猫のキャットフード、日本における法整備は発展途上?海外の状況は?

店頭にはさまざまなキャットフードが並んでいます。愛猫が毎日食べるものですし、出来るだけ安全なキャットフードを選んであげたいですよね。

人間用の食品は「食品安全基本法」や「食品衛生法」などの法律で安全が守られていますが、キャットフードについても安全性を確保する法律はあるのでしょうか。

この記事では猫のキャットフードに関する法整備、海外の状況についてまとめました。

 

キャットフードに関する日本の法律は?

キャットフード

キャットフードの法律

  • ペットフード安全法

日本では最近まで、キャットフードを規制する法律がありませんでした。そのため、猫の健康に害を及ぼす物質がいくら入っていようと認可されていた状況なのです。

2007年にアメリカで、有害な「メラミン」という物質が混入したペットフードによりたくさんのペットが死亡するという事件が起こりました。

この事件をきっかけに、2009年に日本で「愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」が施行されました。

ペットフード安全法では、国が「製造基準」「表示基準」「成分規格」を設定し、有害な物質を含むペットフードの製造・輸入・販売を禁止しています。少し不安が残る規制ではありますが、以前よりも多くの情報を得られるようになりました。

 

キャットフードの法設備、海外と日本の違いは?

キャットフード

日本の「ペットフード安全法」では原材料の全表示を定めていますが、原料の「原産国」までは記載されません。また「BHA」「BHT」「エトキシキン」などの添加物に関しても上限値が設定されているものの、完全に禁止というわけではありません。

また「肉類」「ミートミール」「副産物」など曖昧に記載されているものは、毛やくちばし、蹄などの肉以外の部位も含まれていることがあります。

 

ドイツの法設備

「ドイツ」をはじめとしたペット先進国では、ペットに関する法整備が進んでいます。たとえばキャットフードの製造に関して、人の食品と同じ品質(ヒューマングレード)のものを使用しなければなりません。動物の肉も部位ごとに使用してはいけないものや熱処理の基準まで規定されています。

 

アメリカの法設備

アメリカでも「AAFCO(米国飼料検査官協会)」「FAD(食品医薬品局)」を中心に農務省や州レベルでキャットフードに関するチェックが行われています。

AAFCOでは毎年更新される栄養素基準を各州に提示しており、日本もフード製造の際に参考にしていますよ。

 

キャットフードの法設備、日本は発展途上?

キャットフード 猫

日本は欧米に比べるとペットとの歴史が浅く、法律的に言えばペットは「モノ」として扱われているのが現状です。上記のペットフードに関する法律も最近になってやっと施行されましたが、不完全な部分もありまだまだ発展途上といえます。

ヨーロッパでは以前から動物の権利が尊重されていて、猫が幸せに暮らすための法整備が進んでいるのです。日本には約1000万匹の猫が飼われていますので、早急にキャットフードの安全性を保つことが大切だといえますよね。

 

正しい知識で品質の良いフードを

キャットフード 猫

キャットフードの品質は健康や寿命にも影響する大切なことです。最終的に購入し愛猫の食べるものを決定するのは飼い主なので、正しい知識で品質の良いものを選んであげてください。

裏側の原料表示などにも注目してみてくださいね。