シーズーの販売価格や餌代などお金まとめ

人気犬種の1つであるシーズー。明るく社交的な性格をしているので飼い主を選ばないことも人気のポイントですね。

この記事ではシーズーを飼い始めてからどの程度のお金がかかるのかを紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

シーズーの販売価格と年間かかる餌代は?

シーズ 

子犬価格

  • 15~30万円

年間の餌代

  • 3~8万円前後

シーズーの子犬の販売価格は15~30万円です。

「ショータイプ」と「ペットタイプ」で値段が分かれ、ショータイプのコンテストで上位を狙えるような血統を望むのであれば30万円することもあります。ペットタイプであれば15万円前後で購入できることもありますよ。

小型犬の中では販売価格が高い部類に入るので、シーズーの飼育を考えているのであれば相場は知っておく必要があります。

 

年間の餌代

餌代はドッグフードの種類によっても変わってきますが1年間にかかる餌代は3~8万円が一般的です。

ただ、シーズーは目や皮膚の病気にかかりやすいので専用のドッグフードを食べさせる場合などはさらに費用がかかることもありますよ。

 

シーズー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

シーズー 

準備しておくもの

  • ケージ(サークル)
  • トイレ用品
  • 首輪、ハーネス、リード
  • 食器類
  • ケア用品

シーズーを室内で飼育する為に揃えておきたいグッズは「ケージ(サークル)」「トイレ用品」「首輪、ハーネス、リード」「食器類」「ケア用品」などです。

総額で2万円ほどで揃えてあげることができますよ。

 

ケージ(サークル)

小型犬であるシーズーにケージは必要ないと思っている方も多いですが、犬にとって「自分が安心できる場所」を提供してあげることは大切です。

大人になっても十分な広さがある90×60cmタイプか、成長に合わせて大きさを広げることができるタイプがおすすめです。価格は1万円程度です。

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で、トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも大丈夫ですが、傷がつき難く重みがあるタイプがおすすめです。

水飲みは給水ボトルタイプを選べばひっくり返されないので、留守番中も安心して使えますね。価格は1000円程度で購入できます。

 

首輪やハーネス、リード

首輪とハーネスどちらでも問題ありません。

首輪だとしつけには使えますが喉を締め付けて咳を誘発することもあるので状況に応じて選ぶことが大切です。価格は3000~5000円程度で購入できます。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー、リンス」「歯磨き用の歯ブラシ(人間用でも代用可)」なども用意しておくようにしてくださいね。

シーズーはダブルコートで皮膚病を患いやすいので、定期的なブラッシングが欠かせません。ピンブラシ・コームは3000~5000円程度、シャンプー・リンスは2000円程度、歯ブラシは500円程度で購入できます。

 

揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「おもちゃ」「保温マット」などです。

病院へ連れて行く時や旅行で移動する時や災害時の避難に備えて「キャリーバッグ」を用意しておくと安心です。3000~5000円で購入できます。

夏ほど神経質になる必要はありませんが、寒さに強い犬種ではないので冬場には「保温マット」を用意してあげると快適に過ごす事が出来ますよ。値段は2000円ほどで購入できます。

 

シーズーの飼育はどのくらいお金がかかる?

シーズー 

 

飼育にかかる合計費用

  • 170万円程度

シーズーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせて20~25万円ほどを見積もっておきます。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費」「ケア用品」「トイレ用品」「トリミング代」を合わせた10~12万円程度、怪我や病気の際には医療費がさらに数万円かかります。

ただ、医療費に関してはペット保険をかけておくと抑えることができますよ。シーズーの平均寿命は13年前後なので、概算すると生涯費用は170万円ほど見積もっておく必要があります。

 

シーズーの飼育費用は決して安くない!

シーズー アイ

愛犬に可哀想な思いをさせないためにも、どれくらいの費用がかかるのかを大雑把でも構わないので理解しておくことが大切ですよ。

シーズーに限ったことではないですが、犬を飼育する為にはかなりの費用がかかることを肝に銘じて飼うかどうかを決めてくださいね。