被毛色と体格で分ける!シーズーの種類は?アメリカ系が日本に多い?

シーズーは被毛カラーが豊富な犬種です。体格でも「アメリカ系」と「ヨーロッパ系」にわけられますよ。

この記事ではシーズーの毛色の種類や体型別の種類をまとめました。

 

シーズーの種類、被毛別まとめ!

シーズー

 

基本カラー

  • ホワイト&ゴールド
  • ホワイト&ブラック

珍しいカラー

  • ソリッドカラー(単色)
  • レバー

被毛はアンダーコートとオーバーコートの2層からなっています。密集して生えているオーバーコートは引きずって歩くほど非常に長く、頭部や目・鼻などがすっぽりと隠れるほどですよ。

 

被毛色別

シーズーの被毛カラーは全ての色が認められているほど多彩です。日本では白を基調とした「ホワイト&ゴールド(白&金)」「ホワイト&ブラック(白&黒)」が人気でみかけることも多いですよね。

どちらもコントラストがハッキリしているカラーで、シャープな印象を与えます。他にもゴールドには「レッド」や「オレンジ」「マホガニー」なども含まれるので、組み合わせによって多彩な色彩が楽しめますよ。

日本でみかけることが少ないレアカラーとしては、「ソリッド(単色)」や「ホワイトを含まないパーティーカラー」「レバー」などがあります。なかでも、体色が茶色い「レバー色」の被毛をもつシーズーは、鼻の色もレバー色で珍しい外見をしています。

 

シーズーの被毛は成長とともに変化する?

シーズー

シーズーはカラーバリエーションの豊富さだけでなく、成長と共に変化する毛色も魅力です。

色が薄くなることが多いといわれますが変化の仕方はシーズーによって違うため、どのように変化するのかはわかりません。

「ホワイト&ブラック」の場合、ブラックの割合が減少してホワイトのソリッドになることもあります。成犬時のカラーは両親のカラーをみることである程度想像できますが、血統書に登録したカラーと異なるカラーになることも多いです。

もし思っていたような毛色にならなくても、可愛い愛犬である事には変わりないですから大切にしてあげてくださいね。

 

シーズーの種類、体格別まとめ

シーズー アイ

 

種類

  • アメリカ系
  • ヨーロッパ系

シーズーは体長20~30cm前後の小型犬ですが体つきによって「ヨーロッパ系」と「アメリカ系」に分類することができます。

日本にいるシーズーのほとんどは「アメリカ系」で、小柄で愛らしい見た目をしているシーズーです。

一方ヨーロッパ系は中国革命の頃に誕生したシーズーで、「ペキニーズ」から受け継いだ骨太でがっしりとした体格が特徴的です。

 

見た目でも楽しませてくれるシーズー!

シーズー 

シーズーは豊富な毛色だけでなく、成長に伴う毛色の変化でも我々を楽しませてくれます。時間をかけてお気に入りのシーズーをみつけて、シーズーとの生活を楽しんでくださいね。

シーズーのブリーダーさんをお探しの方へ

シーズー 

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のシーズーのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のシーズーの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。シーズーは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在シーズーの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。