ドッグフード選びで気をつけたい食事アレルギー!症状と発症時の対策は?

犬の食事アレルギーはドッグフードを食べた時にも起こりますよ。ドッグフードに含まれている原料が関係しています。この記事ではドッグフードに含まれる、アレルギーを引き起こす原料やその症状、発症時の対策についてまとめました。

 

ドッグフード選びで気をつけたい食事アレルギー、原因は?

ドッグフード

アレルギーを引き起こす原材料

  • 穀類
  • 乳製品
  • 鶏卵

ドッグフードに含まれ原料の中でアレルギーを発現しやすいのは「穀類」「乳製品」「鶏卵」です。中でも特に危険度が高いのは「大豆」や「小麦」などの穀類ですよ。

穀類は犬の体によくないので使用していないドッグフード(グレインフリー)も存在しますが、値段が高いです。市販されている多くのドッグフードには「かさ増し」目的で穀物が使用されていますよ。

愛犬の体のことを考えれば、少し割高でもグレインフリーのドッグフードを与えることをおすすめします。

 

アレルギーの症状は?

ドッグフード

症状

  • かゆがる
  • フケがでる
  • 抜け毛が多い
  • 下痢・嘔吐
  • 指間・肉球を執拗に舐める

食事アレルギーの症状は「掻痒感」という体がムズ痒くなる症状が現れます。「皮膚炎」や「嘔吐・下痢」に発展してしまうこともあります。

また、片側もしくは両側の「外耳炎」を発症するケースも報告されています。

 

ドッグフードでアレルギーが発症、対策は?

ドッグフード

対策

  • 低アレルギーフードに替える

与えているドッグフードで愛犬がアレルギーを発症してしまった場合、ドッグフードを変えてあげることが大切です。アレルギーは過敏反応によって起こるので、「低アレルギー」のドッグフードを与えることで症状はおさまるはずですよ。

例えば穀物がアレルギーの原因(アレルゲン)であれば、グレインフリーのドッグフードがおすすめです。「カナガン」は中でも有名です。世界中で愛されているグレインフリーのドッグフードですよ。

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

アレルギーを予防する方法は?

ドッグフード 素材

予防法

  • 血液検査でアレルゲンを特定
  • アレルゲンが含まれないフードを選ぶ

最近では動物病院で「リンパ球反応検査(血液検査)」をすることで、犬のアレルゲンを特定することができます。以前に比べて精度が高くなっているので、愛犬のためにも受けさせることをおすすめしますよ。

アレルゲンが特定できたら、そのアレルゲンが入っていないドッグフードを選ぶことでアレルギーを予防できます。原材料はドッグフードの袋の裏に記載されているので確認してくださいね。

 

アレルギーに対応したドッグフードの選び方は?

ドッグフード

ドッグフードを選ぶのは、飼い主さんです。犬の健康のために、ドッグフード選びは慎重に行いたいものですね。

ここではアレルギーを起こさないための上手なドッグフードの選び方について紹介しています。

 

肉の種類で選ぶ

低アレルギーの肉

  • 魚肉
  • 鹿肉
  • ラム肉(羊肉)
  • 高品質な肉

犬にとって比較的低アレルギーとされる肉は、魚肉・鹿肉・ラム肉などといわれています。アレルギーが気になる場合は、これらの肉が主原料のドッグフードを選ぶと良いですよ。

また新鮮で高品質の肉を選ぶことも大切です。一般的な肉であっても、肉副産物やミートミールなどの粗悪な原材料を含まないフードであればアレルギーが起こる可能性は低いです。

 

グレインフリーを選ぶ

グレインフリーとは、「原材料に穀物を一切使用していない」ということです。穀物といえば小麦や大麦、とうもろこしなどが挙げられますが、実は犬にとっては粗悪な原材料といえます。

犬はもともと肉食動物のため、穀物に含まれる植物性タンパク質を消化する構造を持っていません。消化できない穀物を与え続けると体にどんどん蓄積され、アレルギーや病気の原因になってしまう可能性があります。

犬の特性を考えると、グレインフリーのドッグフードを選んであげたいですね。

 

無添加を選ぶ

主な添加物の名称

  • BHA
  • BHT
  • エトキシキン
  • プロピレングリコール

市販の廉価なドッグフードには、保存期間の延長や嗜好性を高めるために保存料・着色料・香料などの人工添加物が使われているものが多いです。

飼い主さんにとっては嬉しいことばかりのように思えますが、犬にとって添加物は害にほかなりません。体に蓄積され、アレルギーや重大な病気を引き起こす原因にもなります。

愛犬の健康のために、可能な限り無添加のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

食事アレルギーは飼い主の注意で予防ができる!

ドッグフード

ペット犬の食事は飼い主さんに委ねられています。愛犬がどんなアレルギーを持っているのかを知っていなければ、体が拒否する食事を無理矢理与えることにもつながりかねません。

食事アレルギーは病気ではありませんので、愛犬のことをしっかり理解してあげてくださいね。

本記事作成にあたり、参考にしたサイト
  • https://www.pochi.co.jp/
  • http://www.schenk-photos.ch/
  • http://www.dogfood-pedia.com/