【おすすめはコレ!】人気のグレインフリーキャットフード6選!メリットや選び方は?

キャットフードを選ぶときに、「グレインフリー」という言葉を目にしたことはありませんか?

この記事では、グレインフリーキャットフードとは何か、特徴、選び方、おすすめのグレインフリーフードについてまとめました。

 

おすすめのグレインフリーキャットフード1.「モグニャン」

モグニャンキャットフード

モグニャンは愛猫の体に負担がかかる穀物は一切使用せず、厳選した食材から猫が本当に必要とする栄養素のみを効率的に摂取することが可能なキャットフードです。

なかでも主原料の白身魚は、赤ちゃんの離乳食にも使われるほど高品質なものが使用されています。肉に比べて低脂肪・低アレルギーなので、安全性も折り紙付きですよ。

人工の香料を一切使用せず、食材そのものの風味をギュッと凝縮することで猫の大好きな香りと味わいを追求しています。袋を開けたとたんに広がる豊かな香りで、猫の食いつきも抜群ですよ。

定期購入やまとめ買いで最大20%OFFで購入できるのも嬉しいポイントですね。

こちらのページではモグニャンについて詳しく紹介しています。

内容量1.5㎏
主原料白身魚
穀物不使用
人工添加物不使用
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)

 

pepy限定!全額返金保証を実施中!

この記事からモグニャンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。

 

おすすめのグレインフリーキャットフード2.「カナガン」

カナガンキャットフード
内容量2kg
主原料チキン
穀物不使用
人工添加物不使用
通常購入価格3,960円(税抜)
定期コース&まとめ買い
特別優待価格
3,168円(税抜)

カナガンはチキンなどの肉類を全体の60%以上も使用した、「栄養バランス・食いつき・品質」のどれを取っても申し分ないキャットフードです。

穀物は一切使用せず、新鮮な食材のみを使っているので安全面での不安もありません。

生物学的に見ても最適な成分構成比率なので、子猫からシニアまで全てのライフステージの愛猫に与えることが可能です。

こちらのページではカナガンについてくわしく紹介しています。

 

おすすめのグレインフリーキャットフード3.「シンプリー」

シンプリーキャットフード

 

内容量1.5kg
主原料サーモン
穀物不使用
人工添加物不使用
通常購入価格4276円(税込)
定期コース&まとめ買い
特別優待価格
3421円(税込)

シンプリーは原材料の約70%に魚介類を使用した、高タンパク・低カロリーのキャットフードです。

尿のpH値を整える「クランベリー」や食物繊維を豊富に含む「オリゴ糖」を配合しているため、猫に多い尿路結石や毛玉のトラブルなどの予防効果が期待できますよ。

もちろん、穀物は一切使用していません。どの年代の愛猫にも安心して与えることのできるキャットフードです。

こちらのページではシンプリーについて詳しく紹介しています。

 

おすすめのグレインフリーキャットフード4.「ジウィピーク」

ジウィピーク エアドライ ラム ドッグフード
内容量400g
主原料生肉・内臓・魚介類
穀物不使用
人工添加物不使用
購入価格2,920円(税込)

ジウィピークはニュージーランドのきれいな海と緑豊かな放牧地から収穫した原料に良質なビタミンとミネラルを加えたドッグフードです。

主原料の98%が生肉・内臓・魚介類で、高タンパクで、穀物を使っていません。

ラム肉を使っていて、必須アミノ酸をバランスよく摂取できます。子猫から老猫まで幅広く対応しているので嬉しいですね。

こちらのページではジウィピークについて詳しく紹介しています。

 

おすすめのグレインフリーキャットフード5.「アカナ」

アカナ キャット パシフィカ
内容量1.8kg
主原料新鮮骨なしニシン
穀物不使用
人工添加物不使用
購入価格6,264円(税込)

主原料に新鮮骨なしニシンを使っていて、良質なタンパク質を摂取することができます。

穀物や人工添加物を使用しておらず、体に悪いものがあまり入っていないですね。

尿路結石予防に効果のあるクランベリーも使用されていて、尿路結石になりやすい猫には特におすすめしたいキャットウードです。

こちらのページではアカナについて詳しく紹介しています。

 

おすすめのグレインフリーキャットフード6.「クプレラ」

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード
内容量1.81kg
主原料魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)
穀物不使用
人工添加物不使用
購入価格4,003円(税込)

クプレラは豪華な魚類を主原料に使った高タンパク質で質の高いキャットフードです。

ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイはタンパク質だけでなく、脂質・オメガ3脂肪酸も多く含まれていて免疫力を高めることができます。

穀物や人工添加物は涙やけの原因になりえますが、クプレラには使用されていませんよ。

こちらのページではクプレラについて詳しく紹介しています。

 

グレインフリーキャットフードの特徴とは?

ペピ友1
グレインフリーとは、原材料に「小麦」「とうもろこし」などの穀物を使用していないキャットフードのことをいいます。

穀類は原材料として利用されることが多い素材ですが、「消化器官へ負担がかかる」ことや「皮膚アレルギーの原因になる」ことが指摘されています。近年では、愛猫に安心して与えることができるフードとしてグレインフリーが広く支持されていますよ。

 

猫にとって穀物は生物学的に不必要

野生下で動物の肉や内臓などを食べていた猫は、穀物自体を食べる習慣がないため、穀物に含まれる炭水化物を分解する能力が低いです。

人の場合、唾液や膵液に含まれるアミラーゼという消化酵素で分解され栄養として吸収されますが、猫の唾液にはアミラーゼが含まれておらず膵液中のアミラーゼも少ないので炭水化物を完全に消化するまでに長い時間がかかってしまうのです。

穀物は「下痢」「嘔吐」「皮膚トラブル」などの様々な症状を引き起こす原因になるので、グレインフリーのフードを選んであげることは猫に「自然の食事」を与えるという一面から考えて理にかなった考え方だといえます。

 

なぜ、穀物はキャットフードに使用されているか

多くのキャットフードに穀類が使用されている理由は、「カサ増し目的」「ペットフード安全法で禁止されていない」からです。

穀物は肉に比べて原価が安いため、穀物はカサ増しによるコスト削減の目的で使用されていることがほとんどです。穀物の使用を規制する法律もないため、穀物を使用しても違法ではないということが背景にあるともいえますよ。

残念ながらこのような現状があるので、愛猫の健康のためにも飼い主さん自身が本当に良いフードを見極め、選んであげる必要があります。

 

グレインフリーのキャットフードのメリットは?

猫 素材

 

メリット

  • 猫本来の食事に近い
  • アレルギーを起こしにくい
  • 食いつきが良い
  • 太りにくい

グレインフリーキャットフードのメリットは,、「猫本来の食事に近い」「アレルギーを起こしにくい」「食いつきがよい」「太りにくい」の4つです。

 

猫本来の食事に近い

穀物によるカサ増しがされていないため、猫に最も欠かせない栄養素である「肉」や「魚」などの動物性タンパク質を含む食材の配合比率が高くなります。

肉食性の猫が必要としている栄養素をたっぷり補給できる、猫本来の食事だといえますよ。

 

アレルギーを起こしにくい

肉食性である猫は穀物の消化に時間がかかるので、大量摂取すると体に大きな負担がかかり消化不良やアレルギーを起こしてしまいます。

しかし、グレインフリーフードには「小麦」「とうもろこし」などの穀類が含まれていないので、アレルギーを発症するリスクが低いというメリットもあります。

 

食いつきが良い

猫は嗅覚が鋭いので、フードに含まれる原材料のにおいに敏感に反応するといわれています。

猫にとって不必要な穀物が使用されているフードより、動物性タンパク質量の多いグレインフリーのフードの方が本能的に「おいしそう」と感じる傾向があります。今あげているフードの食いつきが良くない場合は、愛猫が必要のない原材料を敏感に感じ取っていることも考えられますよ。

 

太りにくい

フードに穀物が使われていないと、炭水化物の摂取量が減るので肥満予防にも効果的です。

猫が必要としている炭水化物量は食事全体の1割程度で十分であり、1日に消化可能な炭水化物量の上限は40%であるとの調査結果も出ています。

炭水化物を効率よく分解できない猫に必要以上の量を摂取させることは、高血糖状態を引き起こし肥満や糖尿病を引き起こすリスクも高めることにも繋がりますよ。

 

グレインフリーのフードは誰が開発した?

猫 素材

グレインフリーフードの開発者はイギリスに住むエディーさんといわれます。

ペットフードメーカーで働く中でコスト削減のために原材料の品質がどんどん悪化していくのを見た彼が、本当に高品質なペットフードを作りたいと願い、会社を立ち上げました。

世界中を回ってペットフードを研究する中で、一つの結論としてグレインフリーのフードが健康のために最も良いという考えにたどり着きました。

 

グレインフリーのキャットフードのデメリットは?

猫 素材

 

デメリット

  • 価格が高い
  • 腹持ちが悪い

グレインフリーキャットフードのデメリットは「価格が高い」「腹持ちが悪い」の2点です。

 

価格が高い

1つ目のデメリットは販売価格が高いことです。

穀物によるカサ増しをせずに猫に必要不可欠な肉類だけを使用しているので一般的なフードと比べると割高ですが、猫にとって良質な原材料のみを使用しているので一般的なフードよりも給餌量は少なくて済みます

体重6kgの猫の1日の給餌量は約70gなので、「モグニャン」で計算すると価格は1日あたり「約154円」になります。高品質で安全なフードでも、私たち人間の食事と比べて非常に低価格であることが分かりますね。

 

腹持ちが悪い

2つ目のデメリットは、腹持ちが悪いことです。

グレインフリーキャットフードは穀物を使用していないので消化には優れますが、お腹に残りにくく空腹感を感じやすいという意見もあります。

確かに空腹状態は続くと低血糖やストレスになるリスクを高めますが、給餌量を守って与えていればまず起こらない心配事といえます。

 

グレインフリーのキャットフード、選び方は?

キャットフード

 

確認するポイント

  • 着色料
  • 香料
  • 酸化防止剤

愛猫に与えるキャットフードはグレインフリー・総合的に栄養価が優れていることに加えて、猫の体に害になる「着色料」「香料」「酸化防止剤」を使用していないフードを選んであげることが病気予防だけでなく長生きにもつながります。

注意したい添加物の詳しい名称や一覧は、こちらの記事を参考にしてください。

 

着色料

着色料は、猫のためではなく、飼い主さんの購買意欲をそそるためだけに使われています。

栄養はなく、発がん性が確認されているものも多いので、着色料が使用されているフードを選ぶメリットは何もありません。

 

香料

香料は、猫の食いつきをよくするために使われます。

粗悪な原材料を使用している場合の苦肉の策で使われることが多いので、香料を使用しているフードは避けたほうが賢明です。

 

酸化防止剤

賞味期限を延ばすために使われるのが、酸化防止剤です。

「BHA」「BHT」「エトキシキン」などは発がん性が疑われているので、「ローズマリー」や「ミックストコフェロール」などの天然由来の酸化防止剤を使用している商品を選ぶようにしてください。

 

グレインフリーキャットフードはどんな猫におすすめ?

猫 かわいい 素材

グレインフリーキャットフードは、小麦やトウモロコシなどの穀類にアレルギーがある愛猫におすすめです。

愛猫に「涙やけ」「目やに」「皮膚病」などの症状が見られる場合、普段使用しているフードをグレインフリーに切り替えることで改善がみられることもありますよ。

グレインフリーキャットフードは低炭水化物なものも多いので、肥満対策や肥満が原因の糖尿病予防にもおすすめです。

 

キャットフードを切り替えるときの注意点は?

猫 素材

ポイント

  • 徐々に切り替える
  • 食いつきが悪くても様子を見る

フードをいきなり切り替えると猫の体に負担をかけてしまうことになります。たとえ良いフードに切り替えても体になじまないとダメですよね。

切り替えてすぐは警戒心から口にしないことがあります。様子を見ながら慣らしてあげましょう。

 

愛猫の健康を守ってあげることは飼い主の役目

ペルシャ猫

いかがでしたか。グレインフリーには様々なメリットがあるので、キャットフード選びの第一条件といえるほどおすすめです

また、添加物などにも注意してフードを選んであげると今後の生活が今まで以上に充実したものになりますよ。

キャットフードの選び方 メニュー