マルチーズの年齢ごとの大きさは?餌の内容や量は?

マルチーズは純白の被毛が美しく、従順で甘えん坊な性格をしていることから常に安定した人気がある犬種です。

飼い主に対して愛情深いので甘やかしてしまいがちですが、適切な餌の量と頻度を守り健康的に育ててあげることが飼い主さんの役割です。

この記事ではマルチーズの年齢ごとの大きさ、餌の内容や量をまとめています。

 

マルチーズの子犬、大きさや餌の注意点は?

マルチーズ 

子犬の大きさ

  • 体高:11~13cm
  • 体重:0.7~1.2kg

おすすめのドッグフード

  • 子犬用フード
  • マルチーズ専用フード

子犬のマルチーズの大きさは体高が11~13cm体重が0.7~1.2kgほどです。餌はカロリーが高く、成長期の子犬に合うように開発された子犬用フードがおすすめです。

「マルチーズの特徴である美しい被毛も同時に保ちたい!」という方には「マルチーズ専用フード」がよりおすすめですよ。必要な栄養素が配合されていることはもちろんですが、アミノ酸量が調整されていて適切な「メラニン色素」を保つことができます。

この時期は離乳したばかりでたくさんは食べられないので1日3~4回に分け、お湯でふやかして柔らかくしてから与えてください。生後六ヶ月頃から、ペットフードをふやかす水分量を調節して徐々にドライフードへ移行するようにします。

 

注意点

生後3~4ヶ月の成長期には「食事制限」は厳禁です。後の健康状態に影響を及ぼしてしまうからです。この時期は多少太り気味でも問題ないので、餌は欲しがるだけ食べさせることが大切ですよ。

 

マルチーズの成犬、大きさや餌の注意点は?

マルチーズ 

成犬の大きさ

  • 体高:23~25cm
  • 体重:2~3kg

おすすめのドッグフード

  • 成犬用フード

生後8ヶ月になると「成犬」となり、平均体高は23~25cm、体重は2~3kgほどです。この時期の子犬用フードはカロリー過多で肥満になりやすいので、成犬用フードがベストの選択といえますよ。

餌は1日2回を基本に、適宜おやつを与えます。ただ、おやつのカロリーも1日摂取カロリー内に含まれることも忘れないでくださいね。

 

注意点

ペットフードを成犬用に切り替える場合は全てを一度に取り替えると食いつきが悪くなることがあります。少しずつ新しいフードを混ぜて、徐々になれさせてあげてください。

 

マルチーズの老犬、大きさや餌の注意点は?

マルチーズ

 

老犬の大きさ

  • 体高:23~25cm
  • 体重:2~3kg

おすすめのドッグフード

  • 高齢犬用フード

マルチーズは7歳を過ぎると老犬になります。平均体高は23~25cm体重は2~3kgです。運動量が減って代謝も下がるので、「高タンパク低カロリー」な高齢犬用フードがやはりおすすめです。

食は成犬に比べて細くなりますが、必要な栄養素は摂取する必要があります。

 

注意点

体の老化に伴い消化機能が衰えてくるので、消化の良いペットフードを与えるようにします。もし高齢犬用のペットフードも食べれないようであれば、栄養価の高い子犬用でも代用は利きますよ。

 

成長に合わせたペットフード選びが大切

マルチーズ_人間

マルチーズに限ったことではありませんが、生涯を健康で過ごすためには子犬の頃から栄養バランスのとれた餌を与えることが大切です。また、匂いに敏感な犬種なので新鮮なフードを食べさせてあげることも忘れないでくださいね。