ノルウェージャンフォレストキャット、ホワイトやヨーロッパラインの被毛が人気?

ノルウェージャンフォレストキャットという猫種をご存知ですか。知的で遊び好きな猫なので、飼い主によくなついてくれますよ。

そんなノルウェージャンフォレストキャットの毛色には様々あります。この記事では「ホワイト」や「ヨーロッパライン」など、ノルウェージャンフォレストキャットの被毛カラーについてまとめました。

 

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛カラー、種類は?

ペピ友33

被毛カラー

  • ホワイト
  • ヨーロッパライン
  • クリーム
  • ブルー
  • ホワイトソリッド

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛カラーは人気の「ホワイト」や「ヨーロッパライン」をはじめ、「クリーム」「ブルー」「ホワイトソリッド」など様々な種類が存在します。

 

人気カラー!ホワイト

猫のカラーは両親から受け継いだ遺伝子によってカラーの付き方が変わりますが、ホワイトの遺伝子は他のカラーよりも優先的に発現しやすいです。

ノルウェージャンフォレストキャットの場合はおでこから下に向かって8の字のようにホワイトが現れる「ハチ割れ」模様が多いです。顔やお腹もホワイトが出やすく、ほとんどのノルウェージャンフォレストキャットの毛色にはホワイトカラーが含まれています。

 

ヨーロッパライン

ノルウェージャンフォレストキャット

ヨーロッパラインは額から鼻先までが横から見ると直線になっていて、長方形の体で手足と尻尾が長く、首の周りと尻尾の毛が特に長いことをいいます。対照的なのがアメリカラインです。

アメリカラインは改良されて生み出されたのに対し、ヨーロッパラインは野生本来の自然な体形です。

 

クリーム

ノルウェージャンフォレストキャット

クリームは「レッドの遺伝子」が混ざって生まれるカラーです。色を薄める遺伝子の作用によってカラーの濃淡が決まるので、同じレッドの遺伝子を持っていてもレッドやクリーム、アプリコットなどカラーの濃さで変わりますよ。

クリームのノルウェージャンフォレストキャットは比較的珍しく「クリーム&ホワイト」のカラーになることが多いです。レッド系遺伝子はタビーと呼ばれる縞模様や斑点模様を伴っていることが多く、模様があるとクリームタビー&ホワイトという呼び方になります。

 

ブルー

ブルーは「ブラックの遺伝子」が混ざって生まれるカラーです。クリームと同じくブラックやブルー、シルバーなどカラーの濃さで変わり、ブルーはグレーに近い色をしています。

ブルーカラーの子猫は大人になると消えてしまう「ゴーストタビー」とよばれる縞模様を持つことが多いです。

 

ホワイトソリッド

ソリッドカラーは全身の毛が単色のカラーのことです。ホワイトソリッドは他の色と一緒に現れるホワイトとは違い、全身の毛がホワイト一色のカラーです。

ノルウェージャンフォレストキャットのソリッドカラーは珍しいです。ホワイトソリッドでブルーの目をした猫は聴覚障害を起こす可能性が高いので注意が必要です。

 

その他被毛カラー

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットには「三毛猫」もいます。レッド系とブラック系とホワイトの3色のカラーの猫で、縞模様が入っていることもあります。

3色の遺伝子と色を薄める遺伝子が混ざるとクリームとブルーになり、全体が淡いカラーになります。パステル三毛と呼ばれることもありますが、正式には「ダイリュートキャリコ」と言われ、全体的にも珍しいカラーです。

 

お気に入りのノルウェージャンフォレストキャットを

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットは多様なカラーがある猫種です。ホワイトの入り方だけでもそれぞれ違った魅力がありますよね。