まる顔が可愛い!スコティッシュフォールドの大きさは?子猫は?

丸い顔と折りたたまれた耳が特徴的なスコティッシュフォールド。人間が大好きで人懐こく、優しい性格をしているので老若男女を問わず人気がありますよ。

そんなスコティッシュフォールドの子猫はどのくらいの大きさで、どこまで成長するのでしょうか。ケージやトイレを選ぶ際に必要な情報ですよね。この記事では子猫のスコティッシュフォールドの大きさや成猫の成長についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

スコティッシュフォールドの子猫の大きさは?どのくらい成長する?

スコティッシュフォールド

子猫の大きさ

生後1ヶ月500g
生後6ヶ月2.5~4.5kg

スコティッシュフォールドの子猫の大きさは生後1ヶ月前後で約500gです。体長は20cmほどしかありません。成長スピードは他の猫と比べて早いので、生後6ヶ月で体重は2.5~4.5kgほどまで成長しますよ。

骨の成長はゆっくりなので、子猫は肥満による体重増加をしやすい傾向にあります。餌を欲しがるだけ与えていると、腰や膝に負担がかかるほど太ってしまい、歩くこともままならなくなるスコティッシュフォールドもいるようです。

急激な体重増加は子猫のスコティッシュフォールドに一番気をつけたいことなので、体型と体重は毎日のようにチェックすることをオススメします。生後3ヶ月を超えると体全体が丸みを帯びてきますが、これは肥満の影響ではありませんので気をつけてください。

 

成猫のスコティッシュフォールドの大きさは?

スコティッシュフォールド

成猫の大きさ

体長約60cm
しっぽの長さ30~40cm
オスの体重3.0~6.0kg
メスの体重2.5~5.0kg

成猫のスコティッシュフォールは体長約60cmほどの大きさです。しっぽは30~40cmで体のほぼ半分くらいの長さです。体重はオスが3.0~6.0kg、メスが2.5~5.0kgです。スコティッシュフォールドに「小さい」というイメージをもつ方は多いですが、実は猫の平均体重と大差ありませんよ。

体長と体高の比率はほぼ1:1で「スクエアタイプ」の体といわれています。体格は意外とガッチリしており筋肉質体つきが特徴的ですよ。外見のバランスが整った猫種といえますね。

 

まるっこくてかわいらしい個性!

スコティッシュフォールド 

子猫のスコティッシュフォールドはかなり小さく、飼い主さんの手のひらにすっぽり乗っかってしまうほどです。ただ成長しておとなになると、他の猫種と比べてさほど小さい猫種とはいえません。

子猫期は肥満に要注意ですよ。与える餌の頻度や量、おすすめのキャットフードは以下の関連記事を参考にしてみてくださいね。