キャットフードの手作り、おすすめの野菜とフルーツまとめ

いざキャットフードを愛猫に手作りしてあげようと思っても、食材はどうしようかと気になることはありますよね。

この記事ではキャットフードを手作りする場合に入れると効果的な野菜やフルーツ、与える分量に注意が必要な野菜やフルーツについてまとめていますよ。

 

手作りキャットフードにおすすめの野菜まとめ

ネコ 

おすすめの野菜

  • レタス
  • 白菜
  • キャベツ
  • 大根
  • さやいんげん
  • かぼちゃ

キャットフードを手作りする場合におすすめの野菜は「レタス」「白菜」「きゃべつ」「大根」「さやいんげん」「かぼちゃ」です。

 

レタス

レタスは95%が水分なので、あまり水を飲まずにご飯から水分補給をする猫にはピッタリです。豊富な食物繊維が毛玉の排出を手助けしてくれますし、カリウムが体内の余分な塩分の排出にも役立ちます。

過剰に与えすぎると猫に必要な栄養の吸収が阻害され「ミネラル不足」になってしまうので、1/4枚を目安に与えるようにしてくださいね。

 

白菜

まんべんなく栄養素を吸収しながら摂取カロリーを抑えたい時には白菜を選ぶのがおすすめです。主な栄養素である、カリウム・ビタミンCは水溶性なので「茹で汁」を一緒にご飯として与えることがおすすめですよ。

また、白菜のようなアブラナ科の植物には「抗癌作用」があることが研究で証明されています。

 

キャベツ

キャベツは「抗潰瘍性ビタミン」ともよばれるビタミンUを豊富に含んでおり、「胃潰瘍」の予防に効果があります。

ビタミンUは加熱すると壊れてしまうので、「生」で与えることがおすすめですよ。また、食物繊維も豊富で便通の改善にも役立ちます。

 

大根

大根の根っこにはデンプンを分解する酵素が多く含まれています。犬よりもデンプンの消化吸収能力が2.5倍も劣るといわれる猫にはぜひ食べさせたい野菜といえます。

その他の消化酵素も豊富に含んでいるので消化の手助けになる整腸作用だけでなく、血行や便通の改善にも良いとされています。

 

さやいんげん

さやいんげんは、βカロチン、ビタミンC、食物繊維、カルシウム、ビタミンB1・2・6など基本の栄養素をバランスよく含んでいます。

 

かぼちゃ

かぼちゃは、カロチンを豊富に含む食材です。摂取すると体内でビタミンAに変わるので、肌の粘膜や抵抗力を高める効果があります。また、利尿効果もあるので血液循環を高めるのにも役立ちますよ。

 

手作りキャットフードにおすすめのフルーツまとめ

キャットフード

おすすめのフルーツ

  • りんご
  • いちご

キャットフードを手作りする場合ににおすすめのフルーツは「りんご」「柿」「いちご」などがあります。

 

りんご

りんごに含まれる「水溶性の食物繊維」は腸内に入ると、消化物やコレステロールを包み込んで排出する働きがあります。

また、ポリフェノールという抗酸化作用のある成分も注目されており、老化防止の役割もあります。ただリンゴの葉や種には「シアン」などの毒物が含まれているので、与えてはいけませんよ。

 

柿は、ビタミンCとβカロテンが豊富に含まれており、強い抗酸化作用があります。妊娠中などビタミンCが多く必要な場合に、最適です。

食物繊維が多いので与えすぎると下痢の原因になります。皮は必ずむいて、誤飲には注意してくださいね。

 

いちご

ビタミンCを豊富に含んでいますがキシリトールを少量含んでいるので、多量に摂取すると低血糖を起こす危険性があります。

 

手作りキャットフードに入れてもよい野菜、フルーツは?

キャットフード

少量ならおすすめ

  • ニンニク
  • ショウガ
  • バナナ

少量であれば味のアクセントとしても使える、野菜やフルーツは「ニンニク」「ショウガ」「バナナ」がおすすめです。

 

ニンニク

にんにくは、強力な殺菌・解毒作用・抗酸化作用をもつ「アリシン」という成分を豊富に含んでいます。抹消血管を拡張させ血行をよくする働きがあるので、新陳代謝を高める効果が期待できますよ。

 

ショウガ

強い殺菌能力を持っているショウガは、冷え症の改善など漢方的な働きをする事で有名な食材ですね。新陳代謝を活発にするので、体力をつけたい時や食欲の無い時におすすめですよ。

 

バナナ

バナナに含まれる食物繊維のペプチドやオリゴ糖が腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。便秘や下痢の改善に期待できますが、尿結石になりやすいので与える量は少量にしなければなりません。

 

手作りフードの野菜・フルーツで注意すること!

素材

与えてはいけないもの

  • ネギ類
  • 穀物類
  • ほうれん草
  • アボカド
  • ブドウ類

たまねぎ・白ネギ・ニラなどの「ネギ類」、とうもろこし・小麦などの「穀物類」、「ほうれん草」、「アボカド」、「ブドウ類」などの野菜・フルーツは猫に悪影響を及ぼす成分が含まれているため、避けたほうが良い食材です。

また猫によっては特定の食材にアレルギー反応を示すことがあります。個体差のあるアレルギーについてはしっかり「アレルギー傾向検査」を受けないとはっきりわかりませんので、愛猫のためにも一度調べてみることをおすすめしますよ。

 

愛猫の健康を考えた手作りフードを!

ネコ フード 

キャットフードは利便性や栄養バランスにも優れているので、利用している飼い主も多いと思います。確かに手作り食は手間がかかりますが、一つ一つの材料を吟味して使うことができるので安心して愛猫に与えることができますよ。

今からでも始めて、愛猫との信頼関係をより深めてみてください。