人気の猫、セルカークレックス。特徴や性格、寿命や病気は?

羊のようなモコモコの巻き毛を持つ猫、セルカ−クレックス。巻き毛猫の代表格で、「3大レックス」と呼ばれるうちの1種です。この記事では、日本ではまだ珍しいセルカークレックスの性格や特徴、寿命から病気をご紹介します。新しい家族としてセルカークレックスを検討されている方にオススメの記事です。

 

セルカークレックスの特徴は?

セルカークレックス_1
セルカークレックス最大の特徴は、モコモコの巻き毛です。首のまわりとシッポにあらわれやすく、ビロードのようで厚くボリュームがあり、毛の短いタイプと長いタイプがいます。産まれた時にはすでに巻き毛で、6ヶ月ごろに一度抜け落ち、10ヶ月ごろまでに再度生えそろいます。毛色の種類は豊富です。セルカークレックスは大きめで、オス猫は成長すると6kgを越えることもあります。ぬいぐるみのようですが、骨格がしっかりしており、筋肉質のためどっしり重みがありますよ。

 

セルカークレックスの性格は?

セルカークレックス_3
セルカークレックスは、とても甘えん坊で人懐っこい性格です。飼い主のひざの上などに座るのを好み、穏やかで愛嬌もたっぷりです。静かで落ち着いた所を好みます。

 

セルカークレックスの寿命は?

セルカークレックスの寿命は、おおよそ13〜15歳といわれており、他の猫の平均寿命と同じくらいです。成猫になるまでは3年かかるといわれており、成長スピードはゆっくりです。最近では飼育環境が向上し、ペットフードも高品質の物もあるので、ペットも長寿化の傾向があります。しっかり健康診断を受けて病気を未然に予防することが長寿のポイントですね。

 

セルカークレックスがかかりやすい病気は?

セルカークレックス_2

セルカークレックスは、自然発生した猫種なので健康で丈夫です。ペルシャ猫の血を引いているため、腎不全を引き起こす「多発性のう胞腎」や「肥大型心臓病」などの遺伝性疾患を持っている可能性があります。腎不全は高齢になるとどの猫でもかかりやすい傾向がありますが、一度悪くなると改善しないため、おかしいなと感じたら早めに動物病院へ連れて行ってあげてください。

ペルシャ猫と同じく涙管が短いことから詰まったり、涙が出やすかったりするので、雑菌が繁殖しないようこまめに拭き取ってあげてください。

巻き毛の猫の特徴として皮脂の分泌が多い傾向があります。カールした抜け毛も体に留まりやすいため、皮脂を放置するなど手入れを怠ると「真菌症」や「脂漏性皮膚炎」「外耳炎」などを引き起こす原因になります。シャンプーをしっかりしてあげてくださいね。

 

セルカークレックスのカールはそれぞれ異なる

思わず触ってみたくなる独特なカーリーヘアーのセルカークレックス。カーリーヘアーだけでなく、丸い顔、短い鼻と離れた小さい耳で愛嬌たっぷりの顔立ちをしています。多くの人を魅了している理由がわかりますよね。カール具合は一匹一匹異なりますので、自分だけのお気に入りの子をみつけて、ワシャワシャと可愛がってあげてくださいね。