ボーダーコリーの年齢ごとの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

牧羊犬としてだけでなく、運動能力の高さからドックスポーツ界で輝かしい成績を残す事も多い中型犬として人気のボーダーコリー。しかし、餌の量や回数を誤るとすぐに肥満傾向をみせる犬種なので食餌の回数や量に悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、ボーダーコリーの年齢ごとの適正な大きさ、与える餌の種類や量についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

子犬のボーダーコリーの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

ボーダーコリー 

大きさ

  • 体重: 6kg前後
  • 体高: 20~25cm

おすすめのドッグフード

  • ドライタイプ

子犬のボーダーコリーは生後4ヶ月で体重6kg、体高20~25cmほどの大きさに成長します。与える餌の量は欲しがるだけ与えて問題ないので、1日3回に分けて与えるようにしてください。

生後4ヶ月頃であれば歯が生えそろってきている時期なので、餌は顎の成長を促進させる「ドライタイプ」のドッグフードがおすすめです。

注意点

ボーダーコリーの子犬に与える餌の量は「便の状態」で判断するようにしてください。便が緩く下痢気味であれば「与え過ぎ」、固ければ「量が少ない」と判断できます。

 

成犬のボーダーコリーの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

ボーダーコリー

 

体重

  • 体重:16kg前後

体長

  • オス:53~55cm
  • メス:50~52cm

おすすめのドッグフード

  • カナガンドッグフード

成犬のボーダーコリーの大きさは体重16kg前後、体高50~55cmほどです。

体重16kg程度のボーダーコリーであれば、餌は1日2回に減らして270gずつを目安に与えるようにします。餌は幼犬期と同じくドライタイプがおすすめですよ。

ボーダーコリーは運動量が豊富で、関節への負担がかかりやすく、股関節形成不全などの関節疾患を引き起こす可能性が高い犬種といわれています。

そのため、しっかりとした筋肉や骨格をつくるために欠かせない動物性タンパク質、さらには関節や骨をいたわる成分が入っているドッグフードを選ぶようにしてくださいね

以上の点をふまえて特におすすめしたいのは「カナガンドッグフード」です。

まず注目したいのは、丈夫な体づくりに最適な新鮮なチキンを50%以上も使用している点です。

チキンは高タンパク低脂質なヘルシーな食材で、ビタミンやリン、健康をサポートするセレンが豊富に含まれています。食いつきもいいので、愛犬も喜んで食べてくれますよ。

そして、「グルコサミン」や「コンドロイチン」が含まれているのもおすすめしたい理由の一つです。これらの栄養素は愛犬の関節や骨をいたわってくれます。

グレインフリー(穀物不使用)なので安心して与えることができるのも嬉しいポイント。カナガンは野菜や植物を加えることで、ヘルシーで栄養価の高いレシピを実現しているので、ボーダーコリーに適したドッグフードといえますよ。


 

注意点

ボーダーコリーは病気には強い犬種ですが、活動的で食後に関わらずはしゃぎまわることが多いです。食後の角な運動は、せっかく食べたフードを戻してしまうことにもつながりますのでしつけが必要ですね。

 

老犬のボーダーコリーの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

ボーダーコリー 

体高と体重は成犬時とさほど変わりませんが、老化が進むにつれてボーダーコリーの運動量が落ちます。成犬と同じ給餌量だと栄養過多で肥満になってしまうこともあるので、餌の量を調整して内臓脂肪が増えないようにすることが大切ですよ。

 

ボーダーコリーは幼犬時の食事が一番大切!

ボーダーコリー 

今回紹介した年齢ごとの適正体重や餌の与え方などを参考にしてもらえれば、平均寿命である12~15歳よりも長生きさせることも不可能ではありませんよ。

肥満と関節疾患に気をつけて、ボーダーコリーとの充実した毎日を過ごしてくださいね。