人気の熱帯魚「古代魚」とは?種類別の習性、価格まとめ!

古代魚とは古生代から絶滅せずに現在まで生き残っている魚類のことで、「生きた化石」ともいわれます。

飼育は普通の熱帯魚よりも大変なことが多いですが、一部のアクアリスト達に愛され続けていますよ。この記事ではよく飼育されている古代魚からあまり個人での飼育には向かない古代魚まで7種を紹介します。

古代魚7種

  • 1. シルバーアロワナ
  • 2. スポッテッドガー
  • 3. ポリプテルスセネガルス
  • 4. プロトプテルス
  • 5. ブラックゴースト
  • 6. バタフライフィッシュ
  • 7. ピラルクー

人気の熱帯魚「古代魚」とは?

古代魚

古代魚とは古生代(約5億年前)から中生代(約6000万年前)から現在まで、絶滅することなく生き残った魚の総称で「生きた化石」ともいわれています。「シーラカンス」が一番有名でしょうか。約6500万年前に絶滅したとされていましたが、1938年に南アフリカで発見されました。

古代魚の多くは「大型」で「肉食」の魚です。飼育には120cm以上の大型水槽や、濾過能力の高い濾過装置が必要ですよ。あっという間に大きく成長するので、飼育は一般的な熱帯魚よりも大変だといえます。

 

古代魚1. 「シルバーアロワナ」

シルバーアロワナ
名前シルバーアロワナ
体長100cm
販売価格2000円

アロワナの中でもシルバーアロワナはメジャーな種で、2000円ほどで購入できます。アロワナは種によって価格差が激しい古代魚で、「過背金龍」「アジアアロワナのアルビノ」など100~1000万円以上の値がつくアロワナもいますよ。

設備や餌代にお金がかかりますよ。成長が早く水槽を大きいサイズに取り替えていく必要があります。最終的には180cm以上の水槽が必要です。

また大食漢なので餌代が1ヶ月に1万円ほどかかります。活きた「虫」や「魚」「カエル」を食べますよ。性格的に他の熱帯魚との混泳には向きません。

 

古代魚2. 「スポテッドガー」

スポッテッドガー
名前スポッテッドガー
体長60cm
販売価格2000円

スポッテッドガーは穏やかな性格をしている古代魚です。「同種同士」や「遊泳層の異なる熱帯魚」「口に入らないサイズの熱帯魚」であれば混泳可能ですよ。

「口呼吸」なので、飼育の際には水面と蓋の間に15cm程の空間を開けてあげてくださいね。また骨格が硬いので、狭い水槽だと体を曲げられません。

 

古代魚3. 「ポリプテルス セネガルス」

ポリプテルス アイ
名前ポリプテルスセネガルス
体長20~30cm
販売価格1000円

ポリプテルスセネガルスは穏やかな性格の持ち主です。同じく性格の穏やかな、遊泳層が異なる熱帯魚であれば混泳可能ですよ。

よくホームセンターで見かけるため入手しやすい古代魚です。水槽から飛び出すことがあるので、蓋はしっかり閉めてあげます。30cmほどに成長しますので、水槽は90cm以上を用意してくださいね。

 

古代魚4. 「プロトプテルス」

プロトプテルス 肺魚
名前プロトプテルス
体長40cm
販売価格1~2万円

プロトプテルスは肺を持つ「肺魚」の一種です。性格が荒く、他の熱帯魚を混泳させるとかじられてしまいます。噛む力が強いので、深い傷を負ってしまいます。

水質の悪化に敏感なので、濾過システムをカスタマイズして強化することをおすすめします。また、こまめな水換えが必要です。

肺呼吸のため、水面と蓋の間に隙間を開けておくことも忘れないでください。熱帯魚初心者の方にはかなり飼育ハードルが高いといえます。

 

古代魚5. 「ブラックゴースト」

出典:https://www.otsuka-nettaigyo.com
名前ブラックゴースト
体長20cm
販売価格1000円

ブラックゴーストは目がほとんどみえず、微弱な電磁波を発しています。単頭飼育がおすすめで、同族同士の混泳でも、電磁波がぶつかり合ってケンカをしてしまうことが多いです。また、夜間に他の熱帯魚を捕食してしまいます。

他の熱帯魚ではあまりない特徴的な泳ぎ方をします。60cm水槽でも飼育することができますが、「水質」「水温」変化には弱く、「白点病」にもかかりやすいため注意が必要です。

 

古代魚6. 「バタフライフイッシュ」

バタフライフィッシュ
名前バタフライフィッシュ
体長15cm
販売価格1000~2000円

バタフライフィッシュは縄張り主張が強い古代魚なので、同族の混泳にもむきません。遊泳層の違うおとなしい魚となら混泳は可能です。

単頭飼育であれば、成長しても小さいので比較的飼育しやすい古代魚です。独特な形をしたヒレで、飛ぶように水面の餌を取るため飛び出し事故が多いですよ。

 

古代魚7. 「ピラルクー」

ピラルク
名前ピラルクー
体長200~300cm
販売価格1万円

ピラルクーは世界最大の淡水魚といわれ、中には4~5mまで成長することもあります。温和な性格で口に入らないサイズの魚であれば混泳は向いていますが、個人が飼うにはハードルが高い古代魚です。

水槽は幅5m以上の特注サイズを用意する必要がありますが、水を入れると「15トン」近くになります。普通の家では床が抜けてしまうので、家の工事が必要ですよ。

飼いきれなくなって川に逃がしてしまう飼い主さんが問題になっていますので、飼育には覚悟が必要です。

 

中には飼いやすい古代魚も

shutterstock_145193812

形から生態まで他の熱帯魚では、あまり見られない特徴を持つ古代魚ですが、設備さえ整えば飼育難易度はそれほどまで難しくはありません。ブラックゴーストやバタフライフィッシュは比較的飼育しやすい種類なので初心者の方にもおすすめですよ。