ポメラニアンの年齢毎の体重や注意点、餌の内容や量は?

ポメラニアンは愛らしい見た目で、安定した人気を誇る犬種です。この記事ではそんなポメラニアンの年齢毎の大きさや餌の量、飼育の注意点についてまとめました。

 

ポメラニアンの体重を管理する方法は?

ポメラニアン オレンジ

ポイント

  • 餌の量を決める
  • 餌のあげ方を工夫する
  • 散歩や運動をする

餌の量を決める

ポメラニアンの体重を管理するにあたって最も重要なのが、摂取カロリー量のコントロールです。「年齢における餌の目安」や「体重をもとに餌の量を算出する方法」を以下の項目で詳しくまとめています。

 

餌のあげ方を工夫する

離乳期は1日に4回、成犬時は1日に2回など、餌は複数回に分けて与えるのが望ましいです。長時間の空腹はストレスにつながり、ドッグフードの食べつきが悪くなったり体調を崩したりする原因にもなります。

食べつきが悪い時は、ドッグフードをお湯で温めたり、ドッグフード用のふりかけを使用するのもおすすめですよ。

 

散歩や運動をする

散歩や運動などで消費カロリー量を増やすのも、体重管理においては重要なポイントです。適度な運動は筋肉量や基礎代謝のアップにもつながり、やせやすく太りやすい体をつくることができますよ。

ご飯を食べてからすぐの運動は胃拡張・胃捻転のリスクを高めるので、食後30分間は激しい運動は控えましょう。2時間ほど経過した後が理想的です。

 

ポメラニアンの年齢別の餌の量の目安は?

ポメラニアン クリーム

給餌量の目安

  • 生後3ヶ月:50~70g
  • 生後4ヶ月:70~80g
  • 生後5ヶ月:85~90g
  • 生後6ヶ月:60~90g

生後6ヶ月までの離乳期は、上の給餌量の目安をもとにドッグフードを3~4回に分けて与えます。胃腸への負担をやわらげるため、ドッグフードをぬるま湯などでふやかしてから与えるのも効果的です。

6ヶ月以降は、体重とドッグフードのカロリーをもとに与える量を算出します。与えているドッグフードに目安量が書かれている場合は、それを参考に給餌量を決定します。

ただあくまでも目安ですので、運動量が多い場合ややせ気味・肥満気味の場合など犬の状態によって細かく調整してあげる必要がありますよ。

 

ポメラニアンの餌の量を体重から計算する方法は?

ポメラニアン ホワイト

1日あたりに必要なカロリーの公式

  • 体重×50~150kcal

体重から餌の量を算出する場合、「体重×50~150kcal」の計算で各体重における必要な摂取カロリー量が求められます。

例えば体重3kgのポメラニアンの場合、必要な摂取カロリー量は150~450kcalです。

これはおやつなども含めた1日の必要カロリーですので注意してくださいね。この数値を目安に、運動量が多い場合は増やす、肥満気味の場合は少なくするなど調整して与えてください。

犬にとって適切な給餌量であるかは、「うんちの状態」で確かめます。ほどよく硬くてしっかりとしたうんちを基準に、柔らかい場合は食事量が多い、硬い場合は食事量が少ないと判断することができます。

 

 

ポメラニアンの餌の選び方は?

ポメラニアン ウルフセーブル

穀物不使用がいい?

値段が安いドッグフードには、製造コスト削減のために低価格な「穀物」を使用しているものが多くあります。

しかし犬は本来肉食動物のため、穀物を消化する機能を持っていません。消化できない穀物を摂取し続けるとどんどん体に蓄積され、「消化器官への負担」「皮膚アレルギー」などを起こす原因になることがあります。

愛犬の健康を考えれば、穀物を使用していない「グレインフリー」のドッグフードを与えることが望ましいです。

 

国産と海外産どちらがいい?

国産のドッグフードの特徴は、まず値段が安いことがあげられます。ペットフード製造の歴史が浅いこともあり、品質の良くない素材を使っている場合が多いです。香味料などを使って日本の犬に合った味付けを施していることもあります。

それに対し外国産のフードは、味付けや風味よりも自然の素材を使用することにこだわっているものが多いです。技術面においても日本より優れており、高い品質のまま安全さを確保することを追求しています。

犬の健康と安全の観点から、外国産のフードがおすすめです。ただ輸入などの関係から値段が国産のものより高価であったり、場合によっては聞きなれない保存料が使用されていたりする点には注意が必要です。

 

ポメラニアンの餌のあげ方は?

ポメラニアン ブラック

決まった量の餌をあげる

上の計算式やドッグフードに掲載されている目安量を参考に、適切な給餌量を複数回に分けて与えてください。

年齢や体重の変化によって餌の量を変える場合、いきなり変えるのではなく1週間ほどかけてゆっくりと調節してあげてくださいね。急な変化は犬の体に悪影響なので注意してください。

 

あげてはいけない食べ物に注意

ネギ類・ブドウ・アボカドなど、人間が食べられるものでも犬に与えてしまうと危険な食べ物があります。

知らず知らずに愛犬に与えてしまい体調を崩してしまった、ということも起こり得ますので、あげてはいけない食べ物の種類と理由は覚えておいた方が良いですね。

 

餌を食べないのはなぜ?

餌に苦手なものが入っている、餌に飽きてしまっている場合などに食べつきが悪くなることがあります。

餌を食べなくなったからといってすぐに違うフードに切り替えるのは、あまりおすすめしません。「ドッグフードを食べなければ美味しいものが食べられる」と勘違いしてしまい、わがままな子になってしまいます。

ほかにも、餌の食べつきが悪い原因として「老化」「病気の可能性」が考えられます。食べつきの悪さに加えて体に異常がみられるのであれば、すぐに動物病院に連れていってください。

 

子犬のポメラニアン、大きさや餌の注意点は?

ポメラニアン

 

子犬の大きさ

  • 体重:1~2kg

おすすめのドッグフード

  • カナガン
  • 子犬用のドライフード

子犬のポメラニアンの大きさは体重が1~2kgほどです。餌は子犬時に歯の生え変わるので「子犬用のドライフード」もしくは「カナガン」がおすすめです。

大きさに個体差があるので餌の適量を一概に言うのは難しいですが、便の状態で判断することができますよ。柔らかければ与えた量が「多い」、硬ければ「少ない」ということになります。便の状態を参考に、餌の適量を探ってみてくださいね。

食事回数は一度に多く与えすぎないようにするために、1日3~4回が適切です。おすすめのドッグフードである「カナガン」は艶のある毛並みを作るための動物性タンパク質を豊富に含み、またグルコサミンやコンドロイチンを含有しているので、どの年齢のポメラニアンに適していますよ。

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

注意点

成長期のダイエットや痩せすぎは体の成長に悪影響を及ぼすので、「少し太り気味な体重を維持」することが実は大切ですよ。また、子犬時は特に好奇心が旺盛なのでタバコなどの「誤食」にも気をつけてくださいね。

 

成犬時のポメラニアン、大きさや餌の注意点は?

ポメラニアン 

成犬の大きさ

  • 体高:18~22cm
  • 体重:1.5~3.0kg

おすすめのドッグフード

  • カナガン
  • 小型犬・成犬用のフード

ポメラニアンの成犬時の大きさは体長が18~22cm体重が1.5~3.0kgほどです。大きさに個体差はありますが「1歳時の体重がベスト体重」といわれています。1歳のポメラニアンを愛犬としてお持ちの方は体重を注意して観察しておくことをおすすめしますよ。

餌は1日2回を目安に与えてください。

 

注意点

肥満は膝蓋骨脱臼や様々な疾患の原因になるので、便の状態を引き続き確認しながら適正体重を維持するように注意してくださいね。おやつは食べにくい少し大きめの塊にしてあげることがおすすめです。

時間をかけて食べるため、食べすぎの防止になりますよ。

 

老犬時のポメラニアン、大きさや餌の注意点は?

ポメラニアン_顔

老犬の大きさ

  • 体高:18~22cm
  • 体重:1.5~3.0kg

おすすめのドッグフード

  • 老犬用のフード

ポメラニアンは「7歳前後」でシニア期を迎えて老犬となりますが、平均寿命が12~16歳なので、シニア期は他の犬種よりも長いです。

大きさや体重は成犬時と変わりませんが「疲れやすい」「食欲が落ちる」「五感が鈍る」などの衰えがみられます。

「老化のサイン」なのでフードは低カロリーの老犬用ペットフードを与えてください。1回の食事量は減らしてあげたほうがいいです。子犬期と同じくらいの1日3~4回で様子をみてください。

 

注意点

老犬になって歯やあごが弱ってくると固いものが食べにくくなるので、ドライタイプのフードは「お湯でふやかす」などの工夫が必要です。

また「気管虚脱」や「水頭症」などポメラニアンがかかりやすい病気や、「糖尿病」には注意が必要です。

 

ポメラニアンの餌の管理は子犬期から必要!

ポメラニアン_たぬきカット

ポメラニアンは健康的な犬種ですが、年齢にあった食事を与え飼育環境を整えることが大切です。子犬期についた脂肪細胞は生涯なくなることはありません。様々な病気の原因になる肥満を防ぐためには子犬期からの食事コントロールが大切といえます。

また、老犬期が他の犬種より長いこともポメラニアンの特徴です。愛犬を病気から守る、飼い主さんの心遣いが特に大切な犬種といえますね。