ラブラドールレトリバーの飼い方!性格や特徴、しつけや寿命は?

ラブラドールレトリバーは、世界でも飼育頭数が多い人気犬種です。愛らしい顔立ちと穏やかで知的な性格のため、飼育しやすいことが人気の秘密となっていますよ。しかし小型犬と異なり、大型犬ならではの苦労もでてきます。

今回の記事では、ラブラドールレトリバーの性格や特徴、しつけのコツなどをまとめました。

 

ラブラドールレトリバーの歴史

ラブラドールレトリバー
ラブラドールレトリーバーは、カナダのニューファンドランド島やラブラドール半島で泳ぎの上手な水猟犬として活躍していた犬です。19世紀にイギリス渡った後は、優秀な鳥猟犬として知られるようになりました。

ラブラドールレトリーバーの歴史について、詳しくはこちらの記事で紹介していますよ。

 

ラブラドールレトリバーの特徴

ラブラドールレトリバー

 

大きさ

ラブラドールレトリバーの平均的な大きさは、オスが体重30~35kg、体高60cm前後です。一方でメスは体重25~30kg、体高55cm前後です。

一般的にメスと比べると、オスは体が一回り大きい場合が多いです。

 

毛色、毛質

ラブラドールレトリバーの毛色についてはブラック、チョコ、イエローが認められています。また、イエローは薄いクリームから黄色っぽいゴールデンもあるため、色の種類がが豊富ですよ。

ラブラドールレトリバーの毛質は、短毛ですが、ダブルコートで抜け毛が多いため、日頃のブラッシングが重要です。

 

泳ぎが得意!

もともと、水中の回収犬として活躍していたことから、水が好きで自分から飛び込むことも多いようです。

ラブラドールレトリバーの特徴について、詳しくはこちらの記事で紹介していますよ。

 

ラブラドールレトリバーの性格は?

ラブラドールレトリバー
 

イングリッシュタイプ

イングリッシュタイプのラブラドールレトリバーは、もともと品評会に参加していたこともあり、比較的大人しい性格をしていますよ。

 

オーストラリアンタイプ

オーストラリアンタイプは、陽気でフレンドリー、温厚な性格をしています。

 

アメリカンタイプ

アメリカンタイプは作業犬として活躍してきました。そのため活動的で、神経質な性格を持っています。

 

毛色で性格が違う?共通の性格は?

ブラックやチョコのラブラドールレトリバーは、イエローの毛色と比べるとより活動的だと言われていますよ。

一方で、イエローのラブラドールレトリバーは大人しい性格が多いようです。
一般的に盲導犬として活躍するラブラドールレトリバーはイエローが多いと言われています。

共通する性格の特徴として、ラブラドールレトリバーは優しくおだやかで、子どもや他の動物とも仲良くなれる飼いやすい性格をしています。学習能力の高さから、介助犬や盲導犬として多く活躍しています。性格がおだやかなので、残念ながら番犬には向いていません。

優しく穏やかな反面、元気いっぱいで遊び好きの一面もあり、一緒にいて飽きることがありません。ラブラドールは他の犬種と比べて短毛でブラッシングも楽なので、いろいろな意味で飼いやすい家庭犬だといえますね。

 

盲導犬として

ラブラドールレトリバー
フレンドリーな性格と、適切な体つきをしているラブラドールレトリバーは、数ある犬種の中で最も盲導犬に向いている犬種といわれていますよ。
 

F1レトリーバー

「F1レトリーバー」というゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーを掛け合わせて生まれた犬種がいます。

盲導犬や介助犬としての能力を引き出すことを目的として掛け合わせられた、改良品種ですよ。

 

ラブラドールレトリーバーの飼い方

shutterstock_227790529

 

手入れ・散歩

ラブラドールレトリバーは短毛ですが、ダブルコートなので、換毛期には抜け毛が多くなりますよ。

基本的には週一回程度のブラッシングで大丈夫ですが、抜け毛が多い時期は、抜け毛が残らないようブラッシングの頻度を上げて手入れしてあげましょう。

散歩については、体も大きく運動量を必要とするため、1日1時間を目安に散歩をしてあげると良いでしょう。

 

ラブラドールレトリバーのしつけのコツは?

ラブラドールは性格の良い犬種ですが、やんちゃな面もあるのでしつけはとても大切です。頭がいい犬種だけに、吠えたときにかまうと「吠えると飼い主が遊んでくれるんだ!」とすぐに学習してしまうので注意が必要です。愛情をたくさん注ぎながらも、しっかりと上下関係を犬に覚えさせることが大切です。

 

ラブラドールレトリバーのしつけにおすすめのトレーニングは?

「ごはんは犬より人間が先にする」「散歩のときは飼い主に合わせさせる」など、基本的なしつけをしっかりと行うことが大切ですよ。パワーのある犬なので、噛み癖がついてしまうと大変です。噛んできたときには、体を抑え込んで低い声で注意をすると効果的です。

人間が好きな犬種なので、叱ってばかりだといじけてしまいます。指示を聞いてくれたら思いきり誉めてあげることで素敵な家庭犬に育っていきますよ。

 

ラブラドールレトリバーの健康

ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバーは、人と一緒に過ごすことが好きな性格なので、放置されると精神的な健康を保てない可能性がありますよ。ぜひ、触れ合う時間を確保してあげると良いでしょう。

また、ラブラドールレトリバーは食欲が旺盛なことが多いので、あげるエサの量をしっかりと調節して肥満を予防してあげるようにしましょう。

 

ライフステージごとの健康管理

子犬期は、一番の成長期です。
特に0~1歳まではすごい勢いで成長しますので、必要な栄養素をきちんと採れるドッグフードを選んであげるとよいでしょう。小さな時期からしつけをしておいた方が覚えも早いので、意識していきましょう。

成犬期は、体も成熟し、元気を持て余している時期といえます。運動量とふれあう時間をしっかりと確保し、ストレスをため込まないように気を付けましょう。シニアに近づくにつれ落ち着きや穏やかさが増していくので、家族の一員としての存在感が増してくる時期でもありますよ。

老犬期は、活動量が少なくなり、代謝も下がってくるため、肥満になりやすい時期です。与えるエサの量に注意してあげてくださいね。また、病気にもかかりやすい年齢になってくるので、日頃から様子を確認してあげましょう。

 

ラブラドールレトリバーの気を付けたい病気や寿命は?

shutterstock_302231330

ラブラドールレトリバーの平均的な寿命は10~15歳と言われています。

またかかりやすい病気には、股関節形成不全、悪性腫瘍、白内障、胃捻転、外耳炎などがありますよ。

ラブラドールレトリバーの寿命や気を付けたい病気について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

ラブラドールレトリーバーを飼うには

ラブラドール

 

価格/値段

ラブラドールレトリバーの子犬の価格は、20万円前後です。

子犬の価格や、飼育にかかる費用について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

子犬のチェックポイント

子犬を飼う前に、種類や血統、体調などチェックすべきポイントがあります。

こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

保護犬の里親になる

ラブラドールレトリバーを飼うために、里親になるという手段もあります。

ネット上はもちろん、動物病院や役所などで保護犬の里親を募集していることもあります。
保護犬の中から気になる子がいる場合は、連絡を取ってみると良いでしょう。ただし、保護犬はその過去が不明なことが多く、居場所を無くしたために保護されていることがほとんどです。しっかりとその点を考慮した上で里親になる判断をしましょう。

 

ブリーダーから迎える

血統や感染病が気になる場合は、ブリーダー経由だと比較的安心でしょう。

また、ペットショップなどの仲介業者を介さない場合は、より安価に入手できることもありますよ。

 

ラブラドールレトリバーにおすすめのドッグフードは?

カナガンドッグフード

ラブラドールレトリバーにおすすめのドッグフードは「カナガンドッグフード」です。

カナガンはグレインフリーのドッグフードです。合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

原材料には、人間の食事と同じ品質水準のものを使っています。最高品質のドッグフードですよ。

粒はドーナツ型になっているので噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありません。

子犬からシニア犬まで対応していますよ。

 

ラブラドールレトリバーにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

ラブラドールレトリバーのしつけにおすすめのトレーニングは?

shutterstock_84776050
ラブラドールレトリバーは物をくわえて持ってくるのが得意なので、ボールなどを運ばせる「もってこい」のトレーニングを覚えさせてくださいね。うまくできたらしっかり誉めてあげることがポイントです。トレーニングがうまく行けば、新聞を持ってきてくれたり、物を運んでくれたりするようになりますよ。

物を加えるのが好きな習性は、ときに何でもすぐに口にいれてしまうという悪い癖につながってしまうことがあります。くわえてもいいものとダメなものをしっかりと判別させるようにしてくださいね。

ラブラドールレトリバーの種類や選び方はこちらの記事です。

ラブラドールレトリバーの販売価格や餌代などはこちらの記事です。