ボストンテリアとフレンチブルドックの違いを見分ける3つのポイント

ボストンテリアとフレンチブルドッグと一見すると同じ犬種にみえますよね。見分けはつくのでしょうか。

この記事ではボストンテリアとフレンチブルドッグの似ているポイントと違いをまとめたので、参考にして見分けてみてくださいね。

 

ボストンテリアとフレンチブルドッグ、似ているポイントは?

フレンチブルドッグ 病気

似ているポイント

  • 体高・体重

ボストンテリアとフレンチブルドッグはなぜ似ているのでしょうか。これはボストンテリアの作出過程に、フレンチブルドッグが深くかかわっているからです。

親戚関係なようなもので、フレンチブルドッグの方が歴史が古いことになります。

平均体重は、ボストンテリアは5~12㎏で、フレンチブルドッグは8~13㎏と大きく差はありません。体高もそれほど変わりはなく、どちらも小型犬に分類されています。

 

短吻種

ボストンテリアとフレンチブルドッグはどちらも「短吻種」に分類されます。短吻種は「鼻ぺちゃ」とよばれることが多く、鼻の部分が潰れているようにみえる犬種のことです。

あまり呼吸が上手にはできないので、激しい運動や暑さが苦手ですよ。

 

ボストンテリアとフレンチブルドッグ、違いは?

ボストンテリア

見分けるポイント

  • 1. 耳の形
  • 2. 被毛のカラー
  • 3. 性格

ボストンテリアとフレンチブルドッグは親子関係にある似た犬種同士ですが、「耳の形」「被毛のカラー」「性格」は異なることが多いので、見分けるポイントといえます。

 

1. 耳の形

↓ボストンテリア

ボストンテリア

 

↓フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ 病気

ボストンテリアとフレンチブルドッグの耳の形は大きく違いますよ。ボストンテリアはやや鋭角の形をしていますが、フレンチブルドッグの耳は丸くカーブを描いています。

 

2. 被毛のカラー

ボストンテリアとフレンチブルドッグの違いとして被毛のカラーもあげられます。ボストンテリアはタキシードを着た紳士といわれるように「ホワイト」と「ブラック」の被毛カラーです、フレンチブルドッグは「クリーム」「ブリンドル」「フォーン」の3種のカラーです。

 

3. 性格

ボストンテリアは落ち着きがあり「紳士」という愛称がぴったりな性格の犬種ですが、フレンチブルドッグの場合は甘えん坊で好奇心旺盛な性格をしています。

ボストンテリアよりもフレンチブルドッグの方が人馴れしやすいといえますね。

 

ポイントを抑えて、しっかり見分けよう

ボストンテリア

 

ボストンテリアとフレンチブルドッグは違う犬種なので違いがあるのは当然ですが、よく似ていることは確かです。ボストンテリアとフレンチブルドッグのどちらかを家に迎えようとする人は、間違えないように「耳の形」と「被毛のカラー」をよく見てくださいね。