アメリカンカールを飼うならブリーダー?里親?ペットショップ?価格の相場は?選ぶポイントは?

くるんと後ろ向きにカールした耳がキュートな猫、アメリカンカールの入手方法や価格の相場、健康な子を選ぶポイントについてご紹介します。

アメリカンカールは人気の猫なので、ブリーダー、ペットショップ、里親それぞれで出会うことができます。希望に合わせて入手先を選んでみてください。

 

アメリカンカール、ブリーダーから購入する?

アメリカンカール1

おすすめの購入先は、信頼できる専門ブリーダーから直接購入することです。

アメリカンカールは外耳炎など耳関連の病気が多い猫種(びょうしゅ)です。専門知識の豊富なブリーダーが育てたアメリカンカールは、病気への対策や予防も徹底しており、より健康な子猫と出会える可能性が高いのです。

アメリカンカールのブリーダーは多数いらっしゃるので、インターネットなどですぐに見つけられますよ。事前に予約して子猫を見せてもらうなどの手間を惜しまず、相性の良いブリーダー探してみてください。健康状態や血統などがしっかりした子猫を入手できますよ。

 

アメリカンカール、ペットショップで購入する?

シェパード_ペットショップ

来店の気軽さや、支払い方法の選択肢など、便利なのはペットショップでの購入です。

ペットショップではトイレの砂や、ごはんも一緒に購入することもできます。ただ、ブリーダーからの直接購入に比べると価格が高くなる傾向にあります。

生まれた環境や親猫の情報が明確でない場合もあるので、あわせて確認してみてくださいね。

 

アメリカンカール、里親募集で譲り受ける?

アメリカンカール2

里親制度は原則無償での引き取りを行うことができます。

募集元である動物病院や愛護団体などが必要な医療的ケアを済ませておいてくれることも多くなってきています。ワクチン接種や去勢費用など、実費のみを負担するケースが多いです。ワクチン接種は1回あたり5,000円程、去勢費用はオスとメスともに約2万円ほどだと考えておいてください。

里親募集の情報は、インターネット上の掲示板や地域情報紙、動物病院で公開されていますよ。里親募集で譲り受ければ、引き取り手のいない猫を減らすことができるのもポイントですよね。

 

アメリカンカール、価格の相場は?

(動物以外)お金

アメリカンカールの価格の相場は5〜10万円程です。人気の猫種の中ではお手頃な価格ですね。

キャットショーでの評価基準を満たし、その猫種ならではの特徴が濃く出ているほど価格が上昇する傾向にあります。

 

アメリカンカール、選ぶポイントは?

アメリカンカール5
アメリカンカールの耳は、カールが三段階に格付けされています。

三日月のように強く反り返った耳が高く評価されています。カールが強ければ強いほど値段も高くなります。シルクのような毛並み、肩まで届く長い尾、鼻筋が長く引き締まった顔立ちなども評価の対象です。

また、品種改良により様々な毛色が生み出されています。なかでもシールポイントと呼ばれるこげ茶色はとても人気で、ブリーダーからの直接購入であっても10万円以上することもありますよ。

 

アメリカンカールの耳は触りすぎないで

アメリカンカールの耳は生まれて間もない頃はまっすぐの状態で、生後7日目頃から後ろ向きに反り返っていきます。

耳のカールは優性遺伝なので、半分以上の子猫はカール耳に育ちます。なかにはストレートな耳のまま成長したり、一度耳が反り返ったものの何らかのストレスによってまっすぐに戻ったりする猫もいます。

耳の軟骨はデリケートで傷つきやすく、耳の触りすぎはカールがなくなってしまう原因の一つなので、耳先には触らずに選ぶようにしてあげてくださいね。

特集記事