ビーグルの飼い方は?性格にあったしつけ方、寿命や病気は?

誰もが知っているキャラクター「スヌーピー」のモデルになったビーグル。大きな垂れ耳が特徴で、病気にかかりにくくて丈夫ということもあり、ペットとして高い人気を得ています。

この記事では、ビーグルの飼い方について、性格やしつけ方、寿命、かかりやすい病気をまとめました。

 

 

ビーグルの特徴は?

犬 ビーグル 素材

体重

  • 9~11kg

体高

  • 33~41cm

ビーグルは体重9~11kg、体高33~41cm前後で、引き締まった筋肉を兼ね備えた体型をしています。ハウンド種としては最も小柄です。

丸くて大きな目に真っすぐ伸びた鼻筋、先端が角ばった口吻、長く垂れた耳、上方にピンと立ち上がりわずかにカーブしているしっぽが特徴的です。

 

ビーグルの被毛や毛色は?

犬 ビーグル 素材

被毛カラー

  • トライカラー
  • レッド&ホワイト
  • レモンカラー

ビーグルの被毛は、艶のあるオーバーコートと短くてフワフワしたアンダーコートからなるダブルコートです。

主な被毛カラーは「トライカラー」「レッド&ホワイト」「レモンカラー」ですが、レバー以外であれば許容されていますよ。胸とお腹・四肢が白で、頭部や背中に色が入りますが、しっぽの先は白くなければなりません。

スヌーピーのモデルになった犬種ですが、スヌーピーのように耳と背中にだけ黒い斑が入るパターンは珍しいといえます。

ビーグルの被毛カラーについて、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

ビーグルの歴史は?

犬 ビーグル 素材

ビーグルの起源は、15世紀頃のイギリスにおいてウサギ狩りに従事していたハウンド種だと考えられています。

1800年代中頃にパーソン・ハニーウッドがウサギ狩りに使用されていたノースカントリー・ビーグルを改良したことで現代のビーグルの基礎ができあがりました。

イギリスの小説「カンタベリー物語」では、著者チョーサーによりビーグルとされる犬が記述されていますが、物語の中では「小さなハウンド犬」と書かれています。ビーグルという名前になったのは16世紀頃のこととされていますよ。

 

アメリカにおけるビーグルの歴史

南北戦争が始まる前の時代から、アメリカ南部地域にビーグルらしき犬がいたという記述が残っています。

ただ、この頃のビーグルは現代のビーグルと比べて大柄であり、バセットハウンドやダックスフントのような外見をしていたといわれています。戦争後に多くの純血種がイギリスから輸入されたことで、現在のアメリカにおけるビーグル犬の基礎ができあがりました。

1800年代にはショードッグや猟犬としても活躍の場を広げ、1885年にAKCに公認されています。

1860年頃になるとアメリカへ輸出されるようになり、すぐに人気が急騰したのです。それ以来、アメリカンケンネルクラブでの登録数ランキングでビーグルのベスト10入りが続いていますよ。

 

日本におけるビーグルの歴史

日本にも、英系ビーグルを基にして発展した薩摩ビーグルと呼ばれる犬種がいます。

明治後半に政府の要人が外国から連れ帰った英系ビーグルやハリア、フォックスハウンドなどと薩摩犬を100年近い期間をかけて交雑することで誕生しました。

優れた猟犬として知られていますが、高齢化によるハンターやブリーダーの減少によって純粋種が激減、絶滅が危惧されています。

ハリアについて、詳しくはこちらの記事で紹介していますよ。

 

ビーグルの性格は?

ビーグル

性格

  • やんちゃで活発
  • 寂しがり屋で甘えたがり
  • 社交的で人見知りしない
  • コンパニオンドッグにも向く

 

やんちゃで活発

ビーグル 

ビーグルはかわいらしい顔立ちですが性格はスヌーピーのようにやんちゃで元気です。元々狩猟犬だった影響からか、じっとしているのが苦手でかまって欲しいとアピールをしたり、飼い主さんをどこまでも追ってみたりととにかく活発な性格です。

 

寂しがり屋で甘えたがり

ビーグル 

寂しがり屋で甘えたがりな一面も持っているので、飼い主さんのとなりにいたい欲求が常に絶えませんよ。たくさんペットと触れ合いたい方にはオススメの犬種です。ただし、無駄吠えの多い犬種でもあるので、注意が必要です。

 

社交的で人見知りしない

犬_多頭飼い-ビーグル

ビーグルは集団生活に慣れている犬種なので、飼い主さん以外の人間や他のペットに対して、とても社交的に接してくれます。散歩中に他の犬にあっても仲良く出来る性格で、知らないこどもが寄ってきても愛嬌よく振る舞ってくれますよ。

 

コンパニオンドッグにも向く

ビーグル 

とても愛情深く、協調性が高い性格です。攻撃性も少なく、穏やかで素直な性格の持ち主なので、コンパニオンドッグとしても人気があります。

 

ビーグルの飼い方は?

犬 ビーグル 素材
 

室内環境

室内で飼育する場合は、しつけをきちんと行い、安心して過ごせるようにサークルを用意してパーソナルスペースを作ってあげましょう。

また、フローリングで走ったり、ジャンプしたりすると、関節に負荷がかかり、ケガをしてしまう恐れがあります。カーペットやマットを敷いておくと良いでしょう。

 

散歩

ビーグルの散歩は目安として、1日30分程度を目安にすると良いでしょう。
活動的で、動き回ることが好きなので、散歩だけではなくドッグランやおもちゃを使って思い切り走ったり、遊ばせてあげると喜びますよ。

 

テリトリー

ビーグルは性格として、平和主義者で、飼い主にも家族にも大変愛情深いのですが、休息の場である室内で子供にしつこくされることは苦手ですよ。
そのため、子供のいる家庭では、ケージやクレートなどのテリトリーを用意するのがおすすめです。

 

におい対策

ビーグルは皮脂が多い犬種なので、体臭がキツイといわれることも多いです。

垂れ耳で雑菌が繁殖しやすいことや腸内環境の悪化なども影響しているので、「シャンプーの回数を増やす」「無添加ドッグフードへの変更」が効果的です。

散歩や手入れについて、詳しくはこちらの記事で紹介していますよ。

 

ビーグルにおすすめのドッグフードは?

オリジン アダルト

ビーグルにおすすめのドッグフードは「オリジン」です。

オリジンは穀物を使っていないグレインフリーのドッグフードです。合成添加物も使っていない、最高品質のドッグフードですよ。

主原料には「新鮮骨なし鶏肉」を使っています。動物性タンパク質の含有量が「42.2%以上(乾燥重量比)」もあります。

運動が大好きなビーグルにぴったりですよ。

ビーグルにおすすめな最高級ドッグフードについての詳しい記事はこちらです。

 

ビーグルのお手入れは?

犬 ビーグル 素材

 

ブラッシング

日頃からブラッシングを心がけて清潔を保ちましょう。
ビーグルはダブルコートで換毛期には特に抜け毛が多いので、注意が必要ですよ。

 

爪切り

爪の伸びすぎにも注意しましょう。目安としては月に一度はチェックすると良いです。
散歩などで外を歩いている場合は爪が削れていると思いますが、定期的に見てあげることが大切ですよ。

 

肛門腺絞り

こちらは月に一度程度の頻度で行うと良いでしょう。
普段体に触れていると、あまり嫌がられずに肛門腺絞りできると思いますよ。

 

耳掃除

ビーグルはたれ耳のため、耳の病気にかかりやすい犬種でもあります。
普段から意識して、耳掃除を行うようにしましょう。大体週一回の頻度で行うと良いでしょう。

 

目の手入れ

ビーグルは遺伝的に眼病にかかりやすい犬種と言われています。
目ヤニが出ている場合は丁寧にふき取ってあげましょう。また、目の濁り等の異変を感じたら、なるべく早く動物病院で診察をうけることをおすすめします。

 

歯磨き

食欲旺盛なビーグルは、歯磨きのケアを怠ると歯周病になる可能性があります。なるべく1日1回は行ってあげると良いでしょう。
歳をとっても、おいしくエサを食べてもらうために、歯磨きを習慣化してあげましょう。

 

ビーグルの子犬の注意点

犬 ビーグル 素材
子犬の時期にどれだけしつけをしっかり行えるかが大切です。
また、動き回ることが好きなので散歩やボール遊びなどをしてあげましょう。運動不足はストレスの原因になりますよ。
栄養と運動、そして睡眠のバランスが成長には欠かせません。

 

ビーグルの老犬の注意点

ビーグル 犬 素材
歳をとってくると、活発さも衰え始めます。
また関節や筋力が弱ってきて、ケガをしやすくなるので注意が必要です。

激しい運動は避けながら、適度に気分転換がてら散歩で外を歩き回らせてあげるとよいでしょう。

 

ビーグルの季節ごとの注意点

犬 ビーグル 素材

 

春は過ごしやすい季節ですが、朝晩の冷え込み、日中は気温が上がるため体への負荷も大きくなる時期です。室内で飼う場合も温度変化を意識して調節してあげると良いでしょう。

 

夏の高気温は熱中症を引き起こす可能性があります。室内外に問わず温度をしっかりと確認してあげるようにしましょう。

また気温が上がると、ビーグルはダブルコートで換毛期に入るため、抜け毛が多く出ます。
普段よりブラッシングの頻度を上げて清潔に保つようにしましょう。

 

秋は涼しくなり、過ごしやすい季節ですが、夏の間に溜まった疲れが出てくるタイミングでもあります。しっかりと睡眠をとらせて、疲れが残らないようにしてあげましょう。

また、食欲旺盛になる時期でもあるため、エサの与えすぎに注意してあげてください。

 

ダブルコートで寒さを凌ぐための毛が生えてきますが、寒さに追いついていない場合もあります。体の冷やしすぎは、体調を崩してしまう原因になってしまうのでしっかりとケアしてあげましょう。

 

ビーグルの吠え癖、理由は?

ビーグル 

吠える理由

  • 運動不足
  • コミュニケーション不足
  • 元狩猟犬の名残

犬が吠えた時には大声を出して叱っていませんか。無駄吠えのしつけには効果がありますが、ビーグルの場合「無駄吠え」はほとんどしない犬種です。ビーグルが吠えるのには必ず理由があり、その多くはストレスからきています。

 

運動不足

ビーグルは運動が大好きな犬種なので、他の中型犬よりも多くの運動量が必要ですよ。何日も雨が続いて散歩に行けていないときなどに吠え出す傾向があります。

「椎間板ヘルニア」に気をつけながら、少し長めに散歩の時間を取って運動量を確保してあげてくださいね。部屋の中でも運動できる環境を整えてあげるのもおすすめです。

 

コミュニケーション不足

ビーグルは他の犬種に比べても、楽しい時間を飼い主さんと共有したい欲求が強いです。留守番で独りで静かに待っている時間が長いと、コミュニケーション不足によりストレスが溜まります。

長時間の留守番だと寂しさを募らせてしまい、自分の寂しさに気づいてもらいたくて吠えてしまうのです。ビーグルの特徴に沿った生活をさせてあげられていないことが、吠え癖につながっているといえますね。

 

元狩猟犬の名残

ビーグルは、「開いた喉」という意味の古代フランス語が由来です。ビーグルの声はよく通り、吠え癖がつきやすい犬種でもあります。

元々ウサギ狩りをする狩猟犬だったビーグルは、猟師に獲物の場所を吠えて知らせる必要があったのです。ビーグルの吠え声がうるさいといわれる理由は、狩猟犬として活躍していた頃からの名残でもあります。

 

ビーグルの吠え癖、落ち着きある性格にしつけられる?

ビーグル 

しつけのポイント

  • リーダーを決める
  • 運動量を増やす
  • 社会性をみがく

落ち着きのある性格にしつける際は、「リーダーを決める」「運動量を増やす」「社会性をみがく」の3つのポイントに気をつけてください。ただ大声で叱っても根本的な解決にはなりませんよ。

 

リーダーを決める

狩猟犬として集団の中で生活して飼い主さんの命令を聞いていたビーグルにとって、リーダーの存在は必要不可欠といえます。落ち着きのある性格にするためには、群れ(家族)の中で絶対的な権力を持つリーダーは「飼い主さん」であるとはっきりわからせてあげることが必要ですよ。

 

運動量を増やす

1日2回それぞれ30分以上を心がけ、運動欲求を満足させてあげてください。そのうちの1回は長めの時間(1時間程度)行うか、自転車を使った並走運動をして運動量を確保するようにします。

室内で遊ばせる時は、ヘルニアを防ぐ為に「滑らないようにマットを引く」「腰に負担がかかる階段の上り下りは避ける」ことが大切ですよ。

 

社会性をみがく

コミュニケーションが不足すると吠え癖に繋がるので、常に家の中に誰かがいるような環境での飼育が最適です。寂しがり屋な一面もあり、玄関に来客が来ただけでも疎外感を感じ寂しくなって吠えてしまうことがあるほどです。

散歩の時は公園の散歩道を通るなど、様々な人や犬と出会う機会を設けてあげます。子犬の頃から色んな人と出会うことで社会性が磨かれます。

 

ビーグルのしつけのポイントは「主従関係」

ビーグル_主従関係

ビーグルのしつけで大切なことは「飼い主さんとの主従関係をはっきりさせること」です。散歩中にリードを引っ張ることや、無駄吠えもやめさせることができますよ。そしてしつけのポイントは「大声で叱らないこと」です。

根気よく怒らずに、ダメなことはダメだと教えると理解してくれやすいですよ。なかなかしつけがスムーズにいかないと焦ってしまいがちですが、落ち着いて粘り強くしつけてあげてください。言うことを聞かない時には「無視をする」こともビーグルのしつけには有効です。

 

ビーグルの叱り方

叱り方を間違えると、さらに反抗的になったり、恐怖心から近づいてこなくなったりすることもあります。

ビーグルが噛んできたら、「痛い!」と大きな声で言ってから無視をします。無視される原因が自分にあることを認識させる必要があるので、ビーグルだけを置き去りにしてその場から離れる方法も効果的です。

また、子犬のビーグルを叱るときには、大きな音を出して驚かす「天罰法」がおすすめです。悪さをしたら嫌なことが起こると犬が学ぶので、しだいに問題行動を起こさなくなりますよ。

 

ビーグルの寿命や気をつけたい病気は?

ビーグル_風邪
寿命15年
病気椎間板ヘルニア、白内障、網膜萎縮

ビーグルの寿命は15年ほどです。ビーグルは他の犬に比べ病気に強く丈夫で、発病率が低いです。また、ビーグルは人気の犬種で、診てくれる動物病院が多いことも長生きできる理由の1つですね。

丈夫なビーグルですが、当然病気になることはあります。ビーグルは「椎間板ヘルニア」などの怪我や「白内障」「網膜萎縮」などの目の病気になりやすい犬種です。

普段のコミュニケーションで違和感を持ったらすぐに病院へ連れて行ってあげてください。病気ではありませんが、ビーグルは食欲旺盛な犬種のため、飼い主さんが食事のバランスをとってあげないと肥満になりやすく、肥満から糖尿病になることもあるので気をつけてあげてください。

涙やけの原因や対策、おすすめフード・化粧水についての詳しい記事はこちらです。

犬の白内障についてくわしくはこちらです。

ビーグルのかかりやすい病気や症状について詳しくはこちらの記事で紹介していますよ。

 

ビーグルの子犬の販売価格は?

犬 ビーグル 素材

ビーグルの販売価格

  • 12~25万円

ビーグルの子犬価格は12~25万円前後です。

定番のトライカラーは12万円前後で販売されていますが、人気のレモン&ホワイトカラーは25万円を超える価格で販売されていることも少なくないですよ。

ビーグルの販売価格について、詳しくはこちらの記事で紹介していますよ。

 

ビーグルの可愛い画像は?

犬 ビーグル 素材

犬 ビーグル 素材

犬 ビーグル 素材

犬 ビーグル 素材

犬 ビーグル 素材 

犬 ビーグル 素材

その他のビーグルのかわいい写真はこちらの記事で紹介していますよ。

 

ビーグルのブリーダーさんをお探しの方へ

ビーグル
日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のビーグルのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。ビーグルは特に人気の犬種なため、日々多くの飼い主さんがブリーダーワンを訪れていますよ。現在ビーグルの飼育を検討されている方は、一度サイトを確認してみてくださいね。

ブリーダーワンのみの限定特典
特典1お祝金1万円プレゼント
特典2健康保証サービス
(引渡後30日間)
特典3獣医師によるメールでの健康相談
(子犬購入後30日間)
得点4生体保証

ビーグルを含め、中型犬の人気ランキングについて、詳しくはこちらの記事で紹介していますよ。