スコティッシュフォールドの性格、特徴は?寿命、病気、治療や歴史は?

スコティッシュフォールドは前方に折れ曲がった小さな耳が特徴の描種です。

今回はスコティッシュフォールドの性格、特徴、寿命、かかりやすい病気や治療法、歴史についてまとめました。

 

スコティッシュフォールドの歴史は?

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、イギリスのスコットランドに起源がある描種です。スコティッシュフォールドという名前は「スコットランドの折りたたまれたもの」という意味です。

見た目の特徴が名前に反映されているのです。歴史は比較的新しく、1960年頃にスコットランドで突然変異的に耳が折れ曲がった子猫が誕生しました。

その猫が成長して子猫を産んだときに同じように耳が立たない個体が確認されました。折れ耳が遺伝性のものということが判明したこのタイミングで、計画的な繁殖がスタートしました。

イギリスでは奇形や骨格障害の遺伝が残るというリスクから、品種登録はされませんでした。その後アメリカに渡り、アメリカンショートヘアーとの交配を経ながら品種改良が続けられた後、1978年にCFAで描種として認定されました。

 

スコティッシュフォールドの性格は?

猫 スコティッシュフォールド2

スコティッシュフォールドはおっとりとしていて、いつも穏やかな性格をしています。

甘えたがりなので飼い主さんの傍にいることが大好きですが、人見知りしない人なつっこさも持ち合わせていますよ。問題行動も少ないので、猫の飼育初心者の方にも飼いやすいと人気が高まっています。

スコティッシュフォールドの性格について詳しく知りたい方はこちら。

 

スコティッシュフォールドの特徴は?

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの特徴

  • 大きくてまんまるの目と頭
  • ふっくらとしたマズル
  • ずんぐりむっくりの体型
  • 短い足
  • 長めのしっぽ
  • 折れ耳

スコティッシュフォールドの特徴は上記表のとおりです。被毛は短毛種と長毛種の2種類で、長毛種は「ロングヘアフォールド」や「ハイランドフォールド」という別名を持っています。

短毛種に比べて長毛種のスコティッシュフォールドは遺伝子的に劣性で数が少ないため、希少ですよ。

スコティッシュフォールドの特徴について詳しく知りたい方はこちら。

 

スコティッシュフォールドの特徴的な耳を解説!

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド1番の特徴は前方に折れ曲がりながら垂れた短い耳です。

スコティッシュフォールドの耳は優性遺伝によって受け継がれるもので、極端に折れているものからほぼ耳が立っているものまで折れ曲がり具合には様々な段階があります。耳が直立にピンと立っているスコティッシュフォールドはかなりレアですよ。

折れ耳は産まれたときから持っている訳ではなく、生後2〜3週目にかけて耳が折りたたまれますよ。外見としてはより小さくしっかり折れている方がよいとされています。

すべての子猫の耳が折れるわけではなく、確率は30%程度です。病気やストレスで一度折れた耳が再び立ったり、また折れたりすることもあるのです。

 

 

スコティッシュフォールドの寿命やかかりやすい病気は?

猫 スコティッシュフォールド4

寿命

  • 10~13年

スコティッシュフォールドの寿命は10~13年で、一般的な猫の寿命を15年とするとやや短いです。

最近では飼育環境の向上やペットフードの高品質化によって長寿化しているので、適切な育て方をすることで長寿になる傾向がありますよ。

スコティッシュフォールドは耳の病気にかかりやすい猫種です。

もともと折りたたまれた垂れ耳自体が軟骨の形成異常で、耳以外の軟骨や骨にまで異常が見られた場合には「遺伝性骨形成異常症(骨瘤)」と呼ばれます。骨瘤については以下の記事で詳しくまとめていますので、参考にしてくださいね。

 

スコティッシュフォールドは飼いやすくて種類も豊富

スコティッシュフォールド

おおらかな性格で運動量の少ないスコティッシュフォールドは食事量も少なく済み、抜け毛量も少ないのでとても飼いやすい猫種といえます。

短毛種、長毛種がいて、毛色も目の色も数多くの種類があるので、他のスコティッシュフォールドと見た目がまったく一緒な個体はあまり出会いません。飼うことを検討している方は、ペットショップやブリーダーに足を運び、お気に入りの一匹を見つけてみてくださいね。