ボストンテリアの飼い方、しつけや多頭飼いで気をつけることは?

「タキシードを着た紳士」と比喩されるボストンテリアはの飼い方は何に気をつけたら良いのでしょうか。特に「しつけ」や「多頭飼い」に関して注意するべきことは知っておきたい飼い主さんも多いはずです。

この記事ではボストンテリアの飼い方について、しつけと多頭飼いについてまとめています。

 

ボストンテリアの飼い方は?

ボストンテリア

ボストンテリアの飼育は室内飼いが理想です。短頭種で暑さに弱く「熱射病」になりやすい弱点がありますので、気温調節ができる室内の方が適しています。また、飼い主や家族との触れ合いないとストレスを溜めこんでしまうことも、室内飼いが適している理由です。

 

ボストンテリアの飼い方、しつけは?

ボストンテリア

しつけのポイント

  • 褒める
  • 叱るタイミングに気をつける
  • 無駄吠えをさせない

ボストンテリアは賢くて学習能力も高いので、しつけで飼い主を困らせることも少ないです。しつける時は「褒める」「叱るタイミングに気をつける」「無駄吠えをさせない」ことが重要なポイントですよ。

 

褒める

基本的には叱らずに褒めるスタンスでしつけてください。ほめながら、できるようになるまでじっくりしつけてあげると、問題なく学習してくれますよ。

 

叱るタイミングに気をつける

しかし、時には叱ることも必要です。「周りの人に迷惑をかけた」「他の生き物に噛み付いた」「危険なところへ飛び出した」など、再発してはいけないことに関しては叱ることで恐怖心を覚えさせたほうが効果的なのです。

ただ、「名前を呼ばないこと」と「現行犯で叱ること」が大切です。名前を呼びながら叱ってしまうと、名前を呼ばれること自体に恐怖心を覚えてしまいます。また、犬は30分以上前のことを叱っても理解できません。叱る際は必ず現行犯で注意するようにしてくださいね。

 

無駄吠えをさせない

「再発してはいけないこと」の中で、最も多く起こるのが無駄吠えです。マンションや住宅街では近所迷惑になってしまうので、無駄吠えをしないようにしつけることは大切ですよね。

無駄吠えをしつける際は端的に叱るか、空き缶などの激しい音がなるものを床などに落として驚かせる「天罰法」がおすすめですよ。

しつけを守ったらしっかりとほめてあげることも忘れないでくださいね。

 

ボストンテリアの飼い方、多頭飼いは?

ボストンテリア

「タキシードを着た紳士」ともいわれるボストンテリアは温厚な性格をしているので、多頭飼いにも適しています。

注意点として、初対面の犬に対しては攻撃的になる一面があります。他の犬と同居させる場合は少しずつ慣れさせる気遣いが大切ですよ。

小型犬とはいえケンカを始めたら手を付けられなくなります。怪我にも繋がりますよ。

 

初心者の方でも多頭飼いしやすい犬

ボストンテリア

ボストンテリアは多くの運動量を必要としませんし、被毛の手入れも手間がかからないので飼育しやすい犬です。

賢くてしつけやすく、多頭飼育も難しくない「タキシードを着た紳士」は、犬の多頭飼いを考えている初心者の方にもおすすめできる犬種ですよ。