ダイエット向けのドッグフードの選び方と人気のおすすめランキング3選

運動不足やおやつの食べ過ぎが原因で太り気味のペットが増えていることをご存知でしょうか。肥満は病気のリスクを高め、寿命を縮めてしまうことにもなりかねませんよ。

この記事ではダイエット向けドッグフードの選び方や人気フード3つを紹介しています。ぜひ愛犬のドッグフード選びの参考にしてくださいね。

 

ダイエットにおすすめなドッグフード1.「犬心 糖&脂コントロール」

犬心
商品名犬心 糖&脂コントロール
原材料生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖
価格2600円(税込)

「犬心 糖&脂コントロール」は一般的なドッグフードに比べて「糖質」と「脂質」が抑えられているので、ダイエットや体重維持に適していますよ。

原材料にもこだわっており、血糖値を上げやすい「消化されやすい糖質」を含む食材を制限しています。さらに糖の吸収スピードを穏やかにする「食物繊維」を配合することによって、血糖値の急激な上昇をコントロールします。

また犬の腸内環境を整える「善玉菌」を活性化する技術により、腸の健康をサポートし便秘の解消などに効力を発揮します。コレステロール値を基準値に維持してくれる「βグルカン」も配合されているのが嬉しいですね。

自然由来の原料と手作り製法にこだわった、ダイエット向きの無添加フードです。定期購入を検討の方には特別割引価格・無料お試しサービスも実施中です。

犬心について詳しく知りたい方はこちら

 

ダイエットにおすすめなドッグフード2. 「サイエンスダイエット」

ヒルズのサイエンス・ダイエット™ ライト 小型犬用 肥満傾向の成犬用 1歳~6歳 

 

商品名サイエンスダイエット
原料トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦、エンドウマメ、コーングルテン、米、トリ肉エキス、セルロース、動物性油脂、ビートパルプ、植物性油脂、ポークエキス、亜麻仁、トマト、柑橘類、ブドウ、ホウレンソウ、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン
価格1234円(税込)

サイエンスダイエットの体重管理フードは、体型や年齢に合わせた豊富なラインアップが存在し、無理をさせることなく適切な体重管理をサポートしてくれるドッグフードです。

「ライト 小粒 肥満傾向の成犬用1〜6歳」を例にとると、動物性タンパク質源にトリ肉(チキン、ターキー)が使用され、25.3%と十分なタンパク質を含有しながらも、同社の「アダ
ルト 小粒 成犬用 」と比べると脂肪分が約27%、カロリーが約15%カットされています。

またダイエット時に不足しがちなカルシウムや体内で脂肪を燃焼させるカルニチンなどが配合されており、健康的なダイエットを実現できますよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)33557492109125140155169183248307416517611

※成犬期を想定した場合

サイエンスダイエットについてもっと詳しく知りたい方はこちら

サイエンスダイエットプロについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

ダイエットにおすすめなドッグフード3. 「アイムス」

アイムス 成犬用 健康維持用 チキン 小粒 1.2kgx6袋
商品名アイムス 体重管理用
原料トウモロコシ粉、チキン、ラム、ターキー、ミネラル、ビタミン類、オメガ6、L-カルニチン
価格1120円(税込)

アイムスの体重管理用フードはライフステージ別に「チキン小粒」「チキン中粒」「チキン&ライス小粒」があります。

同社の「成犬用健康維持用チキン小粒」に比べると、脂肪分が28%カットされおり、脂質が8.5%、カロリーが100gあたり360kcalに抑えられています。

またフラグオリゴ糖が腸内環境をいたわり、カルニチンが体内脂肪の燃焼を促してくれますよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)193142526170788694102138171232288340

※成犬期を想定した場合

アイムスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

ダイエット向けのドッグフードとは?

ドッグフード 

種類

  • 減量用
  • 体重管理用
  • 適正体重維持用

ダイエットドッグフードとは、愛犬の体重が増えすぎてダイエットさせてあげたい時に食べさせるドッグフードのことです。

カロリーをカットしながらも必要な栄養素を摂取できるように調整されているので、通常のドッグフードの給餌量を減らしてダイエットするよりも低リスク・効率的にダイエットできますよ。

ダイエット用のフードには「減量用」「体重管理用」「適正体重を維持する用」の3種類があります。

 

減量用・体重管理用

「減量用」「体重管理用」とメーカーによって表記は違いますが、この2種類は体重を減らす用途で使用されるフードです。

カロリーを15%前後カットするために脂肪分を減らしていますが、炭水化物やが食物繊維も多く含まれているので給餌量を極端に減らすことなくダイエットできるフードになっています。

 

適正体重を維持する用

適正体重維持用は、低脂肪・低カロリーで必要な栄養をバランスよく摂取できるフードになっています。普通のドッグフードと比べると、10%ほどカロリーがカットされているものが多いですね。

 

肥満の愛犬を適正体重に戻したい時におすすめのドッグフードは?

ドッグフード

適正体重に戻したい

  • 減量用
  • 体重管理用

愛犬が明らかに太り過ぎてしまったり獣医師から肥満と診断された場合は、「減量用」「体重管理用」のドッグフードがおすすめです。

低脂肪でカロリーも少なめなので、正しい給餌量を守り食事管理を行えば一定の期間で減量を成功させることができますよ。ただ、減量を目的としたフードなので長期間与え続けると栄養の吸収が阻害され逆に体に害になるので注意してくださいね。

上記おすすめのフードだと、「サイエンスダイエット」と「アイムス」が該当しますよ。

この商品の說明欄へ移動

 

適正体重を維持したい時におすすめのドッグフードは?

犬_体重_肥満

体重を維持したい

  • 適正体重維持用

愛犬の適正体重を維持したいのであれば「適正体重維持」がおすすめです。

過去にダイエットに成功した・食べ過ぎる傾向がある・去勢・避妊をした直後などは、「減量用」や「体重管理用」を使って体重を減らしてもリバウンドしてしまうことがほとんどです。

それに比べて、「適正体重維持用」は脂肪やカロリーを抑えながらも十分な栄養が摂取できるので、正しい給餌量を与えていれば大幅にリバウンドする心配もありませんよ。

上記のおすすめフードでは、「犬心」が該当しますよ。

この商品の説明欄へ移動

 

 

ダイエット用ドッグフードの特徴

犬 素材

ダイエット用ドッグフードの主な特徴は、「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になっていることです。

中には、腹持ちや満足感を自足させるために食物繊維を含んでいるものや脂肪の燃焼を助ける成分が配合されているものもありますよ。

 

ダイエット用ドッグフードのメリットは?

犬 素材

ダイエットドッグフードのメリット

  • 少量で満腹感が得られる

ダイエットフードには食物繊維が豊富に含まれており少量で満腹感を感じることができるので、食べ過ぎを防止することができます。

ただ、ダイエットフードに頼らなくても、プレミアムフードを適正量与えていれば適正体重を維持することは可能ですよ。まずは、しっかり運動させるなど、普段の生活習慣を見直すことから始めてみてくださいね。

 

ダイエット用ドッグフードのデメリットは?

犬 素材

ダイエットフードのデメリット

  • 穀物が多く使用されている

ダイエットフードの多くは、穀物を多く使用することでカロリーを下げています。

穀物が多用されているフードを食べ続けると十分な量の栄養素を吸収することができないので、栄養失調になることもあります。

また、動物性タンパク質も十分な量を摂取できないので、健康的な筋肉維持もできなくなり代謝も下がってしまいます。エネルギーを最も多く消費するのは筋肉なので、筋肉量が低下すると余分なエネルギーが脂肪になり、太る原因になるのです。

 

ダイエット用ドッグフードの選び方は?

犬 素材

ダイエット用フードの選び方

  • 高タンパク・低炭水化物
  • 穀類不使用
  • 無添加

ダイエット用フードを選ぶポイントは、「高タンパク・低炭水化物」「穀類不使用」「無添加」の3点です。

 

高タンパク・低炭水化物

犬が肥満になる原因の多くは、炭水化物の過剰摂取によるものです。

高タンパク・低炭水化物のフードを選ぶことで、肉食動物である犬が消化を苦手としている炭水化物の摂取量を減らすことができます。

 

穀物不使用

高タンパク・低炭水化物であっても、穀物が使用されているフードはダイエットには不向きです。穀物には糖質が含まれているので、脂肪の原因になってしまいます。

価格は高くなりますが、「トウモロコシ」「小麦」「米」などの穀類が一切使用されていないグレインフリーのドッグフードを選ぶようにしてくださいね。

 

無添加

添加物は、犬の食いつきを良くしたり腐敗を防ぐために使用されることが多い成分です。

アレルギーの原因になるものや発がん性が認められているものなど、人間には使用が禁止されているものも多いので、無添加のフードを選ぶようにしてください。

 

ダイエット用ドッグフードの注意点は?

犬 素材

ダイエット用のフードを使用していても、普段通りの量を与えていたのではダイエットのにはあまり繋がりません。給餌量を少しづつ減らしながら適切な食事量に調整してあげることが大切ですよ。

いきなり食事量を減らしたりするとストレスになるので、毎食少しづつ減らしていくようにしてくださいね。

 

普段から肥満対策を心がけよう!

ボストンテリア 

ダイエットフードを活用すれば肥満を解消することもできますが、普段から肥満に気をつけてあげることが大切です。食事と運動のバランスに気をつけて、愛犬と一緒に楽しいドッグライフを楽しみましょうね。

この記事で紹介したドッグフード