ビーグルの飼い方は?性格にあったしつけ方、寿命や病気は?

誰もが知っている「スヌーピー」のモデルになった犬種ビーグル。大きな垂れ耳が特徴で、病気にかかりにくくて丈夫ということもあり、ペットとして高い人気を得ています。この記事ではビーグルの飼い方について、性格やしつけ方、寿命、かかりやすい病気をまとめました。

 

ビーグルの性格は?

ビーグル

性格

  • やんちゃで活発
  • 寂しがり屋で甘えたがり
  • 社交的で人見知りしない
  • コンパニオンドッグにも向く

 

やんちゃで活発

ビーグル 

ビーグルはかわいらしい顔立ちですが性格はスヌーピーのようにやんちゃで元気です。元々狩猟犬だった影響からか、じっとしているのが苦手でかまって欲しいとアピールをしたり、飼い主さんをどこまでも追ってみたりととにかく活発な性格です。

 

寂しがり屋で甘えたがり

ビーグル 

寂しがり屋で甘えたがりな一面も持っているので、飼い主さんのとなりにいたい欲求が常に絶えませんよ。たくさんペットと触れ合いたい方にはオススメの犬種です。ただし、無駄吠えの多い犬種でもあるので、注意が必要です。

 

社交的で人見知りしない

犬_多頭飼い-ビーグル

ビーグルは集団生活に慣れている犬種なので、飼い主さん以外の人間や他のペットに対して、とても社交的に接してくれます。散歩中に他の犬にあっても仲良く出来る性格で、知らないこどもが寄ってきても愛嬌よく振る舞ってくれますよ。

 

コンパニオンドッグにも向く

ビーグル 

とても愛情深く、協調性も高く、攻撃性も少なく、穏やかで素直な性格の持ち主なので、コンパニオンドッグとしても人気があります。

 

ビーグルの吠え癖、理由は?

ビーグル 

吠える理由

  • 運動不足
  • コミュニケーション不足
  • 元狩猟犬の名残

犬が吠えた時には大声を出して叱っていませんか。無駄吠えのしつけには効果がありますが、ビーグルの場合「無駄吠え」はほとんどしない犬種です。ビーグルが吠えるのには必ず理由があり、その多くはストレスからきています。

 

運動不足

ビーグルは運動が大好きな犬種なので、他の中型犬よりも多くの運動量が必要ですよ。何日も雨が続いて散歩に行けていないときなどに吠え出す傾向があります。

「椎間板ヘルニア」に気をつけながら、少し長めに散歩の時間を取って運動量を確保してあげてくださいね。部屋の中でも運動できる環境を整えてあげるのもおすすめです。

 

コミュニケーション不足

ビーグルは他の犬種に比べても、楽しい時間を飼い主さんと共有したい欲求が強いです。留守番で独りで静かに待っている時間が長いと、コミュニケーション不足によりストレスが溜まります。

長時間の留守番だと寂しさを募らせてしまい、自分の寂しさに気づいてもらいたくて吠えてしまうのです。ビーグルの特徴を生かすような生活をさせてあげられていないことが、吠え癖につながっているといえますね。

 

元狩猟犬の名残

ビーグルの名前の由来は、古代フランス語の「開いた喉」という単語です。ビーグルの声はよく通りますよ。加えて吠え癖がつきやすい犬種でもあります。

元々ウサギ狩りをする狩猟犬だったビーグルは、猟師に獲物の場所を吠えて知らせる必要があったのです。ビーグルの吠え声がうるさいといわれる理由は、狩猟犬として活躍していた頃からの名残でもあります。

 

ビーグルの吠え癖、落ち着きある性格にしつけられる?

ビーグル 

しつけのポイント

  • リーダーを決める
  • 運動量を増やす
  • 社会性をみがく

落ち着きのある性格にしつける際は、「リーダーを決める」「運動量を増やす」「社会性をみがく」の3つのポイントに気をつけてください。ただ大声で叱っても根本的な解決にはなりませんよ。

 

リーダーを決める

狩猟犬として集団の中で生活して飼い主さんの命令を聞いていたビーグルにとって、リーダーの存在は必要不可欠といえます。落ち着きのある性格にするためには、群れ(家族)の中で絶対的な権力を持つリーダーは「飼い主さん」であるとはっきり決めるべきです。

 

運動量を増やす

1日2回それぞれ30分以上を心がけ、運動欲求を満足させてあげてください。そのうちの1回は長めの時間(1時間程度)行うか、自転車を使った並走運動をして運動量を確保するようにします。

室内で遊ばせる時は、ヘルニアを防ぐ為に「滑らないようにマットを引く」「腰に負担がかかる階段の上り下りは避ける」ことが大切ですよ。

 

社会性をみがく

コミュニケーションが不足すると吠え癖に繋がるので、常に家の中に誰かがいるような環境での飼育が最適です。寂しがり屋な一面もあり、玄関に来客が来ただけでも疎外感を感じ寂しくなって吠えてしまうことがあるほどです。

散歩の時は公園の散歩道を通るなど、様々な人や犬と出会う機会を設けてあげます。子犬の頃から色んな人と出会うことで社会性が磨かれます。

 

ビーグルのしつけのポイントは「主従関係」

ビーグル_主従関係

ビーグルのしつけで大切なことは「飼い主さんとの主従関係をはっきりさせること」です。散歩中にリードを引っ張ることや、無駄吠えもやめさせることができますよ。そしてしつけのポイントは「大声で叱らないこと」です。

根気よく怒らずに、ダメなことはダメだと教えると理解してくれやすいですよ。なかなかしつけがスムーズにいかないと焦ってしまいがちですが、落ち着いて粘り強くしつけてあげてください。言うことを聞かない時には「無視をする」こともビーグルのしつけには有効です。

 

ビーグルの寿命や気をつけたい病気は?

ビーグル_風邪
寿命15年
病気椎間板ヘルニア、白内障、網膜萎縮

ビーグルの寿命は15年ほどです。ビーグルが長生きできる理由は他の犬に比べ病気に強く丈夫で、発病率が低いことです。また、ビーグルは人気の犬種で、診てくれる動物病院が多いことも長生きできる理由の1つですね。

丈夫なビーグルですが、当然病気になることはあります。ビーグルは「椎間板ヘルニア」や「白内障」「網膜萎縮」などの目の病気になりやすい犬種です。

普段のコミュニケーションで違和感を持ったらすぐに病院へ連れて行ってあげてください。病気ではありませんが、ビーグルは食欲旺盛な犬種のため、飼い主さんが食事のバランスをとってあげないと肥満になりやすく、肥満から糖尿病になることもあるので気をつけてあげてください。

 

ビーグルの購入を検討している人へ

ビーグル

マイペースな性格でどんどん引き込まれていくビーグル。

狩猟犬として昔から人間と関係のあったビーグルは人にも慣れやすいのですが、頑固でしつけにくい犬種でもあるので初心者の方は飼う前に性格やしつけ方など詳しくよく考えてから購入してくださいね。

ペットショップでも多く取り扱われている犬種なので、気になる方はまず実際に触れ合ってみてください。