シャム猫の価格や生涯費用は?子猫の選び方やしつけは?

引きこまれそうな程美しい、サファイアブルーの瞳を持つシャム猫。この記事ではシャム猫の価格や生涯かかる飼育費用、子猫を選ぶ際のポイントやしつけ法についてまとめました。

 

シャム猫の子猫の価格相場は?

シャム猫4

シャム猫の子猫の価格

  • 10~20万円

シャム猫の価格の目安は10~20万円です。血統書がついていたり親がショーで活躍していたりすると30万円前後することもあります。

人気猫種なのでペットショップやブリーダーさんなど様々な販売経路から入手することができますが、ペットショップでは売り切れ続出で見かけることは少ないです。

ネットでブリーダーを探して購入するか、里親募集のサイトをチェックするのがオススメです。  

里親制度は安く引き取れることがメリットなので、興味がある方は専用サイトを見てみてくださいね。

 

シャム猫の飼育かかる年間の餌代は?

cat1_canagan

 

年間の餌代

  • 3.3万円程度

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、シャム猫におすすめなキャットフード「カナガン」で計算すると、体重2~4kgのシャム猫であれば年間で約3.1万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間3.3万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

シャム猫、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

シャム猫4

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

シャム猫の飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で3万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利です。ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができますよ。1~1.5万円ほど購入できます。

 

キャットタワー

数多くの猫種の中でも運動量が多い活発で猫で高い場所に登ることを好む性格をしているので、キャットタワーも忘れずに用意してあげてくださいね。

1本柱でも問題ないですが130~180cmほどの高さがあり、安定感のある2本柱のタイプがおすすめですよ。10000~15000円ほどで購入できます。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも大丈夫ですが、ヒゲが当たらない大きさで重さがある浅いお皿が向いています。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」なども用意してくださいね。

短毛で抜け毛も少ない猫種ですが、皮膚疾患を防ぐ為にも1日1回コームを使ったブラッシングと月1回程度のシャンプーをしてあげてください。

コームは1500円程度、シャンプーは1500円程度、爪切り・爪とぎは1500円程度で購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレはシステムタイプやトレータイプなど様々な種類の商品が販売されています。

猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーケース」「おもちゃ」などです。

病院へ行く時などにキャリーバッグは必要ですし、3000~5000円ほどで販売されているので用意しておくと安心ですよ。

一人遊びよりも飼い主さんと遊ぶことを好むので、猫じゃらしやボールなど一緒に遊べるおもちゃを用意しておくとコミュニケーションを深める道具としても使えますよ。複数揃えても5000円程度で購入できます。

 

シャム猫の飼育はどのくらいお金がかかる?

シャム猫_読書

飼育にかかる合計費用

  • 約132万円

シャム猫の飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた20万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて8万円程度かかります。シャム猫の寿命は14年前後なので、生涯費用は132万円ほどかかると見積もっておく必要がありますよ。

親からの遺伝疾患である「眼球震盪」や「進行性網膜萎縮症」、「慢性腎不全」などに注意が必要なので医療費を抑えるためにもペット保険への加入も検討してあげてくださいね。

 

シャム猫を選ぶポイントは?

シャム猫3

 シャム猫の子猫を選ぶ際には「ポインテッドカラーと呼ばれる濃い毛色の部分が鮮明なこと」「毛並みに艶があること」「全身がすっきりしたシャープな印象を与えてくれること」の3つがポイントです。

ポインテッドカラーは、チョコレート、シール、ライラック、ブルーの4種類があります。

また、あまりに幼い段階で譲り受けると、予防接種を受けていないこともありますので生後3ヶ月ぐらいのシャム猫を目安に選ぶのがオススメです。

予防接種を受けていないと、治療費が高額な病気にかかりやすい可能性が高いですよ。 直接会いに行って手で触れ抱っこしてあげることで、相性を確かめ合うことも大切です。

同じシャム猫といっても1匹ずつ個性が違いますよ。体が細く筋肉質で、頭が逆三角形になっているシャム猫は健康である証拠です。気の合う子猫を見つけてくださいね。  

 

シャム猫のしつけのポイントは?

シャム猫_じゃれる

シャム猫のしつけポイント

  • 飼い主さんの根気強さ
  • 爪とぎ場所の設置
  • ご褒美はおもちゃとナデナデ

猫は物事を自分で判断する生き物で、群れで生活していた歴史を持ちます。人の指示に従順な犬と比べて、しつけは難しいといわれています。

ただ、家の中で共に生活するには最低限のルールが必要ですね。

シャム猫の性格の特徴は、以下の関連記事でまとめたように「活動的で元気いっぱい」「いたずら好き」「警戒心が強いが、慣れた相手には甘えたがり」「わがままで気難しい」の4つです。

最低限のしつけをしないと、特にやんちゃでいたずら好きな性格が強く出てしまいます。しつけでは「ダメなことはダメだと根気よく教え続ける」ことがもっとも重要です。

 

また、トイレの場所はもちろんするどい爪が研げるよう、爪とぎの場所を設けてあげてください。爪を研ぐ場所がないから壁を仕方なくひっかくケースも考えられるからです。

犬とは異なることを念頭に、期待した反応がみられなくても時間をかけて向き合ってあげてくださいね。  しつけを覚えた際には大好きなおもちゃで遊びながらナデナデしてあげてくださいね。

 

丸顔のシャム猫は希少!(まとめ)

シャム猫5

現在見かけるシャム猫は、V字型のシャープな顔と、スレンダーな体つきをしています。

これはモダンスタイルと呼ばれ、実は品種改良されたものなのです。元々のシャム猫は、オールド(トラッド)スタイルと呼ばれ、もっと丸顔の傾向がり、鳴き声も大きくよく鳴いていました。

日本では、数十年前にシャム猫ブームがあり、たくさんの人に飼われていたのですが、その気性の激しさや鳴き声から徐々に人気が下火になり、品種改良された現在の種類が広まったという背景があります。

活発な性格ですが時には神経質で気難しいと、何かと飼育に手がかかりますが、その分甘える姿はとってもかわいらしいです。興味がある方はキャットショーを見に行き、その魅力を体感してみてくださいね。