グレインフリーのキャットフードの特徴や選び方と人気のおすすめランキング3選

近年、愛猫に対する健康志向が広まりグレインフリーキャットフードが選ばれるようになってきています。

この記事では、グレインフリーキャットフードとは何か、特徴、選び方、おすすめのグレインフリーフードについてまとめました。

 

グレインフリーキャットフードとは?特徴は?

ラグドール_子猫

グレインフリー

  • 原材料に穀物を使用していない

グレインフリーとは原材料に穀物を使用していない、穀物不使用のフードのことをいいます。近年になってグレインフリーのフードが増加しているのは、アレルギー対策が一番の理由だといわれています。

穀物は猫にとって摂取する必要のない栄養なので、摂取すると「消化器官へのダメージ」「皮膚トラブル」「アレルギー」などを起こすことがありますよ。

なので、一旦グレインフリーのキャットフードを食べると、穀物が含まれているキャットフードには戻れなくなる子が多いですよ。

 

なぜ、穀物はキャットフードに使用されているか

猫の体に悪いとわかっているのに、なぜ多くのキャットフードには穀物が含まれているのでしょうか。

それは、「穀物でキャットフードをかさ増しすることで、大幅なコストカットができる」「ペットフード安全法で禁止されていない」からです。

穀物は肉に比べて原価が安いですし、穀物を使用しても法律違反ではないことが日本の現状なのです。

 

グレインフリーのキャットフード、選び方は?

キャットフード

 

確認するポイント

  • 着色料
  • 香料
  • 酸化防止剤
  • 防腐剤

愛猫に与えるキャットフードはたとえグレインフリーであっても体に悪い成分が入っている場合はありますよ。体に悪い成分としては「着色料」「香料」「酸化防止剤(防腐剤)」などがあります。

 

着色料

着色料には発がん性の危険があります。見た目をよくするためだけに使われている成分なので、着色料が入っていない商品を選んであげてください。

 

香料

原材料の質が悪いと猫が食べないので、食いつきをよくするために香料を使います。栄養もないですし、おいしくもないので香料を使っている商品を選ぶメリットは何もありません。

 

酸化防止剤(防腐剤)

ドッグフードが腐らないようにするために使われるのが酸化防止剤(防腐剤)です。BHA、BHT、エトキシンは発ガン性の危険があります。

ローズマリーやミックストコロフェロールなどの天然由来の酸化防止剤を使っている商品を選ぶようにしてください。グレインフリーを含めた総合的に栄養価の高いフードを選ぶことが、愛猫の病気予防だけでなく長生きにも大切な要素だといえますね。

 

グレインフリーキャットフード、人気のおすすめランキング3選!

素材 3つ

 

おすすめのグレインフリーフード

  • 1. カナガン
  • 2. N&D
  • 3. アディクション

 

おすすめ1. 「カナガン」

カナガンには猫が必要とする栄養素の割合、生肉など動物性タンパク質70%、野菜などの植物成分30%に近い割合の栄養が含まれています。

グレインフリーでヒューマングレードな新鮮食材のみを原材料に使っているので安全面での不安もありません。全ライフステージ対応なので健康状態に合わせて給餌量を調整するだけで愛猫の健康を維持できますよ。

カナガンキャットフード

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

おすすめ2. 「N&D(ナチュラル&デリシャス)」

N&D(ナチュラル&デリシャス)は猫の栄養学に基づいて作られたイタリア産のグレインフリープレミアムフードです。「新鮮かつ高品質の肉・魚由来の高タンパク質」「新鮮な野菜&フルーツ由来のビタミン&ミネラル」「吸収性の良い動物性脂肪」「穀類不使用」などのポイントにこだわった商品です。

また、「鳥」「羊」「イノシシ」「魚」の中からタンパク源を選べるのも嬉しいですね。

N&D キャットフード

Amazonで商品を確認

 

おすすめ3. 「アディクション」

「アディクション」は、アレルギーや病気を考えて作られたペットフードです。高品質なタンパク質だけを使用して、保存料、香料、着色料などの添加物は使用していません。

ホルモン剤やステロイドを含んでいないニュージーランドで育ったフリーレンジ肉を使用しているのもおすすめできるポイントです。ペットの健康だけでなく、地球環境にも優しい商品を作っている会社の商品ですよ。

アディクション キャットフード

Amazonで商品を確認

 

愛猫の健康を守ってあげることは飼い主の役目

ペルシャ猫

愛猫の健康を考えるのであれば、価格は高くなりますがグレインフリーのキャットフードを選んでください。また、添加物などにも注意してフードを選んであげると今後の生活が今まで以上に充実したものになりますよ。