ドッグフードのドライタイプとウェットタイプ、違いは?与えるときの注意点は?

市販されているドッグフードは種類が豊富で、どれを与えれば最善の選択になるのか迷ってしまいますよね。この記事ではドッグフードのドライタイプとウェットタイプの違いや、与えるときの注意点をまとめました。

 

ドッグフードのタイプ、ドライとウェットの違いは?

ドッグフード

ドライタイプの特徴

  • 安価で賞味期限が長い
  • 脱水になりやすい
  • 老犬には向かない

ウェットタイプの特徴

  • 水分量が多い
  • 柔らかくて噛む力が必要ない
  • 添加物、保存料が使用されている

ドライタイプとウェットタイプは大きく「水分量」が違います。ドライタイプは「カリカリ」ともよばれる乾燥したドッグフードで栄養素が凝縮されているので栄養バランスが良く、無添加が多いのが特徴です。

ウェットタイプは水分を約80%程度含んでいて缶詰やレトルトで売られているドッグフードです。それぞれメリットとデメリットをまとめました。

 

ドライタイプのメリット・デメリット

人間でも食べることができるヒューマングレードの物や、消化しにくい穀物を使用していない商品も数多くあります。つぶが固くて歯ごたえがあるので、顎や歯も同時に鍛えられます。歯垢の除去も兼ねることができますよ。

ウェットタイプに比べて価格も安く賞味期限も長いメリットがありますが、匂いが少ないので食いつきがイマイチというデメリットがあります。

また水分量が少ないので、ドライタイプのドッグフードは脱水を起こしやすいです。

 

ウェットタイプのメリット・デメリット

ウェットタイプは缶詰やレトルトで売られているドッグフードです。匂いが強いので嗜好性が高く、噛む力が弱い老犬でも食べやすいです。

価格が高く、添加物や保存料が多く使われていることが一般的なデメリットといえます。水分が豊富で柔らかいので、噛む力や歯が弱っている老犬などには食べやすいドッグフードですよ。

体調不良で食欲が低下している時でも食べやすいのも嬉しいですね。歯にくっつきやすく歯周病などの原因になる歯石がたまりやすいので、食後の歯磨きを忘れないようにして下さいね。

 

ドライタイプとウェットタイプ、共通点は?

素材

ドライタイプもウェットタイプも、総合栄養食のものと一般栄養食のものがあります。主食として使うのであれば総合栄養食をおすすめしますが、足りない栄養を他のもので補うことができるのであれば一般栄養食でも問題ありません。

使用されている食材をきちんと確認して、体に悪い添加物や保存料などが使われていないドッグフードを与えるようにしてくださいね。

値段や保存のしやすさ、水分量や匂いの強さなどの相違点があります。総合的に考えるとドライタイプがおすすめですが、歯磨きなどの小まめな手入れが出来ればウェットタイプでも大丈夫です。

 

ドッグフードのドライとウェット、与える時の注意点は?

素材

ドライタイプのドッグフードは「老犬」にはあまりむきません。歯が弱っているので固いものが食べにくく、噛まずに丸飲みして事故につながることも多いからです。また、ドライタイプは水分含有率が極端に少ないので、水分を十分に摂取させることも大切ですよ。

ウェットタイプは食感が柔らかく顎や歯を鍛えられないので、子犬や噛む力がある成犬には物足りないかもしれませんね。犬用のガムを用意してあげるといいですよ。

また水分が豊富に含まれているので、お腹が弱い子にもおすすめできませんし、ドライタイプに比べると脂肪分が多いので、肥満気味の子に与えるのも最小限にした方がいいです。

 

メリットとデメリットを踏まえて最善の選択を!

素材

ドライタイプもウェットタイプもそれぞれメリットとデメリットがあります。ドッグフードを選ぶうえで大切なことは、栄養バランスと有害物質を含んでいないことです。

愛犬の健康を第一に考えて、様々な種類の中から愛犬に合ったドッグフードを選んであげてくださいね。