アビシニアンの種類はブルーが人気?フォーンやルディは?

アビシニアンには4種類の被毛カラーがあり、どの毛色も魅力的ですが最近では特にアビシニアンブルーが人気を集めています。この記事ではアビシニアンの代表カラー4種について紹介しているので、子猫を選ぶときの参考にしてくださいね。

 

アビシニアンの被毛種類まとめ

アビシニアン 

被毛カラー

  • フォーン
  • ルディ
  • レッド
  • アビシニアンブルー

アビシニアンには「フォーン」「ルディ」「レッド」「アビシニアンブルー」の4つの被毛カラーがあります。全ての毛色に共通する特徴として「ティッキング」があります。

ティッキングとは1本1本の毛に2~3色の色帯が入っていて、グラデーションになっている毛色のことを指します。健康的な被毛は半透明で美しく輝いており目を奪われるほどですよ。

光加減や身のこなしにより深いグラデーションが現れ、グラデーションが深ければ深いほど繊細で美しい毛並みとされています。

 

フォーン

アビシニアン 

フォーンは暖かみのあるベージュを下地に、薄いココアブラウンのティッキングが入ります。レッドの希釈色なのでマーキングカラー不鮮明ですが、気品のある容姿をしていますよ。

 

ルディ

アビシニアン

目の下のクレオパトララインが特徴的なルディは、アビシニアンの代表色で最も多いカラーです。イギリスに紹介された当初は「ラビット・キャット」と呼ばれたこともありました。

淡いオレンジブラウンの下地に黒いティッキングが入ります。耳としっぽは黒で、足指のパッドは暗いブラウンです。アビシニアンの持つエジプトイメージは、クレアパトララインに由来しています。「黄金の被毛を持つ猫」として伝えられている原種のアビシニアンに最も近い毛色がルディです。

 

レッド

アビシニアン 

レッドはソレルアビシニアンとも呼ばれます。暖かみのあるアプリコットベージュの下地に、レッドブラウンのティッキングが入ります。足指のパッドは暖かみのある薄ピンクです。

 

人気NO.1「アビシニアンブルー」とは?

アビシニアン 

アビシニアンブルーは暖かみのあるブルーの下地に、灰色味のストレートブルーのティッキングが入ります。下毛と前脚の内側から腹にかけては暖かいベージュで、耳としっぽはしっとりとしたスチール・ブルー、足指のパッドは暗色です。全体的に灰青色なため、神秘的な印象を醸し出していますよ。

 

人気の理由

素材

アビシニアンブルーは、あいのり出身の大人気ブロガー「桃」が飼いはじめるなど、近年人気急上昇中のカラーです。様々あるカラーの中でもクールな配色が特に神秘的な印象を与えることが人気の理由とされています。

性格は愛情深いアビシニアンですので、神秘な見た目でもコミュニケーションが大好きという「ギャップ」に惹かれる人も多いですよ。また、ブルーは希少種で他のカラーよりも数が少ないことも人気に拍車をかけています。

 

オンリーワン・アビシニアンを見つけよう!

アビシニアン 

アビシニアンの代表的な被毛カラーは4色ですがティッキングの出方は様々なので、顔の印象もそれぞれ違います。色々な子を見比べて、お気に入りのカラーとティッキングを持つ子をみつけてくださいね。