シーズーの年齢ごとの大きさは?おすすめドッグフードや餌の注意点は?

高度成長期に「ヨークシャーテリア」「ポメラニアン」と並んで座敷犬御三家のひとつに数えられるほど、日本で大人気の犬種、シーズー。この記事ではシーズーの年齢ごとの大きさと餌の内容や量についてまとめました。

 

子犬のシーズーの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

シーズー 

子犬の大きさ

  • 体重:5kg
  • 体高:20~28cm

おすすめのドッグフード

  • カナガンドッグフード

シーズーの子犬は、生後6~7ヶ月頃で体重約5kg体高20~28cmほどに成長して成犬と変わらない大きさになります。

この時期におすすめのドッグフードはイギリスで生まれた「カナガンドッグフード」ですよ。グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードで、犬の体に害のある原料をできるかぎり取り除いた無添加フードです。

新鮮なチキンの香りで食いつきが良いだけでなく、フードが小粒なので小型犬のシーズーでも食べやすいですよ。愛用している飼い主さんも多いです。頻度は1日3回75~120gずつを目安に与えるようにしてくださいね。

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

注意点

子犬期のシーズーには餌を食べさせすぎないことが大切です。餌を与えすぎると肥満になって様々な病気になったり、体重の増加に骨の成長が追い付かずに膝や腰に負担をかけることにつながってしまいます。

 

成犬のシーズーの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

シーズー 

成犬の大きさ

  • 体重:5~7kg
  • 体高:23~27cm

おすすめのドッグフード

  • カナガンドッグフード

成犬のシーズーの大きさは体重5~7㎏体高が23~27㎝ほどになります。

ドッグフードは子犬期の頃に与えていた「カナガンドッグフード」をそのまま与えるのが一番です。全てのライフステージの犬シーズーが安心して食べることができますよ。頻度は1日2回、80~150gを目安に与えてくださいね。

 

老犬のシーズーの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

シーズー

 

老犬の大きさ

  • 体重:5kg
  • 体重:23~27cm

おすすめのドッグフード

  • カナガンドッグフード

老犬のシーズーの大きさは成犬と変わりません。餌も「カナガンドッグフード」がおすすめですが、運動量と基礎代謝が低下するので成犬と同じ量を食べさせるとすぐに肥満になってしまいますよ。75~120gほどの量を目安に与えるようにしてくださいね。

頻度は1日3~4回がおすすめですが、愛犬の体調に合わせて調節してあげてくださいね。

 

食事量と適正体重の見極めが肝心!

シーズー アイ

シーズーは小型犬なので生涯を通じてあまり体重に差は出ませんが、ライフステージに合わせて食餌の量を変える必要があります。

肥満は気管虚脱の原因にもなるだけでなく心臓にも負担をかけることになるので、食事量だけでなく愛犬の適正体重を把握することが大切ですよ。

 

シーズーのブリーダーさんをお探しの方へ

シーズー

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のシーズーのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のシーズーの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。シーズーは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在シーズーの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

シーズーについて、もっと詳しく知りたい方はこちら