キャットフードにはどんな種類がある?選ぶ基準は?与える量は?

現在ペットショップやインターネット通販サイトでは多種多様なキャットフードが売られていますよね。キャットフードにはどのような種類があり、どう違うのかを知っておくと便利ですよ。

この記事ではキャットフードの種類や選ぶ基準、与える量についてまとめました。

 

キャットフードの種類は?ドライ、ウェットタイプ?

キャットフード

 

含まれる「水分量」によって、キャットフードの種類は分かれます。中でも主流なのは、水分含有量10%以下の「ドライタイプ」、水分含有量75%以上の「ウェットタイプ」の2種類です。

 

ドライタイプの特徴

ドライタイプは水分量が13%を超えると「カビ」が生えてしまいます。栄養バランスが良くて固いのが特徴で、歯周病予防にもなりますよ。

水分が少ないのでドライフードを与える際には、横にお水を用意してあげてくださいね。開封後からは酸化が始まるため、大袋を購入した場合は小分けにして密封保存するなどの注意が必要です。

 

ウェットタイプの特徴

ウェットタイプには、魚のにおいや肉の食感が残っているので、グルメな猫にとっては満足度が高いフードといえます。味の種類が多いので嗜好性の高い猫におすすめですよ。

水分摂取が苦手な猫ならウェットタイプの食事から水分を補給することもできます。一食分が少ないため、鮮度が常に保たれますが、価格はドライタイプに比べて割高です。

また、歯石がつきやすく、食べかすが口臭の原因にもなります。

 

キャットフードの種類、選ぶ基準は?

キャットフード

 

選ぶ基準

  • 肥満対策
  • 毛玉対策
  • 尿路疾患対策

キャットフードの選び方はいくつかありますが、「肥満」「毛玉」「尿路疾患」対策に選ぶ方が多いです。

 

肥満対策におすすめなキャットフード

愛猫の肥満に悩む飼い主さんは多いですよね。肥満は心臓や足・関節への負担がかかり、病気発症のリスクが高まります。

「ドライフード」では「ロイヤルカナン FCN ライト」がおすすめです。食物繊維とオオバコを多く含むことで、美味しさを損なうことなくカロリーを抑えることができますよ。

また「ウェットフード」では「サイエンスダイエット」の成猫・肥満猫用がおすすめです。食物繊維を増やしてあるので、空腹感を感じずにダイエットができます。

 

Amazonでロイヤルカナンを確認

Amazonでサイエンスダイエットを確認

 

毛玉対策におすすめなキャットフード

「毛球症」という病気があります。毛づくろいをした際に飲み込んだ毛が体内で毛玉となり、「便秘」や「食欲低下」を引き起こす病気です。

「毛玉対策」のフードで毛球症を予防することができますよ。食物繊維が体内の毛の排泄を助けてくれます。

ドライフードでは「ユーカヌバ 1歳~6歳用 キャット 毛玉ケア用」、ウェットフードでは「サイエンスダイエット ヘアボールコントロール缶」がおすすめです。

 

Amazonでユーカヌバを確認する

Amazonでサイエンスダイエットを確認する

 

尿路疾患対策におすすめなキャットフード

尿結石が尿道につまったり膀胱を傷つけたりする尿路疾患は、すべての猫種がかかりやすい病気です。発症すると3日で死亡する重篤なケースもありますよ。

対策のためにおすすめなのはドライフードであれば「ロイヤルカナン pHコントロール オルファクトリー」です。病院で薦められることが多いフードですよ。

ウェットフードであれば「フォルツァ10キャットフード アクティウェット ウリナリーアクティブ」がおすすめですよ。そのまま与えるだけでなく、角切り、山盛りなど、形を変えて与えると、食いつきが良くなります。

 

Amazonでロイヤルカナンを確認する

Amazonでフォルツァを確認する

 

キャットフードの種類、与える量は違う?

キャットフード

 

フードのカロリー(100gあたり)

  • 成猫用:471.8kcal
  • 肥満対策用:378.1kcal
  • 毛玉対策用:371kcal
  • 尿路疾患対策用:347kcal

 

年齢にもよりますが、猫が1日に必要な摂取カロリーは、猫の体重×80kcalほどです。

「一般的な成猫用」「肥満対策用」「毛玉対策用」「尿路疾患対策用」の100gあたりのカロリーをまとめた上表を参考に、愛猫に1日何gの量を与えればいいか計算してみてくださいね。

 

健康にも気を使ってフード選びを

アメリカンショートヘア_

おいしいだけではなく、愛猫の健康を考えてキャットフードを選ぶ飼い主さんも多いですよね。フードの特徴を知っておくと、飼い猫の体調の変化に速やかに対応することができて安心ですよ。