熱帯魚の濾過装置「底面フィルター」の仕組みやおすすめは?

安価に手に入る上に、高い濾過能力を持つ底面フィルター。初心者からプロまで多くの方が使っているフィルターの1つです。

この記事では底面フィルターの仕組みや、向いている熱帯魚、おすすめの商品についてまとめました。

 

濾過装置、底面フィルターの仕組みは?

出典:http://mori-room.com

底面フィルターの仕組みは単純です。水槽の底に底面フィルターを敷きその上に底砂を乗せます。底砂が「濾材」の役割を果たすのでポンプで底砂からフィルターへ水を通すだけで濾過できます。

また、バクテリアが住み着きやすい環境が広範囲に整っていて「生物濾過能力」が高いですよ。バクテリアは通水性のよい場所に発生しやすく、底面フィルターの場合は底砂全体の通水性がよくなるからです。

「外部式フィルター」や「上部式フィルター」と違って「吸水口」があるわけではないので、稚魚や稚エビがフィルター内に吸い込まれてしまうこともありませんよ。

 

注意点

注意点は2つあります。まず、底砂の粒が細かすぎると「目詰まり」を起こしてしまいます。「大磯」など粒が大きめな砂利を使用してくださいね。

また、底砂の下にフィルターを設置するので、メンテナンスの際には水槽の中身を全て出す必要があります。日頃の掃除でどうしても本体の掃除をしないといけない場合も、同様に水槽内のセットを全て取り出す必要があります。

 

底面フィルターがおすすめな熱帯魚は?

ビーシュリンプ アイ

向く熱帯魚

  • 稚魚
  • ビーシュリンプ
  • ミナミヌマエビ

底面フィルターには吸水口がないので、「稚魚」の育成や「繁殖用の水槽」に向いている濾過装置です。また「ビーシュリンプ」「ミナミヌマエビ」などのエビの飼育にも向いていますよ。

エビは水質の変化に大変敏感なため生物濾過能力の高い底面フィルターがむいているのです。

 

向かない状況

一方、「水草水槽」にはあまり向きません。水草の根がフィルターに絡まると大変ですし、フィルターの掃除の際に水草を全て抜かなければならないからです。

また、金魚のような「糞」の多い魚の飼育にも向いていません。生物濾過の能力は高いのですが、物理濾過の能力は弱いため、水槽内に糞が溜まってしまいます。

 

おすすめの底面フィルターは?

おすすめの底面フィルターはコトブキの「ボトムインフィルター」です。ボックスタイプで底面内側への底砂の流入を防ぐので、目詰りしにくいフィルターですよ。

また「拡散パイプ」があるため、エアーストーンを使わずエアーホースを直結させることもできます。水の循環が全面的に均等で循環率が高いこともおすすめのポイントです。

Amazonで商品を確認

 

日頃のメンテナンスには、水作のプロホースがおすすめですよ。砂利を吸い込まずに底砂内のゴミをきれいに抜き出すことができます。

Amazonで商品を確認

 

多くのアクアリウムで活躍!

底面式フィルター

底面フィルターは安価にも関わらず、生物濾過能力が「外部フィルター」にひけを取りません。

金魚の水槽や水草水槽にはむきませんが、多くのアクアリウムで活躍する水槽といえます。