キャットフードに含まれる主な添加物一覧と購入時の確認ポイントは?

キャットフードはスーパーやホームセンターなどでも手軽に購入できますが、中には猫の体に悪影響な食材が使用されているものもありますよ。

この記事ではキャットフードに含まれる添加物や、その確認ポイントをまとめました。何を買えばいいのか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

キャットフードに含まれる添加物一覧!

キャットフード

キャットフードの添加物

  • 家禽ミール・ミートミール
  • 香料
  • 保存剤
  • 着色剤
  • 酸化防止剤

キャットフードには添加物が含まれています。「家禽ミール」や「ミートミール」「香料」「保存剤」「着色剤」「酸化防止剤」などです。

それぞれ含まれている理由と愛猫の体に悪影響を与えてしまう点を紹介します。

 

家禽ミール、ミートミール

肉類の副産物として家禽ミール、やミートミール、肉粉などが含まれているキャットフードは多いです。これらは動物の「内臓」や「血液」「骨」などの、人間の食用には使用できない部分が使われていることがあります。

栄養価が低い動物性タンパク質なので消化・吸収しにくい成分ですよ。酷い場合は事故で亡くなってしまった野生動物や、病気や障害を患った動物の肉が使用されていることもありますよ。

通販などで値段が安すぎるキャットフードを見かけたことがありませんか。ほとんどの場合「家禽ミール」でかさ増しされて販売している劣悪なキャットフードです。

キャットフードを選ぶときは必ずパッケージをチェックして、「肉類」などの曖昧な記載だけではなく「チキン」や「牛肉」などはっきりと記載されているフードを選ぶようにしてくださいね。

 

香料

香料はキャットフードの匂いを強めて、猫の食欲を刺激するために使用されています。「ドライタイプ」のキャットフードによく使用されていますよ。フードを乾燥させているためにおいが少ないからです。

香料自体は猫の体によい成分ではありませんので、気になる方は香料の含有が少ない「ウェットタイプ」のキャットフードか、無香料のフードを選ぶことがおすすめですよ。

 

保存剤、着色料、酸化防止剤

保存剤は「防腐剤」ともよばれ、キャットフードの腐敗を防ぐ目的で使用されています。保存剤を混ぜることで、フードの長期保存や容量が多い袋での販売を可能にしています。

着色料は「赤色2号」や「青色1号」などと記載されている人工的に色を付けるための成分です。着色料を使用する目的は猫のためではなく、人間の見栄えのためです。猫は食べ物を「色」ではなく「匂い」で判断するので、着色剤は食欲と関係ないのです。

酸化防止剤には人間の食品に使うことを禁止されている成分も含まれています。当然猫にも悪影響を及ぼしますよ。フードは水分が多いほど酸化しやすいので、「ウェットタイプ」のキャットフードにはよく使われています。

「保存剤」「着色料」「酸化防止剤」は長期保存や見た目の良さには重要ですが、癌やアレルギーを発生させる原因や、皮膚病など病気の原因にもなる有害な成分なのです。

 

キャットフードに含まれる添加物、確認方法は?

キャットフード

キャットフードのパッケージの成分表には、使用している原料や添加物などを全て記載することが法律で義務付けられています。

含まれている量が多いものから順番に記載されているので、成分表を確認してから購入してくださいね。公式ホームページにキャットフードの詳しい成分表を載せているメーカーもありますよ。

 

無添加キャットフードの値段が「標準」!

キャットフード

猫は体が小さいので、人間よりも添加物の影響を体に受けやすい動物です。その点「無添加」のキャットフードは、猫の健康を一番に考えて作られているので安心なフードといえます。

値段が少し高いですが、無添加キャットフードの値段を「標準」と捉えてください。安いキャットフードには添加物が含まれていると考えて良いからです。

愛猫に健康で長生きしてもらうためにも、高品質な原料を使用しているキャットフードを与えてくださいね。