シェパードの飼い方、性格や種類は?子犬のしつけ方は?

シェパードは、ペットとしてだけでなく介助犬や救助犬としても活躍する優秀な犬です。賢くて頭の良い犬なので、しっかりしつけると完璧なパートナーになってくれますよ。

性格は様々なパターンが確認されていますが、「ショータイプと訓練タイプ」「オスとメス」で大きく分けることができますよ。

この記事ではシェパードの詳しい性格や種類、子犬のしつけ方をご紹介します。

 

シェパードの性格、ショータイプと訓練タイプで違う?

アナトリアン・シェパード_大人

訓練タイプの性格

  • 活発な性格

ショータイプの性格

  • おっとりとした性格

シェパードといっても「訓練タイプ」と「ショータイプ」とで性格が異なります。「訓練タイプ」の子は活発な性格が多いですが、ショータイプの子はおっとりした性格の子が多いです。ショータイプは飼い主以外に神経質な一面もみられます。

 

共通する性格は?

シェパード

共通する性格

  • 飼い主に忠実
  • 高い状況判断力
  • 冷静沈着

訓練タイプとショータイプのどちらにも共通する性格もあります。シェパードは他の犬種の中でも賢いとされており、 飼い主家族に忠実な性格です。

飼い主の心境を見抜き、吠えてはいけないことや待たなければいけないことを察するなど、高い状況判断力も持ちあわせています。冷静沈着で見知らぬ人への警戒心を怠らないので、番犬としても人気があります。

「怖い」「攻撃的」というイメージを持たれがちですが、しつけがされていればそんなことはありません。信頼関係を構築すると、穏やかで甘えん坊な一面もみせてくれますよ。猫など他の動物とも仲良くすることができます。

オスだと体重が30~40kgにもなる大型犬ですが、最近では室内飼育をする方も増えています。

 

シェパードの性格、オスメスでも違う?

ホワイトシェパード_犬_運動

性別でもシェパードの性格は大きく違い、オスは荒々しくメスは柔和な傾向がありますよ。学習能力の高い犬種なので飼い主さんに気持ちを合わせて、そこまで極端な性格には育ちにくいです。

子育ての時期にはメスでも神経質で性格が荒っぽくなることもあります。

 

しつけで性格の違いがわかる

シェパード_ブリーダー_犬

しつけの覚えはオスよりもメスのほうが早いといえます。メスは飼い主さんのいいつけを忠実に守ろうとするのでしつけもすぐに覚えてくれますが、オスはやや自分勝手な一面があり中々飼い主さんの言いつけを聞いてくれません。

個体差はありますがしつけではオスとメスの性格の違いがよく現れます。

 

シェパードの種類は?

shutterstock_119223442

代表的なシェパードの種類

  • ジャーマンシェパード
  • オーストラリアンシェパード
  • ホワイトシェパード
  • ベルジアンシェパード

シェパードの正式名称はジャーマンシェパードドッグで、「ドイツの牧羊犬」という意味です。全10種類以上おり、日本ではジャーマンシェパードが最も人気です。次いでオーストラリアンシェパード、ホワイトシェパードが有名ですね。

ベルジアンシェパードの4種類(ラケノア・マリノア・タービュレン・グローネンダール)もみかけるようになっている代表的なシェパードの1種です。

 

ジャーマンシェパード

ジャーマンシェパード

日本ではすっかりお馴染みなドイツ原産のシェパードです。優れた身体能力と情報判断力から。家庭犬としてだけではなく「警察犬」や「災害救助犬」「麻薬探知犬」など様々な分野で活躍しています。

 

オーストラリアンシェパード

オーストラリアンシェパード

オーストラリアンシェパードはエネルギーに満ち溢れた表情が特徴的な犬種で、第二次大戦後に「ロデオ」や「映画」「テレビ」でのショーを通じて、一般の人々にも知られて人気が高まった犬種です。

アメリカ原産の犬なのですがオーストラリア原産の犬だという誤解が広まり「オーストラリアン」という名前がつきました。

 

ホワイトシェパード

ホワイトシェパード_犬

ホワイトシェパードは「白毛のジャーマンシェパード」のみを繁殖させて誕生した犬種です。最初に公認されたのはアメリカでその後スイスに輸入され、今ではヨーロッパで親しまれています。

 

ベルジアンシェパード

ベルジアンシェパードには「グローネンダール」「タービュレン」「マリノア」「ラケノア」の4種類がいます。

 

ベルジアングローネンダール

ベルジアングローネンダール シェパード

ベルジアングローネンダールはベルギー原産の牧羊犬種で、主に羊の誘導や農場の見張り役やレシーバーとして活躍していました。

 

ベルジアンタービュレン

ベルジアンタービュレン シェパード

ベルジアンタービュレンじゃベルギー原産のシェパードで、牧羊牧牛犬として活躍していました。繫殖家が住んでいた「テルビュレン」という村名に名前は由来しています。

 

ベルジアンマリノア

ベルジアンマリノア シェパード

ベルジアンマリノアはベルギー原産のシェパードです。ジャーマンシェパードよりも知能が高いとされています。

 

ベルジアンラケノア

ベルジアンラケノア シェパード

ベルジアンラケノアはベルギー原産の牧羊犬で、単にラケノアとよばれることもあります。もこもこの巻き毛ワイヤーコートが特徴的です。

 

シャイロシェパード

シャイロシェパード

シャイロシェパードはアメリカ合衆国ニューヨーク州原産のシェパードで、ワーキングドッグ時代のジャーマン・シェパード・ドッグの姿を復元するために作出された犬種です。

外交的で飼い主に忠実、しつけやすい性格をしています。

 

アナトリアンシェパード

アナトリアン・シェパード_子犬

アナトリアンシェパードはトルコ原産の護畜犬です。足が太くたれ耳で、ふさふさとした長いしっぽが特徴的です。

 

キングシェパード

キングシェパード

キングシェパードは20世紀後半にアメリカで作出された新しいシェパードです。ジャーマンシェパードの大型化を図ってブリーダーたちが数々の牧羊犬と交配させることで誕生しました。

 

コーカシアンシェパード

コーカシアンシェパード

コーカシアンシェパードはロシアのコーカサス地方原産のシェパードで、護畜犬として活躍している犬種です。骨太でがっちりとした体格が特徴的です。

 

カルパチアンシェパード

カルパチアンシェパード

カルパチアンシェパードはルーマニア原産の護畜犬で、通称カルピーともよばれます。狼にも少し似た凛々しい風貌をしています。

 

イーストヨーロピアンシェパード

イーストヨーロピアンシェパード

イーストヨーロピアンシェパードは旧ソ連のベラルーシ原産のシェパードで、牧羊犬や軍用犬として活躍していました。ジャーマンシェパードとすこし外見が似ていますが少しずつ特徴は異なり、性格も全く異なりますよ。

 

カルストシェパード

カルストシェパード出典:http://match.petgo.jp

カルストはスロベニアのカルスト地方原産のシェパードで、護蓄犬として活躍しています。寒い地方出身なため被毛が厚く、夏にはすべて刈ってしまわないと熱中症で倒れてしまうほどですよ。

カルスト地方では天然記念物に指定されています。

 

サウスロシアンシェパード

サウスロシアンシェパード

サウスロシアンシェパードはウクライナ出身の護畜犬です。スペインから連れてこられた牧羊犬が起源だとされています。

コモンドールの血を引いており外見は特に大きく影響を受けています。力が強く体重は50kg前後のおおきな犬種です。

 

シェパードの子犬のしつけ方は?

シェパード

子犬のしつけのポイント

  • 1. ほめ方は短く単調に
  • 2. 短い言葉でしつける

シェパードのしつけで一番大切なことはリーダーが飼い主であることをはっきりさせることです。シェパードは賢いので、飼い主が自分より格下であると判断されてしまうと言うことを聞かなくなってしまうことがあるからです。

愛犬が自分の強さを誇示するために、飼い主家族に危害を加えることもありますよ。人間社会に順応していくためにもしつけは大切です。厳しい態度も時には必要ということですね。以下にポイントをまとめました。

 

しつけのポイント1. 「ほめ方は短く単調に」

シェパードのように支配欲の強い性格の犬種には、ほめ過ぎないことがポイントです。麻薬犬を指導している警察の方は、シェパードが成果を上げても「よし」としかほめません。ほめ過ぎるとシェパードが、飼い主よりも立場が上だと勘違いする恐れがあるためです。ほめ方は短く単調にして、ほめ過ぎないようにしてくださいね。

 

しつけのポイント2. 「短い言葉でしつける」

子犬の頃は悪いこともします。ほめ方もおすですが、悪いことをした時も、短いフレーズでしつけることがポイントです。

良いことなら「よし」悪いことなら「ノー」としっかり区別できる言葉がおすすめです。悪いことをしたときは無視をするなども、しつけには有効ですよ。

 

シェパードのしつけ方、なかなか言うことを聞かない場合は?

シェパード

いうことを聞かない時にも有効なしつけ

  • シェパードの嫌な音を出す

無駄吠えや噛み癖など悪いことが習慣化してしつけを聞かない場合、少し厳しいしつけが必要です。

シェパードが悪いことをしたら、新聞紙を丸めた物で床を叩いたり、ペットボトルにビー玉を入れて降ったりして、驚かせると効果的ですよ。「悪いことをすると嫌なことが起こる」と認識すると、だんだんと習慣化した悪いことも治りますよ。

ポイントは飼い主が音を立てていると認識させないことです。悪いことをすると「飼い主が何かをしてくれる」という好奇心に繋がる可能性があるからです。

 

シェパードのしつけ、主従関係がコツ

shutterstock_164440220

シェパードと良質な関係を築くには、必ずリーダーの存在、主従関係を教えなければいけません。ただ、しつけで信頼関係が崩れてしまっては意味がありません。
賢いので愛情も伝わりやすく、表情や行動で飼い主の気持ちに答えてくれます。常に愛情を持ってシェパードに接してあげてくださいね。