人気の猫、シンガプーラ。特徴や性格は?寿命や病気は?

シンガプーラは、シンガポール生まれの世界最小の猫です。この記事では、「小さな妖精」とも呼ばれ人気があるシンガプーラの性格や特徴、寿命や病気についてまとめました。

 

シンガプーラの性格は?

シンガプーラ_4

性格

  • 活発だが大人しく飼いやすい
  • 優しくて甘えん坊
  • 好奇心旺盛

 

活発で大人しく飼いやすい

短い毛を持つ猫は一般的に活発だといわれますが、シンガプーラは活発というよりむしろ大人しい性格です。ほとんど鳴くこともなく静かな所を好みますよ。

体が小さくて飼育環境に制限されないこともあり、日本では初心者でも飼いやすい猫種として人気です。

 

優しくて甘えん坊

優しくて甘えん坊な性格も共通しています。ただ、飼い主さんにのみなつく傾向がありますので、飼い主以外の人と接するときなど、慣れない環境にナーバスになってしまうこともあります。

多頭飼いには向かない猫種ですよ。シャイな性格もシンガプーラらしさといえます。

 

好奇心旺盛

野生時代は下水溝でネズミを追いかけていたため、運動能力は高く、好奇心旺盛な一面も持ちあわせていますよ。飼い主さんとおもちゃで遊ぶことが大好きな猫種です。

 

シンガプーラの特徴は?

シンガプーラ_1

シンガプーラ最大の特徴は体の小ささです。CFAに公認されている純血種の猫の中でも最小の種類ですよ。平均的な猫はメスで4~6kgオスで6~8kgですが、シンガプーラは大人になってもオスメス両方共2~3kgと約半分ほどの重さしかありません。

小さくてもその体は筋肉質です。アイラインが入ったアーモンド形のパッチリした目と、ピンと立った耳を持ち、小柄で可愛らしいため「小さな妖精」とも呼ばれています。

他の猫と異なり、シンガプーラの子猫は生後9週間まで目の色が何度も変わります。

セピア色の美しい毛並みも特徴で、キラキラ光るティッキング(1本の毛に2~3色の濃い帯状の模様が入っている)があるので、まるでシルクのように輝くのです。

 

シンガプーラの寿命は?

シンガプーラ_6

寿命

  • 10~16年

シンガプーラの平均寿命は10~16年です。一般的な猫の寿命と比べて平均的な寿命です。体調管理をしっかりと行うことで寿命は延ばすことができますよ。

普段から変わった様子がないか注意深く観察をして、気が付いたことがあれば獣医師に相談してください。定期的にワクチンや健康診断を欠かさないことも大切です。

 

シンガプーラの病気は?

イケメン医者

気をつけたい病気

  • ストレス性疾患
  • 皮膚病
  • 遺伝性の貧血

ストレス性疾患

シンガプーラは神経質な一面を持つので、まず気をつけなければならないのはストレス性の疾患です。多頭飼いには、あまり向いていません。ストレス解消のためにも、時間があるかぎり一緒に遊んであげてくださいね。

 

皮膚病

皮膚の病気にも注意が必要です。シンガプーラが産まれたシンガポールは、平均気温が26~27℃で高温多湿な環境です。そのため、日本の寒さや乾燥が苦手なのです。

適切な暖房器具を用意する必要がありますが、器具内のカビや使いすぎによる乾燥がシンガプーラの皮膚疾患を引き起こすことがあるのです。

使用する際には清潔な環境を保ってあげることが大切です。合わせて毎日のブラッシングを忘れずにしてあげてください。

 

遺伝性の貧血

遺伝性の貧血もシンガプーラによくみられる病気の一つです。赤血球が必要とする酵素が欠けることで、鉄分が足りなくなり貧血を起こします。命に関わる病気ではありませんが、断続的な軽い貧血、食欲不振、倦怠感などが症状として現れます。

 

マンションでも十分飼育できる小さな猫

シンガプーラ

小さく、ほとんど鳴かないシンガプーラは、アパートやマンションでも飼いやすい猫です。日本ではまだ珍しく、あまり見かけることがないかもしれませんが、一度実物を見に行くことをオススメするほどかわいい猫ですよ。