パピヨンの販売価格や餌代などお金まとめ

クリクリとした愛らしい瞳と、左右に美しく広がる耳元の飾り毛が印象的なパピヨン。優雅な印象から大人しい性格と思われることも少なくないですが、アジリティを一緒に楽しむこともできる活発な犬種ですよ。

この記事ではパピヨンを飼い始めてからどの程度のお金がかかるかを計算して紹介しています。

 

パピヨンの販売価格と年間かかる餌代は?

パピヨン 

子犬価格

  • 8~12万円

年間の餌代

  • 5万円前後

パピヨンの子犬の販売価格は8~12万円程度です。ペットタイプかショータイプかによっても値段に開きがあり、両親がタイトルホルダーだと平均価格大幅に上回り、20~30万円で販売されることも多いですよ。

また、性別によっても価格に違いがあり、子犬を生めるメスの方が若干高めの価格で販売されます。

 

年間の餌代

餌代はドッグフードによって変わるので一概にはいえませんが、一般的なフードを選んだ場合は月4000円ほどの出費です。年間で約5万円弱かかる計算ですよ。ただ、実際にはおやつ代やフードの変更などによってずれることがほとんどです。

余裕をもって、年間5~6万円ほどと考えておくことをおすすめしますよ。

 

パピヨン、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

パピヨン 

準備しておくもの

  • サークル(ケージ)
  • 首輪、ハーネス、散歩用リード
  • 食器類
  • トイレ用品
  • ケア用品

パピヨンに限らず小型犬を室内で買うのに必要なグッズは、「サークル(ゲージ)」「食器類」「トイレ用品」「首輪、散歩用リード」などです。合わせて2~3万円で揃えることができます。

 

サークル(ケージ)

身軽なパピヨンはサークルを飛び越えてしまうこともあるので、天井のあるタイプか取り外しのできるタイプがおすすめです。90cm×60cmサイズを選べば、成犬になっても十分な広さを確保できますよ。価格は10000円前後で購入できます。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも大丈夫ですが、傷がつき難く重みがあるタイプがおすすめです。水飲みは、留守番中でも安心して使える給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できます。

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されています。

 

首輪、ハーネス、散歩用リード

パピヨンのの散歩は首輪でも問題ありませんが比較的体への負担が軽いハーネスもおすすめです。様々な素材のものが売られていますが、価格は3000~5000円程度で購入できます。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー、リンス」「歯磨き用の歯ブラシ」なども用意しておくようにしてくださいね。

また、パピヨンのふわふわな被毛を保つためにも定期的なブラッシングが欠かせません。スリッカーブラシ・ピンブラシは3000~5000円程度、シャンプー・リンスは2000円程度、歯ブラシは500円程度で購入可能です。

 

揃えておくと便利なもの

「キャリーバッグ」「ペットヒーター」などを揃えておくと便利ですよ。病院へ連れて行く時や旅行で移動する時や災害時の避難に備えて「キャリーバッグ」を用意しておくと安心です。3000~5000円で購入できます。

また、パピヨンの子犬は寒さに弱いので床から温めるペットヒーターを用意しておくと冬場も快適に過ごす事が出来ます。2000~3000円程度で購入できます。

 

パピヨンの飼育はどのくらいお金がかかる?

パピヨン

飼育にかかる合計費用

  • 150万円程度

パピヨンの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせて13~15万円を見積もっておきます。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費」「ケア用品」「トイレ用品」「トリミング代」を合わせた10~12万円程度、怪我や病気になった場合の医療費が数万円かかることもあります。

医療費に関してはペット保険をかけておくことで抑えることができるので、検討することをおすすめします。パピヨンの寿命は13年前後なので、生涯費用として150万円程度は最低でも見積もっておく必要がありますよ。

 

事前見積もりが欠かせない!

パピヨン3

パピヨンは小型犬ですが、一生涯不自由なく快適な生活を送らせてあげるためにはたくさんの費用がかかります。飼い始めてから後悔することが無いように、事前見積もりをしっかりしておくことが大切ですよ。