キャットフードにはどんな種類がある?選ぶ基準は?与える量は?

現在ペットショップやインターネット通販サイトでは多種多様なキャットフードが売られていますよね。キャットフードにはどのような種類があり、どう違うのかを知っておくと便利ですよ。

この記事ではキャットフードの種類や選ぶ基準、与える量についてまとめました。

 

キャットフードの種類は?ドライ、ウェットタイプ?半生タイプ?

キャットフード

キャットフードの種類は、含まれる「水分量」によって分かれます。中でも主流なのは、水分含有量10%以下の「ドライタイプ」、水分含有量75%以上の「ウェットタイプ」の2種類です。

ドライタイプとウェットタイプの中間的な位置づけのフードとして、「セミモイストタイプ」もありますよ。

 

ドライタイプの特徴

ドライタイプは水分量が少ないので、しっかりと密閉管理すれば長期保存しやすいのが特徴です。栄養バランスが良く硬めの食感なので、あごを鍛えたり歯石を取り除いたりすることができますよ。

乾燥しているため、ドライフードを与える際は横にお水を用意してあげてくださいね。開封後からは酸化が始まるため、大袋を購入した場合は小分けにして密封保存するなどの注意が必要です。

 

ウェットタイプの特徴

ウェットタイプには、魚のにおいや肉の食感が残っているので、グルメな猫にとっては満足度が高いフードといえます。味の種類が多いので嗜好性の高い猫におすすめですよ。

水分摂取が苦手な猫ならウェットタイプの食事から水分を補給することもできます。一食分ごとの梱包になっているため鮮度が常に保たれますが、価格はドライタイプに比べて割高です。

また、歯石がつきやすく、食べかすが口臭の原因にもなります。開封後は長期保存ができません。

 

セミモイストタイプの特徴

水分量が25~40%程度の、柔らかいものをセミモイストタイプといいます。

ドライ・ウェットそれぞれの特徴をあわせ持つフードで、食いつきがよく比較的長い間保存することも可能ですよ。食欲の落ちている猫やドライフードが苦手な猫、ご褒美・おやつとしての利用に適しています。

ただ「半生状態」であるため、最近繁殖や腐敗を防ぐ添加物が含まれているものが多いです。。このタイプを与える際には成分表示を確認し、危険な添加物が含まれていないものを選びたいですね。

 

キャットフードの種類、選ぶ基準は?

キャットフード

 

選ぶ基準

  • 総合栄養食
  • グレインフリー
  • 肥満対策
  • 毛玉対策
  • 尿路疾患対策

キャットフードの選び方はいくつかありますが、愛猫の健康のために「総合栄養食であるか」「グレインフリーであるか」を意識して選ぶことが重要なポイントです。

また現在の愛犬の健康状態にあわせて、「肥満」「毛玉」「尿路疾患」対策に有効なフードを選ぶ飼い主さんが多いですよ。

 

総合栄養食であるかそうでないか

「総合栄養食」とは、猫に必要な栄養素が全てバランスよく含まれているフードのことをいいます。そのフードと水だけで猫のすこやかな成長と健康を維持できるのが特徴です。

猫にとって効率的なバランスを考慮して製造されているので、毎日の主食として与えるフードは総合栄養食のものをおすすめしますよ。

 

グレインフリーであるかどうか

「グレインフリー」とは穀物を一切使用していないフードのことをいいます。

猫は本来肉食動物のため、穀物に含まれる「植物性タンパク質」を分解する機能を持っていません。しかし一般的な廉価のキャットフードは、コスト削減のために穀物を使用しているものが多くあります。

消化できない穀物は体にどんどん蓄積されアレルギーや病気を引き起こす原因にもなるので、穀物は猫に与えるべきではない原材料です。フードの原材料表に穀物が書かれていない、グレインフリーのものを選んであげてくださいね。

 

肥満対策におすすめなキャットフード

愛猫の肥満に悩む飼い主さんは多いですよね。肥満は心臓や足・関節への負担がかかり、病気発症のリスクが高まります。

「ドライフード」では「ロイヤルカナン FCN ライト」がおすすめです。食物繊維とオオバコを多く含むことで、美味しさを損なうことなくカロリーを抑えることができますよ。

また「ウェットフード」では「サイエンスダイエット」の成猫・肥満猫用がおすすめです。食物繊維を増やしてあるので、空腹感を感じずにダイエットができます。

Amazonでロイヤルカナンを確認

Amazonでサイエンスダイエットを確認

 

毛玉対策におすすめなキャットフード

「毛球症」という病気があります。毛づくろいをした際に飲み込んだ毛が体内で毛玉となり、「便秘」や「食欲低下」を引き起こす病気です。

「毛玉対策」のフードで毛球症を予防することができますよ。食物繊維が体内の毛の排泄を助けてくれます。

ドライフードでは「ユーカヌバ 1歳~6歳用 キャット 毛玉ケア用」、ウェットフードでは「サイエンスダイエット ヘアボールコントロール缶」がおすすめです。

Amazonでユーカヌバを確認する

Amazonでサイエンスダイエットを確認する

 

尿路疾患対策におすすめなキャットフード

尿結石が尿道につまったり膀胱を傷つけたりする尿路疾患は、すべての猫種がかかりやすい病気です。発症すると3日で死亡する重篤なケースもありますよ。

対策のためにおすすめなのはドライフードであれば「ロイヤルカナン pHコントロール オルファクトリー」です。病院で薦められることが多いフードですよ。

ウェットフードであれば「フォルツァ10キャットフード アクティウェット ウリナリーアクティブ」がおすすめですよ。そのまま与えるだけでなく、角切り、山盛りなど、形を変えて与えると、食いつきが良くなります。

Amazonでロイヤルカナンを確認する

Amazonでフォルツァを確認する

 

キャットフードの種類、与える量は違う?

キャットフード

 

フードのカロリー(100gあたり)

  • 成猫用:471.8kcal
  • 肥満対策用:378.1kcal
  • 毛玉対策用:371kcal
  • 尿路疾患対策用:347kcal

年齢にもよりますが、猫が1日に必要な摂取カロリーは、猫の体重×80kcalほどです。

「一般的な成猫用」「肥満対策用」「毛玉対策用」「尿路疾患対策用」の100gあたりのカロリーをまとめた上表を参考に、愛猫に1日何gの量を与えればいいか計算してみてくださいね。

 

健康にも気を使ってフード選びを

アメリカンショートヘア_

おいしいだけではなく、愛猫の健康を考えてキャットフードを選ぶ飼い主さんも多いですよね。フードの特徴を知っておくと、飼い猫の体調の変化に速やかに対応することができて安心ですよ。

本記事作成にあたり、参考にしたサイト
  • http://xn--t8j4aa4n8hye9ai1i6fzl.com/
  • http://www.eco-block.com/
  • https://petr.jp/
  • http://www.nisshin-pet.co.jp/
  • http://www.aixia.jp/