ボストンテリアは斜視?一味違う特徴まとめ

その独特の柄と、温厚な性格から「タキシードを着た小さな紳士」という異名を持つ人気犬種ボストンテリア。その身体的特徴としてよく「斜視」が挙げられます。

この記事では、ボストンテリアがもつ一風変わった特徴についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ボストンテリアの顔の特徴は?斜視?

ボストン 

斜視とは

  • 両眼の視線がまっすぐに向かない状態

ボストンテリアといえば「大きな立ち耳」「低い鼻」「垂れ下がった顔の皮膚」が特徴的ですよね。他の動物に噛み付いても呼吸ができるように発達した低い鼻、怪我をしにくい様に垂れ下がった顔の皮膚は闘犬として活躍していたブルドックの血を受け継いでいます。

しかしブルドックと比べると耳はしっかりピンと立ち、皮膚のたるみもそれほどではないので精悍な顔をしていますね。

ボストンテリアの幼犬は「斜視」の子が多いという特徴もあります。斜視とは両目の視線がまっすぐに向かない状態のことをいいます。片目はまっすぐ目標物を捕らえていても、もう片方の目が内側や外側あるいは上下によれていることが多いです。

ほとんどが先天的に発症しているケースですが、成犬になる過程で眼球の筋力が発達すれば治ることもあります。遠近感が上手くつかめないために「壁によくぶつかる」「物をうまく咥えられない」などの症状がみられますよ。

外傷が原因で発症するケースもあります。

 

注意点

犬には人間にない「瞬膜」という薄く白い膜が目頭側にあるため斜視と勘違いしてしまう飼い主さんも多いです。ボストンテリアの幼犬で斜視が出る子も多いですが、眼球の向きは正常なので視覚に影響はありませんよ。

もし心配なのであれば病院で診察してもらってくださいね。

 

ボストンテリアの身体の特徴は?

ボストンテリア 

特徴

  • 体型: しっかりとして頑丈な体型
  • 被毛: スムースコート
  • しっぽ: 短いスクリューテイル

ボストンテリアは小柄ですが、角張ってがっちりとした体型をしています。コンテストに出陳されている子の中には、まるでサラブレッドのように鍛えられたスタイルをしている子も多いですよ。

被毛は非常に短く細い特徴がある「スムースコート」で、抜け毛が多い犬種としても知られていますね。しっぽは断尾が必要ないほど短く、形はスクリューテイルとよばれます。ワインオープナーの様な螺旋状をしていますよ。まっすぐピクピクと左右に動かすか、ぐるぐる回して感情表現をします。

 

幼犬時の斜視は心配しなくて大丈夫!

ボストンテリア 

スタイルのよさと温厚な性格が人気のボストンテリアは、遺伝的疾患のリスクも少なく元気に長生きしてくれる犬種です。斜視といわれてビックリするかもしれませんが、大半の子は健康上の問題はなく他の子と同じように過ごす事が出来るので心配はいりませんよ。