ドッグフードに含まれる注意したい添加物、愛犬への影響は?購入時の注意点は?

健康志向が高まって、自分の愛犬が食べるドッグフードの成分が気になる飼い主さんも増えてきています。

店頭にずらりと並んだドッグフードをみて、はっきりとした知識から愛犬のために最適な商品を選べていますか。

この記事ではドッグフード選びのひとつの指標になる「添加物」について、愛犬への影響や購入時の注意点をまとめました。

 

ドッグフードに含まれる添加物は?

ドッグフード

 

添加物一覧

  • BHA・BHT・エトキシキン
  • プロピレングリコール
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • グリシリジン・アンモニエート
  • 没食子酸プロピル
  • 着色料
  • 合成調味料

「ペットフード安全法」によって、ドッグフードに使われるすべての原材料には「表示」が義務付けられています。飼い主さんはまずドッグフードのパッケージに記載されている「原材料」を確認してみてください。

細かくびっしりと書かれているフードもあれば、法律の範囲内でおおまかに書かれているフードもあります。単に「添加物」と表記されているだけのフードもあるので、詳しく添加物の種類と愛犬の体への影響を紹介しますね。

 

BHA・BHT・エトキシニン

ドッグフードを長持ちさせるための保存料・酸化防止剤として使われる添加物です。BHAとBHTは、元々ガソリンの酸化防止剤として作られた物質です。エトキシニンは除草剤や害虫駆除などの農薬にも使われていますよ。

ドッグフードには欠かせない成分といえますが、愛犬にとっては発がん性が高い物質です。

 

プロピレングリコール

主に「ウェットタイプ」のドッグフードの保湿や制菌のために使用されています。同じく発がん性があります。

 

亜硝酸ナトリウム

フードに含まれるお肉を鮮やかなピンク色に保つ効果があります。

胃の中でアミノ酸と反応を起こし「ニトロソアミン」という発がん性物質に変化してしまいます。

 

ソルビン酸カリウム

防腐剤として使われます。

天然成分ですが大量に摂取すると「発育不良」や「肝臓障害」が起きる可能性があります。

 

グリシリジン・アンモニエート

ドッグフードの食いつきを良くするための甘味料として使われます。

安全性が確認されていない添加物で、人間の食料にはまず使われません。

 

没食子酸プロピル

酸化防止剤として使われます。肝臓障害が起きる可能性があります。

 

着色料

「赤色3号」「赤色102号」「赤色105号」「赤色40号」「青色2号」などがあります。赤色系と「青色2号」には発がん性があることで有名です。

加えて赤色102号には「じんましん」や「貧血」が、赤色105号には「発育不良」「肝臓障害」「肝臓障害」が認められています。

 

合成調味料

ドッグフードの食いつきを良くするために使われますが、調味料の成分が不明です。安全性が確保されているとはいえません。

 

ドッグフードの添加物、購入時の注意点は?

ドッグフード

上記であげた添加物はどれも愛犬の健康に影響をあたえますが、安価で長期保存可能なドッグフードを作るためには必要な成分なのです。

ただ、ペットフード安全法が世界のペットフードに関する法律よりも規制が緩いことは確かです。愛犬の健康を考えた「ローズマリー抽出物」や「ビタミンE」など天然素材の酸化防止剤が使われたドッグフードを、できるだけ選びたいものですが、日本ではフードの値段が高価になってしまう現状です。

 

無添加で安心のフードを

ドッグフード

危険とされる添加物はこの記事で紹介したものがほとんどです。ドッグフードはなるべく同じものを与え続けることが良いとされています。老犬期に添加物の多いフードを食べさせるのは少し不安ですよね。

少し効果でも「カナガン」や「オリジナルドッグフード」など愛犬の健康に最大限配慮してあるフードを選ぶことが大切ですよ。

愛犬のフードを決定するみなさんがドッグフードを選ぶときには、添加物の含有量に気をつけてくださいね。