チワワの平均寿命は?長生きの秘訣はストレス、健康管理、環境?

チワワの寿命は飼い主の気づかいで伸ばすことができます。「ストレス」「健康管理」「環境」の3つのポイントからチワワを長生きさせるためのポイントをご紹介します。

 

チワワの平均寿命は?

チワワ 顔 アップ

チワワの平均寿命は12~14才といわれています。チワワが2才のとき人間の25才に相当し、3才以降は1年間で約5才ずつ年を取ります。

11才になると人間の約80才に相当して老化が始まりますが、個体によって差はあります。日本で最も長生きしたチワワは25才まで生きたそうです。チワワは体が小さいので短命と思われがちですが、比較的長寿な犬種だといえますね。

 

チワワの寿命はストレスを感じやすいと短くなる

チェックする人

ご家庭の環境がストレスを感じやすい環境だと、チワワは寿命は短くなる可能性が高まります。長時間1人ぼっちでお留守番させられたり、家族の中にチワワがなついていない飼い主がいたりするとストレスを感じてしまいます。

お出かけのときはできるだけ連れていき、一緒にいる時間を増やしてあげてください。信頼関係は家族全員がしっかりと結んであげてくださいね。チワワは飼い主からの愛情を特に欲しがる犬種です。

愛情の感じ方と寿命には相関関係があるともいわれているので、たくさんかわいがってあげてくださいね。

 

チワワの健康管理で病気にかかるリスクを減らす

チワワ たくさん

チワワは我慢強い性格です。飼い主が異変に気がついたときには、既に病気が進行し完治が難しいということもあります。人間と同じように、年に1回の健康診断を受けさせることをオススメします。

水頭症や膝蓋骨脱臼などチワワには特有の病気が多いので、健康管理を欠かさないようにしてあげてください。ペット保険などもうまく活用しながら、健康管理にはお金を惜しまないであげてくださいね。

 

チワワが過ごしやすい環境を

チワワ 

愛犬に長生きしてもらうためにはチワワが過ごす環境が常に快適であることも大切です。

室内犬の場合は、トイレやゴハンを食べるお皿がいつも清潔であるか、騒音がしないか、日当たりが良い場所があるか、暑すぎたり寒すぎたりしないかなども快適な環境づくりのために重要な要素です。

チワワは成長しても体が小さいままですが、いつまでも幼犬なわけではありません。年齢にあった過ごし方をさせてあげることで寿命がのびる傾向にあるのです。よく愛犬を観察して、過ごしやすい環境を提供してあげてくださいね。

 

かわいいチワワといつまでも一緒に

チワワ 青 子犬

季節に合った健康管理をして、適正体重でストレスのない生活をしているチワワは長生きするといわれています。途中で病気になってしまうと治療で体力的な問題が生じる場合があります。

普段から健康管理とストレスを出来るだけ感じないように気を使ってあげることが効果的ですよ。長い期間一緒に暮らせるのは、愛犬にとっても飼い主にとっても嬉しいですよね。