アビシニアンを飼うならブリーダー?里親?ペットショップ?価格の相場は?選び方は?

アビシニアンは猫の人気ランキングでベスト3に入ることもあるほど人気のある猫種(びょうしゅ)です。入手先の選択肢は多いですが、どこで引き取ろうか迷ってしまいますよね。

この記事ではアビシニアンを飼うときの購入先や価格相場、選ぶポイントについてまとめました。

入手の手軽さを優先する場合はペットショップ、血統を優先する場合はブリーダー、手頃な予算を重視するなら里親制度がおすすめですよ。

 

アビシニアン、価格の相場は?

アビシニアン まとめ (3)

アビシニアンの価格の相場は5〜15万円ほどです。里親募集の場合は、猫自体の金額はかからないことがほとんどですよ。

ペットショップもブリーダーも、専門サイトの販売価格には個体差があります。アビシニアン特有の理由から値段が開くこともありますよ。

 

アビシニアン、価格の差の理由は?

アビシニアン 

値段相場について

  • 大人猫の方が安価
  • 人気カラーの差

一般的に大人の猫よりも子猫の方が人気が高いため、成長するにつれて安くなる傾向があります。アビシニアンにも当てはまりますよ。

ブリーダーから直接購入する場合10万円を超えないことがほとんどですが、キャットショーでの評価基準を多く満たす猫の場合、15万円以上することもあります。

アビシニアンの毛色は「ルディ」「レッド」「ブルー」「フォーン」の4種類です。ルディ(ブラウン系の毛色)が最も多くみられる毛色で、価格は10~15万円におさまることが多いです。

「ブルー」は人気カラーで他の毛色よりも5000~1万円ほど高く値段が設定されます。

 

アビシニアン、ブリーダーから購入する?

猫 アビシニアン9

ブリーダーからの直接購入は、ペットショップよりも安価で購入できるのが一般的です。キャットショーに出したいなどの理由から、血統の良い子猫を選ぶとなるとブリーダーからの入手であっても高額になります。

ブリーダーから迎え入れる一番のメリットは、血統や健康状態のはっきりした子猫を提供してくれることです。繁殖させている猫に深い愛情と知識をもっているブリーダーは、購入したあとも飼い主の不安を取り除いてくれるパートナーになってくれることが多いですよ。

相性の良いブリーダーを見つけられたらブリーダーから直接購入することがおすすめです。

 

 

アビシニアン、里親になる?

猫 アビシニアン6

里親募集の場合、出会えるのは基本的に大人の猫です。アビシニアンは幼いころはやんちゃな面が目立つため、里親から迎えいれると、落ち着いた大人の猫を飼育できるメリットがあります。

里親制度で必要なお金は「ワクチン接種や去勢費用など実費」のみのケースが多いですよ。

ワクチン接種は1回あたりおよそ5,000円程、去勢はオスメスともに2万円程です。販売価格が存在しないため費用が抑えられることは嬉しいポイントですよね。

里親制度の募集は、インターネット上の掲示板や、動物病院、地域情報紙などで情報を集められます。定期的にチェックしてみてくださいね。

 

アビシニアンをペットショップで購入する

猫 アビシニアン5

アビシニアンはほとんどのペットショップでいつも取扱いのある猫種です。見にいった日に会うことが出来なくても、問い合わせれば取り寄せてくれる可能性が高いですよ。

ペットショップでは飼育用品も一緒に買えますし、クレジットカードが使えるといった便利なポイントがあるのも嬉しいですよね。

中間業者が入るため価格がやや高くなることはありますが、こだわりある良心的なペットショップも増えてきているので、自分にあったペットショップを見つけてみてください。

 

アビシニアン、選び方は?

アビシニアン 

アビシニアン選びの最大のポイントは、ティックド・タビ—と呼ばれる毛並みの具合と細身でしなやかな体型です。

毛の一本一本にティッキングと呼ばれる濃淡が深く入っており、光の強さや身のこなしによって深いグラデーションを見せてくれます。グラデーションが深ければ深いほど、素晴らしい毛並みのアビシニアンに成長してくれますよ。

 

お気に入りのアビシニアンをみつけてください

アビシニアン 

アビシニアンはもともと細身の猫ですが、四肢にしっかりと筋肉がついているかどうか、実際に触れてみて確認してみてください。健康の観点からは目や鼻に汚れがなくキレイな状態であるということがありません。なるべく多くのアビシニアンに出会って、お気に入りのパートナーを見つけてくださいね。