ミックス犬「キャバプー」とは?性格、大きさや寿命の特徴、販売場所、値段まとめ

キャバプーは「キャバリア」ことキャバリアキングチャールズスパニエルと「トイプードル」を掛け合わせて誕生したミックス犬です。ぬいぐるみのようなもこもこの被毛が人気の犬種です。

この記事ではキャバプーの性格、大きさや寿命の特徴、販売場所や値段についてまとめました。

 

キャバプーってどんな犬?性格は?

はてな 子供

性格

  • 社交的
  • 忠誠心が強い
  • 愛情深い

キャバプーは社交的でフレンドリーな性格をしています。誰に対しても人見知りをせずに愛嬌よく接してくれますので、生活環境は選びませんよ。

おっとりとした性格の子が多く小さい子供やお年寄りがいる家庭でも安心して飼うことができますし、他のペットとの多頭飼いも可能です。

忠誠心が強く愛情深い一面もあり、しつけで苦労することも滅多にありません。人とのスキンシップを好みますので、体を撫でてあげると喜んでくれますよ。

キャバリアの天性の人懐っこさとトイプードルの陽気さを引き継いでいるので、初心者の方でも飼いやすい犬種といえますね。

 

キャバプーの大きさや寿命の特徴は?病気は?

キャバプー3

大きさ

  • 体高 31cm
  • 体重 6.7kg

寿命

  • 12~16年

キャバプーの大きさは体高が31cm、体重が6.7kgほどで小型犬に分類されます。顔周りの長い被毛と長い垂れ耳、クリッとした大きな丸い目が特徴的で、寿命は12~16年です。

長い垂れ耳はトイプードルからそのまま引き継いでいる印象です。ぬいぐるみと間違えてしまいそうなほど整った外見をしています。

キャバリアの優美さを残したまま、トイプードルの親しみやすさもプラスされた外見といえます。柔らかい手触りの被毛はトイプードルのようにカールしている子が多いですが、稀にキャバリアキングチャールズスパニエルのような長毛ウェーブの子も生まれてきます。

カラーは「ブラック」「ホワイト」「ゴールド」「ブレンハイム」「トライカラー」など多彩に認められています。

 

病気

作出されてから日が浅いため、はっきりしたことは分かっていませんが「股関節形成不全」「膝蓋骨脱臼」「進行性網膜萎縮症」には注意が必要です。

「膝蓋骨脱臼」「進行性網膜萎縮症」はキャバリアが患いやすい病気で親からの遺伝疾患といわれているので、検査をしておくと安心ですね。

 

キャバプーは日本で販売してる?値段は?

キャバプー アイ

販売場所

  • ブリーダー
  • ミックス犬専門店

値段

  • 15万円前後

キャバプーはブリーダーもしくはミックス犬専門店で入手することができます。ブリーダーの数は多くはないものの、国内で入手しやすいミックス犬ですよ。

海外では10~15万円ほどの購入価格で取引されていることが多いです。

 

様々なカットスタイルも楽しめるミックス犬

キャバプー2

キャバプーは様々なカットを楽しめる犬種です。トイプードルの血が入っており毛が伸び続けるので、季節によってヘアスタイルを変えることができるのも魅力的ですね。

飼い主自らが手入れをしてあげれば、愛犬との距離が縮まって毎日がさらに充実しますよ。