キャットフードの与えるタイミングは?一食あたりの量は?

猫を飼う上で食事は一番大切ともいえる要素ですよね。どれくらいの量をどのタイミングで与えればいいのか悩んでいる人もいると思います。

この記事では、キャットフードを愛猫に与えるタイミングや1食あたりの量についてまとめました。

 

キャットフードを与えるタイミングは?

キャットフード

与え始めるタイミング

  • 生後3~4週間

完全離乳

  • 生後7~8週間

子猫は生後3~4週間で離乳期に入ります。

離乳期になると食べ物に興味を示すようになるので、少しずつキャットフードに慣れさせていきます。初めは母乳をメインにしつつ、ぬるま湯でふやかして柔らかくしたフードを少量ずつ与えます。

6週以前の完全離乳は栄養失調の原因になることがあるので、栄養面に気を付けながら少しずつフードの量を増やしていき、7~8週頃の完全離乳がおすすめですよ。

 

1日にキャットフードを与える回数は?

shutterstock_157795844

1日に与える回数

  • 生後2~3ヶ月:1日4回
  • 生後4~6ヶ月:1日3回
  • 成猫:1日2回
  • 老猫:1日3~4回

成長期の猫はたくさんのカロリーを必要としています。しかし、胃袋も小さく消化器官も発達しきっていないため、食事は数回に分けてあげる必要があります。生後2~3ヶ月では「1日4回」、4~6か月では「1日3回」が目安ですよ。

成猫になれば1度に食べられる量が増えるので、「1日2回」程度が適量です。老猫になると食事量が減ってきます。良質で栄養バランスの取れた食事を、1日3~4回に分けて少しずつあげてくださいね。

 

回数が多いとどうなる?

食事の回数を増やしすぎてしまうち、常に胃の中にフードが入っている状態になります。胃腸が休まる時間が少なくなるためよくありません。

また、空腹時の尿は酸性ですが、満腹時にはアルカリ性になります。アルカリ性の尿は「尿路結石」のリスクを高めるますので、回数は増やし過ぎない方がいいですよ。

 

回数が少ないとどうなる?

逆に1日1回など回数を少なくすることも良くありません。猫は出されたものはすべて食べようとする習性があります。

1回でたくさん食べると消化に負担がかかりますし、嘔吐の回数が増えますよ。また、脂肪として蓄積されやすくなるため肥満防止のためにも、適切な回数を守ったほうがいいですよ。

 

愛猫にキャットフードをあげる、1食あたりの量は?

キャットフード

 

1日の必要カロリー

  • 成猫:適正体重×80kcal
  • 成長期:適正体重×240kcal

1日あたりの必要量は適正体重×80kcalです。2か月くらいの成長期の猫は成猫の約3倍のカロリーが必要だといえますので、適正体重×240kcalほど必要な計算です。

例えば3kgの成猫の場合、1日あたり240kcal必要です。1日2回に分けてあげることを考えると1食あたり120kcalとなりますね。また、生後2か月の子猫(体重1kg)の場合、1日あたり約240kcal必要なので、4回に分けてあげると1食あたり60kcalとなります。

上記の例を「カナガンキャットフード」に置き換えてみると、適正体重3kgの成猫は1食あたり30gで1日60g、2ヶ月の子猫は1食15gで1日同じく60gが適正量となります。

 

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

愛猫に合わせたフード選びを

ペルシャ猫

いかがでしたか。キャットフードの種類や愛猫の年齢に応じて適正量は異なりますので注意してくださいね。

キャットフードは年齢や体重に合わせて適切に与えることが大切ですよ。