アメリカンショートヘアの抜け毛や鳴き声など飼育まとめ

アメリカンショートヘア(通称アメショー)はさまざまな年齢層の飼い主さんたちに愛されている人気猫種です。

飼いやすいと評判ですが、抜け毛の処理や鳴き声の対処法はどの猫でも飼う前に把握しておきたいですよね。

この記事ではアメリカンショートヘアの飼育に役立つ、抜け毛や鳴き声についてまとめています。

 

アメリカンショートヘア、抜け毛は?

アメリカンショートヘア 

抜け毛の手入れ

  • 夏:毎日
  • 冬:週1回

狩猟猫として飼われていた歴史が長いアメリカンショートヘアは毛の量を抜け毛で調節することで、季節に応じた温度変化に適応しています。

冬には毛量が増えますが、夏には暑さ対策のため毛量を減らすため抜け毛の量が多いです。他の猫種と同程度に抜け落ちます。

短毛種なので、アメリカンショートヘア自身が行う毛づくろいだけでも手入れは問題ありませんが、毛づくろいだけでは毛を多く飲み込んでしまいます。夏は特に「毛球症」に注意が必要ですよ。

毛玉を吐く回数が増えると胃腸に負担をかけるので、夏場は飼い主さんが毎日ブラッシングしてあげることをおすすめします。

冬場の抜け毛はそこまで多くないので、週1回程度手入れしてあげてください。

 

アメリカンショートヘアの抜け毛、おすすめのブラシは?

TaoTronics

大量に毛が抜ける夏場の手入れには、抜け毛がごっそりと取り除けるブラシが必要です。「TaoTronics」の抜け毛取りブラシがおすすめですよ。

死毛をアメリカンショートヘアの体を傷つけることなく処理しやすいブラシです。ダブルコートの被毛には最適な商品ですよ。

Amazonで購入すれば「コーム」もセットでついていますので、抜け毛処理後の被毛をとかしてあげることができて便利ですよ。

Amazonで商品を確認

 

アメリカンショートヘアの鳴き声は?

アメリカンショートヘア 

鳴き声

  • 小さくて控えめ

アメリカンショートヘアの鳴き声はそこまでうるさくありません。「ご飯が欲しい」「遊びたい」など飼い主に要求がある時にだけ小さく控えめな声で鳴きます。

高齢になると不安から飼い主を呼ぶために鳴くことが増えますが、鳴き癖がついて必要以上につくようなことはありませんよ。マンションや集合住宅でも問題なく飼うことができます。

 

抜け毛の対策は完璧に!

アメリカンショートヘア 

アメリカンショートヘアは運動と食事のバランスに気をつければ初心者の方にも飼いやすい猫です。抜け毛は夏場以外そこまで多くありませんが、適切なブラシを使って手入れしてあげてください。

毛づくろいで抜け毛を飲み込みすぎて発症する「毛球症」は最悪の場合、外科手術が必要になる恐ろしい病気です。ぜひ適切な対策をしてあげて、長く共同生活を楽しんでくださいね。