛ブラシはそれぞれ1500円程度、シャンプー・リンスは1500円程度、歯ブラシは500円程度で購入できますよ。

 

その他にあると便利なグッズ

「キャリーバッグ」「食器台」などを揃えておくと便利ですよ。

病院や旅行へ行く時や災害時の避難に備えて「キャリーバッグ」を用意しておくと安心です。3000~5000円で購入できます。

また、食器台も用意してあげてください。食器台があれば、食事の時に足腰にかかる負担を和らげてあげることができますよ。

 

ペキニーズの飼育はどのくらいお金がかかる?

ペキニーズ

飼育にかかる合計費用

  • 230~250万円前後

ペキニーズの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせて10~15万円を見積もっておきます。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費」「ケア用品」「トイレ用品」「トリミング代」などを合わせた13万円程度、怪我や病気をした時には医療費が数万円かかります。

胴長短足の犬種でヘルニアなどを患いやすいので、ペット保険をかけておくと医療費を抑えることができますよ。ペキニーズの寿命は14年前後なので、生涯費用として230~250万円ほどを見積もっておいてくださいね。

 

事前見積もりをしっかりしよう!

ペキニーズ 

ペキニーズは小型犬ですが、充実した生活を生涯送らせてあげるためには十分な資金が必要です。

飼い始めてから後悔したのでは遅いですから、事前見積もりをしっかりしておくことが大切ですよ。